« VF-171EX ナイトメアプラスEX ~その1 | トップページ | EURO2012 »

2012年7月 2日 (月)

VF-171EX ナイトメアプラスEX ~その2

 その1でファイター形態について書きましたので、今回はガウォーク形態とバトロイド形態について。

Vf171ex_10
 VF-171EXは終盤に登場しただけなので出番に乏しく、ファイター形態のイメージぐらいでガウォーク形態のイメージはほとんどないのですが……きちんとガウォークに変形します。スネの部分がやたら長いために腰高でちょっとアンバランスな感じではありますが、ハの字開脚+逆関節はしっかり再現されています。もっと機首を下げて前につんのめるような状態にすることも可能ですし、写真のように地面と平行ぐらいの角度にすることも可能です。

Vf171ex_11
 横。機首が細長くなった分、前後方向に関してはVF-17よりきれいなスタイルだと思います(VF-17は機首が太く短いので、横から見ると異様)。

Vf171ex_12
 後ろ。手足の後ろは何にもないのでスッキリしてます。

Vf171ex_13_2
 バトロイド形態。「恰幅がいい」というか、なーんかドデっとしたスタイルに見えますし、バトロイドというよりデストロイドみたいですけど、実物ではさほど違和感なかったりします。写真写りが悪いだけと思ってもらっても構いません。単体で見ると、これでも結構カッコいいんですよ。

Vf171ex_14
 横。胸以外、全体的に薄いです。デザインのせいか特に肩とかが薄っぺらに見えます。

Vf171ex_15
 後ろ。主翼が畳むと実にコンパクトになるのはいいですな。やまとVF-17Sは背中に横方向の伸縮ギミックがあるのですが、VF-171EXにはありません。代わりに(?)VF-171EXには縦方向にスライドするギミックがあります。

Vf171ex_16
 ガンポッド前部に収納式のグリップがあり、左手で持つことが可能。収納式グリップはVF-17のガンポッドと同じですが、やまとVF-17S付属のものは中間部分が伸縮するのに対しバンダイVF-171EX付属のものは伸縮しません。設定上どうなのかはわからないのですけど、VF-171EXのは元々伸縮しないのかな?

Vf171ex_17
 頭部は、2本ツノで伝統的主役機顔ではあるものの、VF-25F以上にややこしいデザインですね。写真の頭部のツノ(アンテナ)はすべてデフォの軟質のものを使っているのですが、硬質のものも交換可能なオプションパーツとして付属しています。個人的にはVF-171EXだと軟質のものでも問題ないように思うし破損のリスクもあるので交換は考えていませんが、DX超合金は高額なホビー商品でもありますしユーザーが選べるというのは良いことだと思います。腕など上半身の可動範囲は広めでして、胸のビーム砲(たぶん)もボールジョイントなので可動します。ただ、下半身は足首が小さく設置面積が小さいこともあってバランス面の制約が大きく、自立前提だとあまりポーズは取れませんね。SMS所属機ではないため、付属のスタンド台がいつものSMSマークを象ったものではなかったりします(私は基本的にスタンド使わない人なので、写真は撮ってません。すみません)。

Vf171ex_18
 やまとのVF-17Sとの比較です。バトロイド形態だと、VF-17Sの方がかなり大きいことがわかりやすいと思います。しっかし、17系統はヘンな頭と決まっているのでしょうかね?

Vf171ex_19
 VF-25F(早乙女アルト機) リニューアルVer.との比較。なんか、いろいろ違いすぎw。カラーリングが似ているだけに、体型の違いが余計に目立ちます。うーむ、こりゃあ写真写りだけの問題じゃないかなw

 “2次元のウソ”だらけのVF-17をリファインしたのがVF-171ですが、バンダイは今回上手に立体化したなって感じました。造形はシャープだし、全身に施されたマーキングも綺麗に処理されてるし、ファイター形態の前脚がきちんとロックされるようになるなど細かいところにも気配りされてるし、DX超合金もやまと製品のレベルにだいぶ近づいたかなと。値段のことも考えると「超えた」と言ってもいいかも。また、基本的にはVF-17と同じ変形プロセスなので、ギミックはやまとのVF-17に似たところも多々あるんですけど、「背骨フレーム」など骨格部分ではやまとVF-17と違った工夫もなされています。
 ただ、それで変形しやすくなったのかと言われると必ずしもそうはなっておらず……その「背骨フレーム」と背面プレートの接合がどうやってもうまくいかなかったりして、バトロイドにするのにやたら時間がかかりました(追記:肩フレームをしっかり折り畳んで調整したら、ちゃんと接合されました……説明書はちゃんと読まないとダメですね)。また、17系はファイター形態に戻すのが更に大変でして、今回の写真撮影のためにやまとVF-17Sをファイター形態に戻すのは本当に大変だったりしましたが(腕部の収納というか位置決めがすごく面倒なんです。右手がどうやってもうまくいかなくて最後は無理やり押し込みましたから……完全には戻ってなかったかもしれませんw)、VF-171EXはもうファイター形態には戻せないかも。ガウォークにするとき肩の変形にかなり手こずりましたからねぇ……あれをきちんと逆に戻せるのか不安です。設定に問題があるのであってバンダイが悪いわけではないのですが、玩具としては変形の難易度がちと高すぎる感もありますね。

