« 「坂道のアポロン」オリジナルサウンドトラック プラス more&rare | トップページ | ロンドンオリンピック開幕 »

2012年7月26日 (木)

超時空要塞マクロス ~愛・おぼえていますか~ Hybrid Pack初回限定版

 待ちに待った「愛おぼ」のBlu-ray Disc版が発売になるということで、買いましたよ。当然の如く予約買いで、通常版ではなく初回限定版の「30周年アニバーサリーボックス」の方を。

1
 「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」は1984年7月公開の初代マクロス劇場版ですが……以前HDリマスター版DVDの発売時に一度記事にしていますので<こちらから>、作品自体についてはそちらを参照して頂くとして、今回はBlu-ray Discとしてどうなのかと特典の「フラッシュバック2012」について書くことにします。

 Blu-ray Discということで、やはり気になるのは「HD化されて画質がどうなったか」ということですが……
 凄いです。本当にこれは凄いです。つーか、「凄まじい」の一言ですよ。
 フィルムの劣化によるものなのか元のフィルムからしてボケているのかはわからないのですが、ところどころボケます。ボケたとしても弱いボケ方がほとんどですけど、「こりゃピンボケやないか!」ってところもわずかながらあります。また、部分的にグレインノイズが強いところも見受けられますし、フィルムの痛みとかによるノイズやほこりの映り込みが修正しきれていない箇所も存在しています。
 しかし、それらが気にならなくなるほど、今回のリマスターは素晴らしいです。
 「愛おぼ」といえばセルアニメとして究極レベルで描き込まれた作品ですが、その描き込みが極めて鮮明に再現されています。それが際立つのが、宇宙での戦闘シーン。一番わかりやすいのが、背景の星の数です。尋常じゃありません。「なんじゃーこりゃあ」って呆れるくらい星だらけですw。DVD版を引っ張り出してきてちょっとだけ見比べてみましたが、数がまったく違います。潰れてしまっていた細かい星々が、復元されたんですな。次にわかりやすいのがボドル基艦艦隊。これも、万単位の艦影がはっきり分かるようになったのでこれまたとんでもないことになってますw。あと、SDF-1 マクロスの外装やブリッジ内もとにかく細かいですね。もちろん、メカだけでなく人物も鮮明になっています。未沙さん、ウルトラ超絶ビューティフルですわ。DVD、そのアップコンバート映像(※私の場合、PS3によるアップコンバート)とは鮮明さは全く違っていますね。
 ただし、エンディングのコンサート映像は、後から追加されたためマスターがSDビデオ映像なようで、フィルムからスキャンし直していないからか他の部分より鮮明度がガクッと落ちます。この点はちょっと残念です。
追記:残虐シーンの一部が、一瞬ながらホワイトアウトで消されてますね(ミリアのクァドラン・ローがゼントラン兵の頭踏み潰すとことか、最終決戦でマクロス市民の首がとぶところとか)。全部ではないところが謎なんですが(マックスのVF-1Aがゼントラン兵を射殺するところとかはそのままw)……映像ソフトの規制が急に厳しくなったとも聞かないし、以前のDVDでは問題なかったのに今回に限ってってことは、 CEROレーティング関係とか?よくわからないですな。
 また、音もアップした……というか、Blu-ray Discになって最も進化したのが音です。DTS-HD Master Audio収録で、かつ5.1チャンネルサラウンド化されていまして、強力にサラウンド効果が付与されています。サラウンド効果は「イツワリノウタヒメ」「サヨナラノツバサ」よりはっきり分かるほどですし、音質は全体を通してDVDから改善しています。「劇的」な改善と言っても問題ないんじゃないかと。
 画質も、音質も、“決定版”と言っていいんじゃないですかね。今回のBlu-ray Disc版、DVD版を持っているとしても間違いなく「買い」だと思います。

 で、素晴らしいデキの本編に対して、「30周年アニバーサリーボックス」の特典その1「フラッシュバック2012」のBlu-ray Disc版についてですが……

2
あまり期待しない方がいいです。
 エンディングのコンサート映像の元ネタである「フラッシュバック2012」もマスターがSDビデオ映像だからか、リマスターって感じではありません。DVD版(写真右)を今年になって買った私が見るに、こちらはDVD版のアップコンバート映像とそれほど変わらないように思います(※「それほど変わらない」とはいえ、PS3によるアップコンバート映像よりはキレイといえばキレイですけどね)。音もサラウンド化されているわけでもないし(リニアPCMステレオ収録)、特別音質が改善されているとも感じませんでした。
 「フラッシュバック2012」が「愛おぼ」初回限定版の特典映像になるってのを知ったとき「DVD版同様独立したタイトルとしてBlu-ray Disc版を出せばいいのに、ヘンだなぁ?」と思ったんですけど、リマスタリングしても十分なHDクオリティにならず個別の商品となり得ないためにこういう扱いになったんですかね。私は、「フラッシュバック2012」は何が何でも今回のBlu-ray Disc版を手に入れるべきとは思いませんわ。
 今回の「30周年アニバーサリーボックス」は13800円もする一方、通常版のHybrid Packは半額に近い7140円なのですが……個人的には、通常版で足りると思いました。ブックレットや縮刷版のパンフレット/原画集/ポスター集、それに公開当時のアニメ誌セレクションなど資料的な面では大変充実していますので、ファンアイテムとしては良いのですけど……6000円も出して買うものかと言われると疑問です。私は「フラッシュバック2012」に4000円分ぐらいは価値があるだろうと思って限定版を予約したんですが、上記の通りでそれほど価値があるとも思えませんし。ま、「フラッシュバック2012」を持っていない人であればそれなりの価格設定ではあるとも考えますが、DVD版を持っている人からすると「高い」んじゃないかなぁ?あまり、初回限定版をオススメはしません。
 ちなみに、限定版の特典の1つである生フィルムコマですが、今回はこんなのが入ってました。

Photo_2
輝とミンメイ、未沙とカイフン、それにフォッカーが捕まってブリタイ艦に連れてこられたシーンですな。未沙さんorヴァネッサのアップかミリア639のカットが欲しかったけど、まさかの5人勢揃いシーンとはねw。ま、“当たり”と思っておくことにします。

 あと、「Hybrid Pack」たる所以のPS3ゲーム「私の彼はパイロット 2012」は、「イツワリノウタヒメ Hybrid Pack」に収録されていた「マクロストライアルフロンティア」の初代マクロス・VF-1版ってところですね。ちょっとしかプレイしていないので、この点についてのレビューはやめておきます。

|

« 「坂道のアポロン」オリジナルサウンドトラック プラス more&rare | トップページ | ロンドンオリンピック開幕 »

マクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「坂道のアポロン」オリジナルサウンドトラック プラス more&rare | トップページ | ロンドンオリンピック開幕 »