« 新撮影機材投入 ~その1 | トップページ | 「ペルソナ4」 Blu-ray Disc Vol.10 »

2012年8月21日 (火)

新撮影機材投入 ~その2

 今年の春あたりから投入していた撮影機材の“新兵器”その2は、これ。

Micro40dx_3
ニコン「AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G」メーカーページ>。
 そして、このレンズと組み合わせるボディが“新兵器”その3でして、

D5100_1
ニコンD5100メーカーページ>です。

D5100_2
上から見るとこんな感じ。

 うちではメインのカメラがニコンD700/サブのカメラがD90という2台体制なんですが……D700はレンズを含めると実に大きく重いために、外出時はD90+MB-D80(マルチパワーバッテリーパック)を持ち出すことが多くなっていまして、D700は「Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D」と組み合わせて当ブログ記事写真の撮影が主用途になっております。ただ、室内といえどもカメラとして大きく重いことにかわりなく……撮影のために三脚出して設置してカメラ出してセットして、ってのが正直なところ面倒で面倒で。帰ってきて疲れているところ、さらに三脚出して設置し…の作業をしないと撮影に入ることもできないってのがしんどくて記事作るのをやめてしまったことの回数たるや数えきれません。
 そのため、「もっと手軽に撮影できる、軽くて小さなカメラ+レンズがあればなぁ」って願望が、私にはずっとありました。
 で、いろいろプランを考えては消え考えては消えとしているうちに、世の中に軽量コンパクトな“ミラーレス”という新しいジャンルのカメラが出現しました。ソニーのNEXというAPS-Cセンサーを載せた画質面でも満足できそうなカメラも発売されたことから「これだ!」と思ったんですけど、第1世代のカメラに手を出したくなかったこともあり、製品として熟成するのを待つことにしました。そして1年前に第2世代機・NEX-5Nが発売され、単焦点レンズ「E 30mm F3.5 Macro」も発売され「これぞ待ち望んだカメラシステムだ!」と思ったんですけど、今度は予算がなくて「安くなるまで待つか」と待っていたら、生産元タイで大洪水が発生。出荷数激減で実売価格は下がらず購入計画は大きく狂い……そうこうしてるうちにNEX熱は下がってしまいまして、今まで通り「Capture NX2」で現像できてACアダプターやリモートコードなどD700/D90のオプションをそのまま使えるニコンのカメラをまた使おうかってことになりました。
 そして、まずは値引きセール時にマイクロ40mmレンズ(=AF-S DX Micro NIKKOR 40mm f/2.8G)を購入。D90と組み合わせ、「Camera Control Pro 2」も使っていろいろと試しました。そのままD90+マイクロ40mmに室内撮影を任せても良かったんですが、D90は上述の通りMB-D80をつけて“お出かけカメラ”になっています。MB-D80を取ったり付けたりってのが面倒だったのと、D90は高感度性能に若干不安があったので、さらに別のDXのボディを用意しようと考えました。そして、小型軽量で高感度性能も悪くないD5100のボディのみを、ガクンと実売価格が下がったところで買ってみました。
 D5100は、元々目をつけていました。D7000とほぼ同様のセンサー系を持っていることから画質面が結構優秀なことと、最大の特長であるバリアングル液晶モニターがライブビュー撮影時に便利だろうなと考えていたからです。D90のようにレンズ駆動用のモーターは内蔵されておらず汎用性は低いんですが、組み合わせるのがモーター内蔵AF-Sレンズのマイクロ40mm固定であれば何の問題もありません。ブツ撮り時に必要なアイピースシャッターがD700のように内蔵されてはいないけど、付属のアイピースキャップDK-5で代用もできます。「ブログ記事写真撮影用の手軽に扱える軽くて小さなカメラ」という用途にはぴったりでした。まぁ、先に「Camera Control Pro 2」を買って構図決めはPCディスプレイを使うようになっていたのでバリアングル液晶モニターはほぼ無意味になってしまったんですけど、14bitRAWを扱えてISO1600まで実用できることからうちでの用途では下位機・D3100よりも使いやすいと思えます。
 室内のみならず外にも持ち出したりしてD5100を使ってみた感想は、「1620万画素といっても、1200万画素から特に解像感が増したって感じではない」ってところかな。風景だと、なんか描写が柔らかいように思えるんですよね、ニコン機にしては。ま、「絵がユルユルになった」というほどではなく、むしろ「自然な描写をするようになった」というべきなのでしょうけど。ブツ撮りでも、どことなくキヤノンEOSみたいな柔らかい描写をしているように思えます。被写界深度の関係か、絵にD700ほどの立体感はないんですけど、D90より微妙に自然な絵になったように感じますわ。ただ、色の出方が少し淡いよーな気もするんだけど……気のせいかな?ま、その点は「Capture NX2」でいくらでも調整できますけどね。

 ここ数ヶ月の間のブログの写真は、今まで通りD700で撮ったりD90で撮ってみたりD5100にしてみたりといろいろなんですけど、今後は室内撮影をD5100+マイクロ40mmというコンパクトな組み合わせに任せていくつもりです。撮影をやりやすくなったことで、願望通りブログの記事をポンポン書けるようになったらよかったんだけど……案外そうはならなかったんすよねぇ(苦笑)。
 ま、元を取るくらいには使いたいですから、頑張って写真撮って、記事書こうと思ってます。はい。

|

« 新撮影機材投入 ~その1 | トップページ | 「ペルソナ4」 Blu-ray Disc Vol.10 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新撮影機材投入 ~その1 | トップページ | 「ペルソナ4」 Blu-ray Disc Vol.10 »