 いやはや、VF-171がDX超合金化されると聞いたときは本当に驚いたのですが……ここへきて完全新規のバルキリーが出たということは、アルト機のみならずVF-171系のバリエーションモデルも期待できそうですね。まずは魂ウェブ商店から発売されるアーマードパーツでアルト機の劇中の状態再現ですけど<アーマードパーツの記事をアップしました。こちらです>、イージスパック装備のルカ機(RVF-171)も当然考えられるでしょうし、何よりEXではない元のVF-171 ナイトメアプラス一般機をぜひ出していただきたいですね。アルト機どころではない完全なる“やられ役”でしたけど、マクロス世界での一般機ってのはガンダム世界での“量産型”ですからねぇ。ルカ機よりむしろ人気ありそうに思います。しかも、フロンティア船団のVF-171は現実の戦闘機にはあり得ないよーな緑色に塗られててとってもキレイだったイメージがあるので、立体化するとどんなんになるのかすごく見てみたいです。ルカ用RVF-171もEXではないVF-171一般機も発売されるのであれば、私は買いますよ。ええ、両方買いますとも。喜んで<2013年4月にVF-171一般機が発売され、記事をアップしました。こちらです>。
 ただ、最近DX超合金なバルキリーの争奪戦が激化しておりまして……困ったことに予約が簡単に取れなくなってるんですよねぇ。前はネットで逃してもリアル店舗で予約できたりしたのですが(YF-29初回のとき、実際にその方法で買いました)、最近はリアル店舗での予約を受け付けてなかったりします。今回のアルト機は運良く開始日にネットで予約できたからよかったんですけど、先日予約開始となったミシェルのリニューアルVF-25G<記事はこちらから>は争奪戦に敗れ開始日に予約できませんでした(受付開始時間がまったく分からない上に始まったら数分で終わってしまうらしく、気づいたときにはどこも受付が終わっていた。翌日土曜日の復活分を奇跡的に押さえることができましたが、社会人には極めてキツく「何この無理ゲー」って感じ)。かといって、ネットオークションなどでプレミア価格で買うようなことはしたくありませんし……本当に困ったものです。最近は値引きも渋くなってますし、送料&手数料負担などがあるけど確実に手に入るのならばいっそのことプレミアムバンダイで定価売りしてもらっても構わないくらいですわ。
 せっかくDX超合金もホビー商品として完成度の高い良いものに仕上がるようになったのですから、お金を払う人には当たり前に行き渡るのが一番いいのですけど。在庫管理のこともあって、今の不景気では難しいんですかね。

|

« VF-171EX ナイトメアプラスEX ~その1 | トップページ | EURO2012 »

マクロス」カテゴリの記事

コメント

Yf-29の時、映画公開前に予約開始されてたので余裕で購入できました。その後、映画公開と実際の写真つきレビュー等で急に人気が出て、転売によりオクではかなりの高騰になってましたね~。
それからは「マクロス超合金は儲かる」と転売屋が買い占めるようになりました。
ただ、171exは思ったほど発売前のオークションでは入札されず、Amazonではキャンセルが相次いだので購入できました。
最近ではおもちゃ屋さんは潰れるし、ネットのホビーショップは卸値で仕入れてるくせに、プレミアつけて売る悪どい商法が多発してます。
欲しいおもちゃをおもちゃ屋さん買えてた時代が懐かしいです。

投稿: エア・ウォーカー | 2012年7月 4日 (水) 09時38分

「争奪戦激化」の理由としては、やはりエア・ウォーカーさんの仰るとおり
・ネットオークションを通じた転売が横行している。
・amazonマーケットプレイスに出店しているような業者が買い占めて、高値で売りさばいている。
というのが実際ありますから、こういうのは本当にやめてほしいのですが、
・出荷数が絞られている。
・人気が出たため、需要が増した。
というのもありそうなんですよね。売れるのであれば単純に供給を増やせば良いのですが、バンダイがそうしないところを見ると、生産コスト上昇とかだけでなく他の理由もありそうな気がします。
ただ、ネット上では争奪戦だった再販YF-29が大阪日本橋の店頭で特に争奪戦もなくのんびり売られてるのも見ましたし、転売の相場も高値安定でもないようですし、実際の需給バランスがどうなってるのかよくわからなかったりもします。
それらを考え合わせると、「プレミアムバンダイで受注生産販売」ってのも現状ではそれなりに合理性があるかな、と思って書いてみました(個人的には好きじゃないんですが)。
特に欲しい人はネットで予約できて、普通に欲しい人は店頭で買えてって通常の流通形態が一番良いのは間違いないんですけどね。

投稿: ブルーメール | 2012年7月 5日 (木) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VF-171EX ナイトメアプラスEX ~その1 | トップページ | EURO2012 »