« 大地震発生から1年を経て | トップページ | 応援部隊になってみる »

2012年3月22日 (木)

「ストロベリーナイト」&「相棒 season10」最終回

 「ストロベリーナイト」が一昨日、「相棒 season10」が昨日最終回でした。
 「ストロベリーナイト」は良かったです。久々にフジテレビ系列の連続ドラマを見ましたけど、これは「大当たり」だと思いました。内容的にハードだったのもあるけど、それを重厚で良質なドラマにしたのはやはり豪華なキャスト陣でしょうな。主役を演じた竹内結子さんも良かったけど、周りがとにかく凄かった。サポートに徹する西島秀俊、泥臭いベテラン刑事の宇梶剛士、渋い上司の髙嶋政宏あたりもさることながら、妙にうざい生瀬勝久にライバルの遠藤憲一にいやらしすぎる渡辺いっけいと武田鉄矢……この人達の演技は見ててワクワクしっぱなしでしたわ。他の人もゲストもみんな上手かったですしねぇ。ホント、素晴らしかったですよ。なんか、最後に劇場版作るとか出てましたけど、それよりテレビの第2シリーズを是非作ってもらいたいですわ。
 で、一方の「相棒 season10」は、いつもの“相棒クオリティ”で相も変わらずレベル高い上に、小料理屋「花の里」の女将を以前登場した月本幸子(鈴木杏樹)に交替させてみたりして話題作りも怠りなく、その上最終回では神戸尊(及川光博)を転属という形で特命係から追い出したわけで(警察庁に戻ったので、いくらでも再登場可能w)、「この先どうなるんだ!?」と次へ引っ張ることにもまんまと成功しましたな。まったく戦略的に抜かりがなくて、見ている側としてはズルズル見続けるほかに選べないという……それでいて期待を(ほとんど)裏切らないわけですから、すごいですねぇ。例年のように秋から「season11」が始まるのであれば、喜んで見ますよ、ええ。

 作り込んだドラマは見応えがあります。日本のTVドラマに往年の勢いはないかもしれないけど、まだまだこうやって面白いものができてきます。
 新年度のドラマは、今のところ「おみやさん」のみ見るの確定で他は不明ですけど、しっかり作ってあれば、どっかの国のコピードラマなんかよりはるかに面白いですよ。その点は、間違いないです。
 見応えのあるドラマが春から始まること、楽しみにしていますよ。

|

« 大地震発生から1年を経て | トップページ | 応援部隊になってみる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大地震発生から1年を経て | トップページ | 応援部隊になってみる »