« ワイヤレスヘッドセット購入 | トップページ | 2416万画素ですか »

2012年4月16日 (月)

F1 2012 中国GP

 先日の記事に書いたとおり<こちら>BSアンテナを設置してBSフジをHDで視聴/録画できるようになったので、F1第3戦・中国GPの予選と決勝の中継(BSなので録画だけど)見ましたよ。というわけで、今GPから当ブログの感想文も再開することにします。

 予選。前戦マレーシアGPでペレスが2位表彰台をゲットしたザウバーC31は、上海でも好調。小林可夢偉とペレスが揃ってQ3に進出しました(しかも、Q2の4番手/5番手の好タイムで)。一方、小幅ながらアップデートされた(らしい)フェラーリF2012は、その甲斐もなくやはり不調で、マッサが12番手タイムに留まりQ2脱落。ただ、今回最大のサプライズは、なんとベッテル(レッドブル)が11番手に沈み、Q2で脱落してしまったことでしょうな。ベッテルはQ1でも15番手タイムでして(周回数が異様に少ないので“タイヤ温存策”っぽいですけど、にしても遅すぎ)、これは信じられなかったですよ。そして、「ポールと言えば」のベッテル/ハミルトン(マクラーレン)に代わって、今回のPPを獲得したのはニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG ※今年からチーム名が「メルセデスGP」から「メルセデスAMG」に変わった)でした。メルセデスF1 W03は今回極めて好調で、ロズベルグはQ3でいきなり1:35.121のタイムを叩き出し、2番手ハミルトンとコンマ5秒の差をつけての圧勝でした。そして、ミハエルさんもハミルトンとコンマ07秒差の3番手タイムを記録しました。“ダブルDRS”とか呼ばれているイマイチよくわからない独自の空力新デバイスが威力を発揮したようですね。また、可夢偉も一発アタックに成功し、ミハエルさんに続く4番手タイムを記録。ハミルトンはGP直前のギアボックス交換で5グリッド降格することが決まっていたため、ミハエルさんが2番手スタートとなりメルセデスがフロントローを独占、可夢偉は自己最高の3番手スタートとなりました。さらに、5番手スタートは今季から復帰した“アイスマン”ライコネン(ロータス ※元ルノーだったチームが、事情は複雑ながら「ロータス」を名乗る権利をもっており、ここでも「ロータス」と表記します。一方、2年前に「ロータス」を名乗っていたチームは、現在「ケータハム」となっている)ということになり……結果、このメンツが、6番手バトン(マクラーレン)/7番手に降格となったハミルトン/8番手のウェバー(レッドブル)/9番手のアロンソ(フェラーリ)/11番手のベッテルを従えて決勝をスタートすることになったわけで、「時代は完全に変わった」と思いましたね。
 決勝。「新時代の幕開けだ」と思った私は、ものすごく期待しながら眠い目を擦りつつBSフジの放送をナマで見たんですけどね……スタートで可夢偉が出遅れてしまい、ずるずる後退して8番手スタートのペレスにも抜かれて「あちゃー」と思った上に、13周目に実質2位を守っていたミハエルさんがリタイヤしてしまい(※ピットイン時のホイールナット締め忘れで、自主的にリタイア)、大きな期待はあっさりと崩れ去りましたw。そして、リタイアはそのミハエルさん1台のみという安定状況の中、あちこちでバトルというか渋滞が引き起こされまして……結果はというと、ロズベルグが圧倒的速さで逃げ切り「初ポール初優勝」の快挙を成し遂げたものの、2位バトン/3位ハミルトン/4位ウェバー/5位ベッテル、という安定の上位陣に、2ストップ作戦を成功させた6位グロージャン(ロータス)と7位セナ/8位マルドナードのウィリアムズ勢、9位にアロンソ/10位に可夢偉という、なんとなく“ありがち”な結末となってしまいました。いやー、もー、ガッカリどころじゃなく、週明け早々疲れ果てましたわw。結局のところ、「タイヤ選択とピットタイミングの最適解を選んだものが勝つ」って展開になってしまったんですよね。レースシミュレーション技術に勝る上位陣がなんだかんだで前に出て、ベッテルはウデを駆使して頑張ったもののタイヤがもたず自力に勝るマクラーレンが前となり、同じく頑張りすぎて最終盤にタイヤがなくなったライコネンはポイント圏外まで後退。後方から上位より1回ピット回数を減らす2ピット作戦を成功させたクルマがポイント圏内に入り、上位同様3ピット作戦ながらスピードが足りなかったアロンソと可夢偉がポイント圏内になんとか入れた、ってところでした。いやはや、ミハエルさんのピットトラブルがなければ“表彰台のミハエルさん”が見られたかもしれないんですが、ロズベルグの快挙以外「新時代」と言えるようなことはなかったのは実に残念でしたわ。
 結果はあまり面白くなかったんですが、団子状態でレースが展開し「何が起こるかわからない」2時間弱ではあったと思います。“2強”だの“1強”だのと勝者が固定されていた昨年までと異なり、レース中継としては格段に面白さが増したって点は間違いないですね。ま、「可夢偉3番手スタート」にワクワクできたし、BSアンテナ設置の苦労分くらいは報われた、と思うことにしますよ。

 今週末、連戦で第4戦・バーレーンGPが予定されているんですが……バーレーンの政情不安は高まる一方でして、私でさえ「スタッフの安全のため、開催は諦めた方がいいんじゃないか」と思うほどだったりします。
 まだ開催決定とも中止とも報道はされていないようですけど、どうなるんですかねぇ?

|

« ワイヤレスヘッドセット購入 | トップページ | 2416万画素ですか »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワイヤレスヘッドセット購入 | トップページ | 2416万画素ですか »