« NBAファイナル 2012 | トップページ | 「アクエリオンEVOL」その他最終回 »

2012年6月25日 (月)

F1 2012 ヨーロッパGP

 F1第8戦・ヨーロッパGP決勝が昨日行われました。
 前戦カナダGPは、ハミルトン(マクラーレン)が優勝し7戦目にして7人目のウィナーとなりました。ヨーロッパGPは、抜きにくいスペイン・バレンシア市街地コースで行われるので「波乱のない展開」が予想されていたのですが……その予想は見事にひっくり返りましたw
 予選。ウェバー(レッドブル)がなんとQ1で脱落。Q2ではアロンソ11番手/マッサ13番手でフェラーリ勢が揃って脱落。ミハエルさん(メルセデスAMG)12番手、前戦3位表彰台のペレス(ザウバー)も15番手でQ2脱落となりました。小林可夢偉(ザウバー)は10番手タイムでQ3に進出し、1ラップ勝負で7番グリッドを獲得。PPは同じく1ラップ勝負に出たベッテル(レッドブル)が獲得しました。今回レッドブルはRB8を大幅に変更してきたものの、Q1でウェバーが19番手/ベッテルも14番手だったりして良いんだか悪いんだかわかりにくかったのですが、終わってみれば2番手ハミルトンにコンマ3秒以上差をつけてのPP獲得でしたね。
 決勝。ベッテルが無難なスタートから淡々とタイムを刻んで1台だけ逃げていき、一昨年・昨年同様の「先行逃げ切り」に持ち込む展開。「スタートは奇数列有利」と言われている中、可夢偉も好スタートを決めて1周目に4位最高3位まで順位を上げたんですが……まずは15周目のピットストップ1回目タイヤ交換に手間取ったことで6位後退、次に20周目セナ(ウィリアムズ)と接触してピット作業したため後退、さらに28周目ベルニュ(トロロッソ)とコバライネン(ケータハム)が接触しセーフティーカー導入となって順位を上げたもののレース再開直後34周目にマッサと接触。可夢偉はレースを終えてしまいました。そして、このセーフティーカー導入後は可夢偉以外にも上位陣にトラブルが続出。トップを走っていたベッテルがレース再開直後突然のエンストでリタイア/2位に浮上したグロージャン(ルノー)も突然の電源喪失でリタイア/ファイナルラップで3位争いをしていたハミルトンとマルドナード(ウィリアムズ)が接触してハミルトンはリタイアし、マルドナードはタイム加算処分で12位となりました。結果、スタートとセーフティーカーで順位を上げてベッテルに代わってトップに立ったアロンソが逃げ切り優勝。2位は終盤ハミルトンを抜いたライコネン(ルノー)。3位にはタイヤ戦略で終盤他車を抜きまくったミハエルさんが入りました。4位はミハエルさん同様の戦略で終盤に抜きまくったウェバー。以下、5位ヒュルケンベルグ(フォースインディア)、6位ロズベルグ(メルセデスAMG)、7位ディ・レスタ(フォースインディア)、8位バトン(マクラーレン)、9位ペレス、10位セナでした。

 いやぁ、表彰台の真ん中にフェラーリの現エース・アロンソが真紅のレーシングスーツで立ち、前のエース・ライコネンとその前の大エース・ミハエルさんが黒と銀のそれぞれのレーシングスーツで立つ姿には感激しましたよ。ミハエルさんが表彰台に立つのは、メルセデスでの復帰後では今回が初です。その表彰台に並ぶのがまた跳ね馬の歴代エースで、3人が立つ中でイタリア国歌が流れるなんてね~。偶然にしても、良いものを見せてもらいました。
 そして、アロンソが国歌を聞いて泣いている姿には心の底から感動しました。会見でも言っていましたが、経済問題に苦しむ母国スペインでフェラーリドライバーとして優勝するというのは特別なんでしょうね(※フェラーリのアロンソがスペインで勝利するのも今回が初。アロンソの母国での勝利は、意外にもルノー時代の06年スペインGP1回だけだったりします)。BSフジをライブで見てたんですけど、私の目にも涙がこみ上げてきましたわ。アロンソは、本当に熱くて最高にカッコいい漢ですよ。開催中のEURO2012でベスト4に勝ち進んでいるサッカーの代表チーム同様“スペインの誇り”ですな。観客達はアロンソが通るたびに総立ちで歓声もたびたびマイクに収められてましたし、スペイン国民にとっても今回の勝利は良かったんじゃないですかね。
 その一方、我らが“日本代表”の可夢偉は、とことんついてないですねぇ。マッサとの接触は審議対象となり、結果可夢偉が「次戦5グリッド降格」の処分となりましたから、最後は「自滅だった」と言えるものの……1回目のピットストップを無難にこなせていればセナ絡みの大渋滞に巻き込まれることもなかったかもしれず、であれば接触もなかったわけで、その後の展開からすると表彰台争いにも加われたんですよね。可夢偉に運がなさすぎるのかザウバーチームがおかしいのかわからないけど、今回は(今回も)本当に残念でした。

 次はイギリスGPですな。可夢偉が「5グリッド降格」処分に負けることなく好成績を残してくれることを期待していますよ。

|

« NBAファイナル 2012 | トップページ | 「アクエリオンEVOL」その他最終回 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NBAファイナル 2012 | トップページ | 「アクエリオンEVOL」その他最終回 »