« F1 2012 モナコGP | トップページ | 「機動戦士ガンダムUC」第5話 Blu-ray Disc版 »

2012年5月31日 (木)

再稼働容認と無責任の連鎖

 昨日、突然、関西広域連合が大飯原発再稼働に関する声明(公式サイトでPDF形式にて配布されています。要は、声明文の最後にある「大飯原発の再稼働については、政府の暫定的な安全判断であることを前提に、限定的なものとして適切な判断をされるよう強く求める。」ということでして、つまりは「再稼働OK」ってこと)を発表しました。そして、今日になって(広域連合の会合を欠席した)橋下徹大阪市長が、この声明は事実上の再稼働容認であると認めました。
 これを受けた形で、政府は大飯原発再稼働の手続を進めているようです。野田首相は、地元の福井県などの了解を得たうえで、来週にも再稼働を判断する方針を表明しました。
 当然ながら、「反原発」を叫ぶ人たちはカンカンです。怒り狂って「橋下は裏切った」とか「橋下の脱原発は前から嘘だって言ってるのになんで見抜けないんだ(ホントに見抜いてたんですかね?喜んで支持してたのに。結果論なら誰でも何とでも言えますが)」とか、いろいろな記事を読ませてもらいました。朝日新聞も、勝手に国民の多くが「脱原発」を望むようになったと決めつけ、ここに至ってなお「国は原発依存を脱する道筋を示すべき」などと書いてましたね(代替エネルギー案もなしに)。
 しかし、結局のところ、原発に反対している人から「原発を動かさないで、電力をどうするのか」「どう日本の電力を確保するのか」という点で納得しうる建設的な意見はないんですよ。あったならば、私も含めて誰もが「原発不要」と言えたはず。が、ネット民から市民運動家サマ、識者サマ、新聞メディアサマ、市長サマ、知事サマ、国会議員サマから前の総理大臣サマに至るまで、今の今までそういう意見は一切ない。誰もかれも「原発を止めろ」「原発を動かすな」「放射能が放射能が」と声高に叫ぶだけで、「電力が足りない」といえば「いや、足りる」「隠しているだけ」、「本当に足りないんだ」といえば「陰謀だ」「節電すればいい」、そしてついに節電では足りなくなって計画停電するしかないとなったら……
「再稼働容認」、です。
 笑い話かなにかみたいですが、これが「現実」というものです。認めたんですよ、あれだけ再稼働反対で世間を騒がせた首長さんたちが、「現状では電力不足で原子力の他に電力を確保する方法はない」、とね。

