« 100000超え | トップページ | 宇宙の騎士テッカマンブレード ~その5 »

2012年8月 1日 (水)

なでしこ「引き分け狙い」騒動

 昨晩、女子サッカーの“なでしこJAPAN”がロンドン五輪1次リーグ第3戦となる南アフリカ戦に臨み、0−0で引き分けました。この試合に、“なでしこJAPAN”は第1戦第2戦と固定していた先発選手を7人も変えた上に、点を取る姿勢すら見えない消極的姿勢に終始していたようです。私は柔道の3位決定戦の方を注視していたので試合の全部を見たわけではないのですが、たしかに見ていた限りでは自陣でパスを回して時間を稼ぐような試合運びをしていてつまらない展開でした。
 そのため、Yahoo!のコメント欄などネットでは非難が相次いだようで(※Twitterでも非難が多かったみたいだけど、私は確認できていません)、日経には「引き分け狙い…なでしこ、フェアプレー精神はどこへ」という記事<こちら>まで出ました。
 今回の判断は佐々木則夫監督の判断だそうですが、それほどまでに非難されるべき事なのでしょうか?
 先の記事がわかりやすいのでそこから論点を引用しますが、批判その1「日本の少年少女の期待を裏切った」については、「これが大会でのサッカーだよ」としか言いようがありません。“なでしこJAPAN”は勝ち点4を上げていたため、第2戦終了時点で決勝トーナメント進出が確定していました(実際、グループ3位のカナダも決勝トーナメントに進出した)。であるならば、サッカーにおいては「第3戦は力を抜く(全力ではプレーしない)」というのは定石です。「グループ1位通過を確定させた方が有利」という事情があればまた別ですが、今回は決勝トーナメントにおける組み合わせや試合会場への移動距離や気候など2位通過の方がはるかに有利でした。とすれば、なおさら“引き分け狙い”というのも当然の話です。男子のワールドカップを見れば、サッカー強国がどこでもやる戦略だということがわかるはず(イングランドとかオランダとかなんて、第2戦でトーナメント進出確定したらもっとひどい無気力っぷりを見せてくれます。現在“世界最強”のスペインなんて、負けてたって予選では本気を出す事すらありません。でも、敗退しない限りは「期待を裏切った」なんてそうそう書かれませんよ)。
 批判その2「相手に失礼」「燃えさかろうとする選手に水」については、失礼でも何でもないし、水ぶっかけられて冷え切るようならそれまでの選手だってことです。昨日の相手・南アフリカ代表は勝ち点0で決勝トーナメント進出の可能性はなく、失うものなど何もない状態でした。にもかかわらず、日本の消極サッカーに最後まで付き合っていました。日本が失礼な相手なら発憤してガンガン攻めて2点でも3点でも取ればいいのに、南アフリカ代表はそれをしませんでした。理由は、おそらく南アフリカ代表も「勝ち点1が欲しかったから」です。女子南アフリカ代表は未だかつてオリンピックで勝ち点を取ったことがありません。だから、彼らは“世界王者”日本に勝つことではなく、引き分けて勝ち点1を取ることを選んだのだと思います。なら、日本は彼らの望み通り勝ち点1を献上したのですから、失礼でも何でもないんじゃありませんかね?そして、監督にオリンピックという舞台に立たせてもらったのに「全力でプレーさせてもらえなかった」とブーたれる選手が日本代表にいたとしたら、「国の代表にふさわしくない選手だ」と私なら判断しますね。不動のレギュラーであろうとサッカーがチームプレーである以上は「役割」が与えられます。「役割」が果たせない選手など、今のサッカーには(原則)不要です。それがたとえ「ひたすら時間を浪費せよ」という「役割」だったとしても、それを果たすのが現代サッカーの選手というものです。Jリーグレベルでも、ファンやってればそういう“サッカー選手の立場”ってのはわかることだと思いますけどね。これを書いた人って、本当にサッカージャーナリストなんでしょうか。
 批判その3「移動なしを選ぶなんて、ひ弱すぎる」については、「“なでしこJAPAN”って、いつ無尽蔵のスタミナを身につけたのよ?」と問いたいですわ。今回のオリンピックは試合間隔中2日の強行日程です。しかも、今大会はサッカーの客の入りが全体的に悪すぎるため、もともとよろしくない試合会場の割り振りが途中でさらに悪化したとか。選手の都合なんてなーんにも考えていません。ならば、首脳陣が選手たちの疲労のケアをしてあげるのは当然の話です。それとも、「選手は酷使されるのが当然」ですか?「選手に役割を押しつけるな。けど選手はボロボロになってでも使い続けるべき」だなんて極めて不合理な主張に思えますから私が監督だったら逆を選択しますけどね。その上、「男子はやってるのに、女子は何だ」って……男子は選択の余地がないからやむなくでしょう?戦略を選べるのに、有利な戦略を選ばない指揮官の方が偉いのでしょうか?
 批判その4「金メダルに向かってまっすぐに突き進んでいってほしかった」については、「それは、負けても賞賛される場合の話だ」って反論したいですね。この記事でも指摘されていますが、大会前のマスメディアの煽りで“なでしこJAPAN”には過剰にすぎる期待がかかっています。一方、現“世界王者”ではありますが、なでしこは無敵でも何でもありません。優勝したW杯でだってグループリーグではイングランドに負けましたし、ドイツには何とか勝って、アメリカにはPK勝ちしただけ。実際、大会直前の強化試合でもフランスに0-2、6月にはアメリカに1-4の大敗をしています。「まっすぐ」が「小細工なしに常に全力で」という意味だとして、昨日の試合にレギュラー陣を出して勝ち点3取ってF組1位をとってグラスゴーへ移動してG組2位になったフランスとぶつかってベスト8止まりになったら、それで世間は許してくれるのでしょうか。フランスには勝ったとして、次の試合で負けてベスト4止まりでメダルを逃してもそれで許してくれるのでしょうか。まっすぐなプレーをしたら誰もが批判なんて一切せずに、賞賛してくれるのでしょうか。違うんじゃないですか?「金メダル取れないなんて」「選手はサイテー、監督はクズ」「なんでもっと戦略的にやらないのか」「サッカー協会が悪い」……メダル取れなかっただけで、こんな罵詈雑言を浴びせかけるんじゃないんですかね。負けたら非難囂々それは勝負事である以上仕方ないことだろうけど、「まっすぐ」「がむしゃら」にやれば非難されないかと言えば残念ながらそうではないのが現実です。ならば、負けないために選手たちが「ベストを尽くす」ことができるよう最大限努力することが監督の務めではありませんか。それが「小細工」と言われようとなんだろうと、ね。
 私は佐々木監督の今回の判断を支持しますし、負けたとしても「ここまでやっても勝てなかったんなら仕方ない」と考えますよ。メディアの記事としても、日経の上記記事よりNumberのこちらの記事の方が良いと思いました。

