« 2416万画素ですか | トップページ | THE IDOLM@STER THE ANIMATION Blu-ray Disc Vol.07 »

2012年4月23日 (月)

F1 2012 バーレーンGP

 F1第4戦・バーレーンGP決勝が昨日行われました。 
 いわゆる“アラブの春”の影響でバーレーンは今も政情不安が続いており、昨年の開幕戦に予定されていたバーレーンGPは主催者側の意向で中止されたのですが、今年は一転して強行開催。「本当に大丈夫なのか?」と心配でしたが……無事全スケジュールを終了できたようで良かったです。映像を見る限り観客席はガラガラだったよーに思えましたけど(実際、国内はF1どころじゃないだろうし)、それでもグランプリを開催するメリットって主催者側に何かあったんですかね?ま、F1グランプリ開催ともなると莫大なお金が動いているのでしょうし、チーム側がボイコットでもしようものならとんでもない違約金を払うことになるんでしょうからねぇ……「契約」ってものの重さを再認識させられましたわ。
 予選。砂漠の真ん中にあるバーレーン・インターナショナルサーキットは当然暑く、しかも昨年開催されていないことから、ピレリタイヤにとっては今回が初の実戦となります。いつも以上に「タイヤの使い方」が各チームの悩みのタネになっていた中、結果を出したのはディフェンディングチャンピオンのベッテル(レッドブル)でした。今回はQ3に勝ち上がり、今季初のPPを獲得。レッドブルは前戦から新しい排気レイアウトを持ち込んでおり、ウェバーはすぐに適応して前戦から使用したものの、ベッテルはこれに合わず前戦は旧レイアウトのままで出走するなど「手を焼いている」って感じだったのですが……モノにしたみたいですな。メカニックが頑張って調整したみたいですが、それに応えるベッテルも流石ですね。2番手はハミルトン(マクラーレン)、3番手ウェバー(レッドブル)、4番手バトン(マクラーレン)で、前戦で大ブレイクしたロズベルグ(メルセデスAMG)は今回5番手止まり。6番手にはなんとトロロッソのリカルドが入り、7番手グロージャン(ロータス)、8番手ペレス(ザウバー)。アロンソ(フェラーリ)が9番手、10番手はディ・レスタ(フォースインディア)で、トップ10台に8チームのマシンが入り乱れる結果となりました。小林可夢偉(ザウバー)はQ2どまりで12番手、ミハエルさん(メルセデスAMG)はマシントラブルもあったようでQ1敗退・18番手に沈みました。
 決勝。スタートからベッテルが飛び出して「3周目の“DRS解禁”までに後続を引き離し、以後独走」な去年の優勝パターン再現に成功、このまま安泰かと思われましたが……それに追いすがったのはマクラーレンの2人ではなく、ロータスでした。しかも2人、グロージャンと11番手スタートのライコネン。ライコネンはQ3を走れなかったことで新品タイヤをソフト/ミディアム共に2本残し、かつ11番手スタートなので予選からタイヤを交換し新品のソフトを履いてスタートしていたのです。そのスピードをもって先行するグロージャンを抜き2位に浮上すると、じわじわと首位ベッテルに近づいていき、ついにはテールトゥノーズまで追い詰めました。が、39周目に両車同時に3回目のピットインをし、その際若干ロータスのピット作業が遅れたのを見計らってか、ベッテルがスパートをかけてライコネンを引き離し逃げ切りにまんまと成功しました。ベッテルは今季初優勝で通算22勝目。ライコネンが2位で09年イタリアGP以来の表彰台、3位グロージャンは初の表彰台となりました。4位ウェバーで、ロズベルグは5位。ディ・レスタが6位に入り、アロンソ7位、ピット作業でタイムロスしまくったハミルトン8位。14番手スタートのマッサが9位に入って今季初ポイント獲得。10位ミハエルさんで、可夢偉は2ストップ作戦のはずがタイヤが持たず3ストップして13位フィニッシュ。バトンはリタイアしました。
 いやぁ、「ベッテル復活」のレースだったと言うべきなんでしょうけど、それよりもやはり「“アイスマン”復活」ですよ!ライコネン、すんげぇカッコよかったです。フェラーリ時代というよりマクラーレン時代のライコネンを思い出しましたねぇ。淡々と速いラップを刻み続ける、まさに“アイスマン”。シビれたわぁ。その影に隠れてしまった感もあるけど、グロージャンもよく頑張りましたな。実は「出戻り組」なので初々しさはないんだけど、きっちり仕事をこなして表彰台ってのも素晴らしいと思います。

 次はスペインGPで、いよいよ“ヨーロッパラウンド”開幕となります。今年は間にテストが設けられており、かなりのマシンが大きくアップデートされると予想されています。開発力のあるマクラーレンやレッドブルは言うに及ばず、フェラーリが巻き返してくることもありえますから、勢力図にも大きな変化があるかもしれません。良さげに見えたのにやっぱり中途半端っぽいザウバーC31も、なんとか良くなってくれたらいいのですが……。
 今年のF1は本当に面白いですな~。“ヨーロッパラウンド”も激戦になることを期待していますよ。

|

« 2416万画素ですか | トップページ | THE IDOLM@STER THE ANIMATION Blu-ray Disc Vol.07 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2416万画素ですか | トップページ | THE IDOLM@STER THE ANIMATION Blu-ray Disc Vol.07 »