 たしかに、原子力発電というものは危険な発電方法です。ひとたび事故が起これば大変なことになるのは福島で実証されてしまいました。そして、今後同様の事故が起こらない保証などどこにもありません(※私は事故はあり得ると思っています。だから、その危険を少しでも減らすべく新型原子炉を開発してほしいと前から書いています。が、そういった努力もない一方、有効な代替エネルギー案も出せないのにひたすら「原発廃止」と言ってるだけなのが、日本のこの1年でした。そして「再稼働は許さない」とか言っといて結局は「再稼働容認」ですからね。まったく情けない)。
 けれども、他の発電方法とて、絶対安全で害の全くないものなどありえません。人間が作りしものである限り、必ず故障するし、必ず事故は起こります。火力は故障しやすく、害は相対的に小さくとも化石燃料依存と温室効果ガス排出を事故前はあれほど叩いていたではありませんか(叩いていたのは誰です?「反原発」ないしそれに近い環境原理主義の人たちですよね)。そしてエネルギーである限り、完全に制御できるものもありえません。「自然エネルギーならコントロールできる!」などというのは、ただの傲慢です。太陽を人間が制御するなど不可能であり、かつ太陽光には人体に有害な赤外線・紫外線に加えて放射線までも含まれています。風力だって、台風や竜巻の威力を見ているでしょう?水力・波力は、日本人であれば津波の破壊力を昨年見たはず。地熱はマグマ、ひいてはマントルの熱なのですから、地震同様コントロールなど不可能です。自然エネルギーを「安全安心」などと言い張ることがいかに欺瞞に満ちているか、私たちはいいかげん理解すべきでしょう。
 であるならば、原子力発電も、今回の経験を生かして重大事故を未然に防ぐよう努力し、前以上に厳しく運用すればそれで良いのではありませんか?政府が今やってることで十分とは言えませんが、前進はしています(※もともと原発事業の前進を妨げていた原因は、反対運動があまりに理不尽だったことにもあります。それで殻に閉じこもってしまった事業者側にも問題は大いにありますがね)。他方、大規模停電・計画停電のリスクどころか電気料金の値上げすら負えない負いたくないと言う国民は文句を言える立場にあるのでしょうか?
 そもそも、電気を利用するのであれば、発電・送電・使用のあらゆる場合において何らかのリスクは負わねばならないのです。
 リスクなんて負いたくない、何でも反対したいのならば、電気など使わなければ良い。人間は電気がなければ必ず死ぬということはないのですから(生活はできなくなるかもしれませんが)。なのに、反対する人に限って、そうはしません。「電気なんて足りなくたって生きていける」などと口では言うけど電気を使わない覚悟を見せる人間などおらず、「原発は要らない」「電力会社は悪」と電気で動くPCやケータイで掲示板やブログやTwitterに書き込むのが彼らの姿です。自らの身勝手のために「電気は必要である」という大前提を隠して無責任にキレイゴトを並べているだけですよ、彼らは。目的は票のためだったり、地位名誉の保持保全のためだったり、国益を害し社会を混乱させひいては革命などという時代錯誤な妄想のためとかその革命ごっこに参加したい人とか騙され利用されているだけの考えない葦だったりといろいろでしょう。でも、「電気が本当に使えなくなる」となったら、みんな関西広域連合同様、掌を返すかのように「再稼働容認」となりますよ。彼らは、他人が不利益が被るのは一向に構わないけれども自らが不利益を被る気などさらさらないのだから当然です。この国では、電気を使えなくなるのは全員がイヤなんですよ。1人残らず、原発賛成反対に関わらず全員がです(「原発イヤだ」っていってる連中は、「停電するよ」と言われたら供給責任を持ちだしたりして電力会社を非難するじゃないですか。自分たちの立場からすれば停電は当然受け入れなければならないのに、そうしないのは結局のところ停電が何よりイヤだからです。「停電すれば良い」って言ってるのは、私のように原発に反対しない方の人間がむしろ多い。こんな理不尽なこと、ないですよ。どうして、あれもこれもどれもイヤという勝手な理屈ばかりが通るのでしょうね?)。この国で、全員が電気を使えるだけの電力を確保するには、現状では火力発電のみならず原子力発電にも頼るしかありません。であるならば、原子炉稼働は容認するしかないのです。仮に代替エネルギーを準備するにしても、安定大出力の原子力発電に変わる発電方法を確立するのには時間がかかります。その時間さえも計算できない人間に、原子力利用の対案など出せるはずもありませんし、ましてや準備などできるはずもない。1手2手先も読めず説明を求めれば窮して黙ってしまうくせにそれをこまかすため怒鳴り散らすガキみたいな人間が言うキレイゴトに、いつまで付き合う気ですか。
 まぁ、普通の人の中に「現実」を理解できない人間がいても、それは構わないでしょう。「現実」なんて理解したくないという人がいても構いません。何を考えるかは自由ですから。「現実」なんて無視すべきと意見を主張するのもよいでしょう。反対意見というのも世の中には必要ですしね(反対意見の全くない社会というのは最も忌むべき社会です)。
 しかし、人の上に立つ人間が、「現実」を理解せずにミスリードをし、それを誰かが賛美しさらなる増長を生む社会というのは、不幸です。
 この点、今回の関西広域連合、大阪府市、特に大阪府市統合本部エネルギー戦略会議の失態は、ミスリードどころか増長に次ぐ増長を晒し続けたのですから極めて深刻ですね。菅政権という世界最高レベルの失敗例を目の当たりにしながら、橋下市長は原発を動かさずとも電力は足りるとして原発再稼働は絶対に許さないと言い切りました。そして戦略会議のメンバーは電力が足りないというのは関西電力の陰謀であり、経営努力の不足であり、それを理由に原発再稼働を求めるのは国の恫喝でありやくざまがいであってテロであるとまで言いました。にも関わらず、「再稼働容認」で悪びれるところもないとは何なのでしょうか?関西の住民の生活と企業の活動を盾にとって国を恫喝し、テロとまで罵っておいて、そのテロとやらに自分から屈した責任をどう取るつもりなのでしょうね(橋下市長は懲りずに「大飯原発以外は絶対に再稼働させない」などと言ってるみたいですが、「絶対」はハッタリであると自ら認めておいて今さら何なんです?そんな物言いが許されるのは学生の間だけでは?そろそろ、エネルギー政策に関して性根を入れ替えてもらえませんか。一政令市長が関西全体に不幸をばらまくのは、やめていただきたい)。
 人の上に立つ者であるならば、何かに転嫁することなくきちんと責任を取ってもらいたいものです。ああ、少し補足しておくと、必ずしも「首長は辞めろ」と言っているわけではありません。辞職も責任の取り方の1つですが、他にすべきこともあるでしょう(まずは、自らの非を認めることでしょうな。あとは各々が考えられよ。偉いんですよね?高い給料もらってるんですよね?)。