 今回の騒動とも関係していますが、オリンピックという巨大な大会の性質なのか何なのかわかりませんけど世間では「とにかくメダル」「メダルを取らない奴は選手じゃない」みたいな風潮がまだまだ消えませんね。
 「何が何でも金メダルでないと価値はない」って空気こそ薄れたものの、マスメディアがやたらと煽るせいか競技によっては未だに「メダル当たり前」って雰囲気がありますな。民放だと、国内のスタジオで勝手に盛り上がって、メダルに届かないと「何だよ、あーあ(=この選手、最悪)」みたいなテレビ中継を今大会もしてますよね。女子サッカーだって、前々大会(アテネ)の頃は見向きもされなかったのに“なでしこJAPAN”って煽り続けた結果期待だけが膨れあがって勝手に「金メダル候補No.1」にされてしまっています。「金メダルを取らなければならない」そのプレッシャーだけでも選手たちには物凄くつらいだろうに、さらに「まっすぐで、がむしゃらなプレーをしろ!」ですか。どれだけ選手の気持ちを押し潰し体力を奪い続ければ気が済むのでしょう。
 私も昔、とある競技をしていたので“一応レベル”ながら知っているのですが、オリンピック出場なんて普通の競技者からすれば「夢のまた夢」です(マイナー競技でレベルの低い都道府県から国体出場、でさえ普通はできないことです。実際、私には果てしなく遠い話でした)。「オリンピックは参加することに意義がある」という言葉がありますが、その「参加する」ってだけでとんでもないことなのです。そして、日本を代表して出るということは、その競技に関わる人たち全てを背負って出場することですから、その責任たるや想像を絶すると思います。私だったら、おそらくプレッシャーに潰されてしまって試合会場に立つことすら恐ろしくてできないかもしれません。そんな中、結果を出すというのはそれだけで尊敬に値します。サラリーマンで言えば、世界的超一流企業に入社した上で超一流の仕事を成し遂げたということです。入賞(8位以内)で十分そのレベルです。メダル獲得だなんて世界的業績に匹敵するでしょう。そんなこと、誰ができますか。なのに、なんで「メダル取れないなんて」などと軽々しく言えるのでしょうね。
 ま、他人に対する敬意なんてものはまるでなく超一流企業の社長に公の場で土下座させるのが当然という今の日本社会では、仕方ないことなのかもしれませんけど……いろんなものを背負ってオリンピックという舞台で戦っている選手たちに対して、ああでもないこうでもないと外野である私たちがプレースタイルにまで文句を言い過ぎるのはいかがなものかと思いますけどね。足繁く球場に通っているプロチームのファンがそのチーム所属で何億も稼いでいるプロ選手のプレーに対して言う文句だったらまた別でしょうけど、オリンピックに私たちはさしたるお金払ってないですし、ましてや個々の選手たちにお金つぎ込んでなどいないでしょう?仮に結果が残らなくても「残念だった」とか「もう少しだったのに」とか、そんなぐらいでいいんじゃないかなぁ。批判くらいはしてもいいけど、少なくとも非難まですることはないでしょうよ。
 すぐ選手を非難したりバカにしたりする人に言いたい。ほんの少しでいいので、日本を代表している選手たちに敬意を払ってみませんか。

|

« 100000超え | トップページ | 宇宙の騎士テッカマンブレード ~その5 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 100000超え | トップページ | 宇宙の騎士テッカマンブレード ~その5 »