« VF-171EX ナイトメアプラスEX ~その2 | トップページ | 「坂道のアポロン」&「シャイニング・ハーツ~幸せのパン~」最終回 »

2012年7月 3日 (火)

EURO2012

EURO2012 決勝トーナメント
準々決勝
チェコ 0-1 ポルトガル
ドイツ 4-2 ギリシャ
スペイン 2-0 フランス
イングランド 0(2 PK 4)0 イタリア
準決勝
ポルトガル 0(2 PK 4)0 スペイン
ドイツ 1-2 イタリア
決勝
スペイン 4-0 イタリア

 サッカー・ヨーロッパ選手権 EURO2012、見ましたよ~。WOWOW加入してないんで、地上波放送分だけですけどね(もっと地上波で放送してほしかった……)。
 ポーランドとウクライナの共催で行われた今回のEUROでしたが……ポーランドもウクライナも残念ながら決勝トーナメントには進めませんでした。未だにシェフチェンコ頼み(彼自身はストライカーとして健在でしたが)だったウクライナはともかく、開幕のギリシャ戦を見た限りポーランドは突破できそうな雰囲気だったんですけどねぇ。まさかの最終節逆転でギリシャがグループリーグ突破しちゃったんですよね。あと、“死のグループ”とされたグループBでは、オランダがまさかの勝ち点0・最下位敗退を喫しました。あれだけの攻撃陣が揃ってるのに勝てないものは勝てないわけで……この結果には驚きましたよ。
 準々決勝はだいたい予想通りの結果。準決勝では、ポルトガルが善戦するもスペインがPK勝利して順当に勝ち上がりましたが、もう一方はドイツが勝ち上がると思われていたところ、伝統的な“カテナチオ”からポゼッションサッカーに戦術を切り替え中のイタリアが2点先制に成功。そのまま勝利しました。ドイツは2010年のW杯同様淡泊なチームで、ダメとなったら本当にあっけなく崩れてしまいますね。“不屈のゲルマン魂”の復活は、今のチームではムリなのかもしれませんな。
 しかし、決勝まで勝ち上がったイタリアも試合日程の関係で疲労が蓄積したのか満身創痍の状態でして、決勝ではスペインに前半2得点を許してペースを握られてしまい、後半開始早々はイタリアも点を取ろうとしていましたが、交替直後にモッタが肉離れ→戦線離脱のアクシデント発生で終わりましたね。なんとか踏ん張っていた緊張の糸があれで切れちゃったんでしょうな。相手が10人になったことでスペインもやる気をなくした感じでしたが、交替で入ったフェルナンド・トーレスがダメ押し点取っちゃったもんだから、また息を吹き返して4点目まで取ってしまい……結局、優勝候補筆頭のスペインが一方的な勝利を収めてEURO2012は幕を閉じました。
 スペインは前回のEURO2008に続いての連覇を達成。これはEURO史上初の快挙とか。そしてEURO/W杯/EURO三冠達成というのも当然史上初だそうで……強いですね、スペイン代表。今大会はケガでDFプジョルとFWビジャを欠いていたというのに、連覇っすか。ま、核となるプジョルがいないということで危機感を皆が持っていたからこそ守備が安定していたのかもしれませんがね(※スペインの失点は、グループリーグのイタリア戦での1点だけ)。攻撃はバルサ仕込みのパスサッカーで“0トップ”にして「華麗に点を取って勝つ」んですから……本当に凄いし、本当に素晴らしいサッカーだと思いました。偉業達成おめでとう、スペイン代表。
 他は、イタリア代表の攻撃サッカーとフランス代表のサッカーも良かったかな。フランスは若手が育ってきてるみたいなので今後が期待できそうでした(相変わらず粗暴な選手がいて内部ではゴタゴタを抱えてるみたいなので、それをなんとかしてからかもしれませんがw)。イングランド代表は無敗で大会を去りましたが、迫力もないし相変わらずのカウンターサッカーやるだけで面白くなかったし。ポーランドの若手中心の攻撃サッカーの方が見ててずっと楽しかったですわ。あと、オランダはW杯までに何とか立て直してほしいです。あれだけのメンツがいるんですから、昔みたいな超攻撃サッカーをやってもらいたいですよ。

 本場ヨーロッパのサッカーってのは、良いですねぇやっぱり。
 4年後のEUROもまた素晴らしい大会になることを期待しています。

|

« VF-171EX ナイトメアプラスEX ~その2 | トップページ | 「坂道のアポロン」&「シャイニング・ハーツ~幸せのパン~」最終回 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VF-171EX ナイトメアプラスEX ~その2 | トップページ | 「坂道のアポロン」&「シャイニング・ハーツ~幸せのパン~」最終回 »