 不幸なこの国ですが、最も不幸なところは「上が責任を取らない」というところではありません(お上が責任を取らないというのは、万国共通ですから)。
 最も不幸なのは、上に対する下、つまり私たち一般国民が、お上の身勝手無責任をしっかりと考えることも理解することもなく簡単に忘れてしまうところです。
 大阪府市や関西広域連合に対する批判は出るでしょうし実際出てはいますが、それは刹那的なもので、この夏を停電もなく安穏と過ごしてしまえば多くの人は今回の再稼働容認の騒動も完全に忘れ去ってしまうでしょう。で、また何かあれば「政治が悪い」などと言い出す一方で、次の選挙で自らの発言や行動を顧みることもなく選挙時だけの適当な美辞麗句を並べた候補に投票し再選を許してしまう……私たちはそれを繰り返してきました。大阪の橋下市長や松井一郎知事、山田啓二京都府知事、嘉田由紀子滋賀県知事も、今回身勝手で無責任な対応に終始したことはおそらく忘れられてしまい、再選を希望すればあっさり選挙に通ってしまいそうな気がします。実際、橋下さんは大阪府知事時代に沖縄基地問題で関西国際空港に移しても良いと言っておきながら話がきた途端神戸空港に移せば良いと言い出すなどの責任転嫁発言やWTC購入など政治家として失点も多々ありましたが、昨年の選挙時には個人中傷に終始し触れられることすらありませんでした。在任中の失政がなぜか追及されないんですよ、この国では。「政治家個人(の人柄)を評価する」ことはしても「政治を評価する」ってことをしないですよね。
 政治的無責任を追及せず、忘却し、さらなる無責任が不幸をより大きくする……こんな“無責任の連鎖”を断ち切れるのは、民主主義国家においては私たち主権者である国民1人1人なのです。次の選挙で落選させることにより、無責任な政治家に責任を取らせることができるのですから。
 「政治を良くしたい」と思うのならば、変わるべきは私たち自身です。忘れないことです。政治家の無責任な言動と行動を。そして、次の選挙の投票行動できっちりと示すことです。私たちがそれをしない限り、政治は変わりませんよ。

|

« F1 2012 モナコGP | トップページ | 「機動戦士ガンダムUC」第5話 Blu-ray Disc版 »

重い話」カテゴリの記事

コメント

結局、九州は計画停電されることになりました。
原発反対派に自分たちの責任を果たしてもらわないと…

投稿: エア・ウォーカー | 2012年6月25日 (月) 18時39分

こんばんは。
大飯原発3号機4号機の再稼働が決まった関西電力でも今夏予定されている計画停電の詳細が発表になりましたが、北海道電力と四国電力と九州電力も計画停電を準備中なんですよね。九州も融通分で足りれば良いのですが、10%の節電要請となると大変厳しいものになると予想されます。
原発に反対している人たちは電力が不足するならば当然人一倍の節電をすべきだと思うし、是非していただきたいものですが……憲法との関係上個人個人の思想を調べ上げて強制することはできないでしょうし、仮に電力会社が調査したところで彼らは強制停電覚悟で「私は原発再稼働反対である」とは答えないでしょう。そこまでの覚悟があるとはとても思えませんから。
無責任発言は言ったもん勝ちというのは実に腹立たしいですけど、残念ながら個人レベルではそうなってしまうのもまた現実です。
であるならば、せめて無責任発言をした政治家に対しては責任追及する手段がある以上きちんと責任を果たさせたい、私はそう思います。

投稿: ブルーメール | 2012年6月25日 (月) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2012 モナコGP | トップページ | 「機動戦士ガンダムUC」第5話 Blu-ray Disc版 »