« サッカー・アジア最終予選の組み合わせ決定 | トップページ | 「ストロベリーナイト」&「相棒 season10」最終回 »

2012年3月11日 (日)

大地震発生から1年を経て

 東北地方太平洋沖地震発生から、今日で1年となりました。
 地面が真っ黒い津波にのまれていく映像、夜の闇に火の海が広がっている映像、株価の急落、原子炉建屋が吹き飛ぶ映像……私は関西在住のため阪神大震災のときは大きな揺れを経験し実感が伴っていたところ、今回の震災では実感をあまり伴っていなかったのですけれども、その分実態が掴めず、昨年3月11日から1週間ほどの間の「これから、どうなってしまうんだろう」という恐怖感は強かったです。あの当時の極度の不安感は今も忘れていません。

 あれから、1年が経ちました。
 「復旧」はそれなりに進んだかなとは思います。といっても、交通網の復旧がほぼ完了した程度で、津波によって破壊された人々の日常が復旧したわけではありません。仮設住宅は被災した方々に行き渡ったようですが、「住居を高台に移転させる」という話が具体的に進展しているようにはとても思えません。強制力を伴う法整備も進まず、新たな生活基盤(住居)ができない以上街に活気が戻るわけもなく……この点では被災地の「復興」どころか「復旧」すらまだまだ先の話になってしまっています。
 また、福島第一原子力発電所は原子炉の「冷温停止」が宣言され状態としては落ち着いているものの、原子炉内部がどうなっているかは未だに把握されておらず、原子炉内部は手つかずのまま事故の全体像の検証を進めているに過ぎません。事故処理には10年20年とかかることはわかっていますが、「1年経ってもこれか」というのが正直なところで、原子力発電というものの危険性に改めて衝撃を受けています。放射性物質の拡散状況も政府がきちんと把握しているのかどうかはっきりせず、汚染されたであろう農作物の管理や今年の作付けについての規制さえもできていないような状態ですから、避難区域の住民の人たちをこれからどうするかなんて政府が決められるはずもないですね。地震発生から暴走し続けた菅政権は首相辞職という形で倒れて野田政権に替わりましたが、対応の曖昧さ、いいかげんさは変わっていません。野党第一党の自民党も、民主党に代わって先導的役割を果たすなんてことは一切せず、公明党(創価学会)とつるんでひたすら批判するだけのため、国民の支持率は一向に回復しません(当然ですが)。結果、地震直後から叫ばれ続けている「衆議院の解散総選挙」は行われず、ついには総選挙の前提となる議員定数是正も「国会の総意」として手をつけることなく先送りにしてしまいました。復興のための法整備をするでもなく、だらだらと通常国会の日程を無駄にし続けている……それが国民から見た今の国会議員の姿です。今国会に限ったことではなく、この1年、彼らはずっとそうでした。非難の絶えない民主党議員だけではありません。自民党も、公明党も、国民新党だろうがみんなの党だろうがたちあがれ日本だろうが社民共産だろうが、どこの所属であろうが同じです。1人として行動を起こした議員はいません。「毎日ボロカスに言われてる大臣たちの方が、職責を果たしているだけまだマシ」……こんなことが一体いつまで続くのでしょうか。
 それでも、1年という時間が過ぎました。節目となる今日を迎え、来月からは新年度が始まります。
 新年度が始まっても、この国を託されているはずの政治家さんたちは今まで通りだらだらとして、官僚や一般公務員が予算の範囲内でなんとかしてしまうのでしょうが……どうしてこうなってしまうのでしょうか?政治家が無能だから?もちろん、それも大きな要因だとは思いますけど、本当にそれだけでしょうか。有能な政治家が何人かいたら、何とかなりますか?超優秀な人がリーダーシップを発揮すれば、政治がバリバリ動いていきますか?
 私は、ならないと思いますね。
 なぜか。私たち日本国の主権者たる国民が、あまりにも勝手がすぎ、一方で何の自覚も覚悟もないからです。
 私たちは、投票を通じて政治家を選び、永田町に送り込んでいます。言い換えると、彼らに委任したわけです。託したのです。もちろん、「委任した以上、一切文句言うな」などと書くつもりはありませんけれども、今の日本は自分たちで託しておきながらありとあらゆる政治問題について文句が多すぎるというか強すぎると感じます。その文句も理不尽であれば理不尽なほど大きく、無責任なものほど強いから、政治が何もできなくなるのはある意味必然です。こんな状態で「リーダーシップ」とかね、笑うしかありませんよ。その「リーダーシップ」ってのを、絶対に発揮させまいとしているのが私たち国民ではありませんか(珍しく「リーダーシップ」を発揮していた麻生政権を、私たちは自分の手で倒しましたよね?)。
 文句を言うから悪い、言ってはならないと主張しているわけではありませんし、物わかりの良すぎる人間になれと主張しているのでもありません。私も政治に対して文句は言っていますし、実際政治のミスリードが多すぎて(特に菅直人という人間のミスリードは、あまりにも酷すぎました)主権者として言うべきことがありすぎますからね。そのため、文句は文句でも、問題点の自覚と文句を言うだけの正当な理由、そして言った結果に対する覚悟があるならば言って構わないし言うべきだと思っています。文句と共に具体的にどうすればよいのか、現実的かつ建設的な解決方法まで指摘できればなお良しですが(私は一応、意識して解決策を提示してきました。詳しくは「重い話」カテゴリを読んで下さい)、残念ながら今言われている文句にそんなものはほぼありませんな。ひたすら「ダメ出し」です。例えば、消費税増税。消費税が増税されれば生活に直結しますから私だって困ります。嫌ですよ。ですが、私たちは何でも行政にやらせているではないですか。子供を産む費用負担から始まって、育てるのも教育も保育所・学校に丸投げで、虐待されたら保護させて、仕事がなければ斡旋してもらい、挙げ句生活費をめぐんでもらって、病気すれば保険を適用してもらって、悪いことをしたら刑務所で預かってもらって、歳をとったら介護してもらって、死んだら焼いてもらう。全部行政がサービスとしてやってるんですよ。そのコストは誰が払うんです?サービスコストを増やし続けているのはどこの誰です?私たち国民ではありませんか。コスト負担したくないのならコストがかからないように切り捨てていけば良いけど、それをやったら(※やったのが小泉政権)実際怒ったじゃないですか。なのに「税率上げるな」とだけ言ってよいのですか?例えば、東京電力の電気料金値上げ。製造コスト上昇に直結する以上値上げに反対するのも当然でしょうけど、原子力発電を止めてしまっているため火力発電増強に頼った結果、電力会社の燃料コストが大幅に増加(しかも日本の貿易黒字を軽く吹き飛ばすほどの増加)したことも事実ですし、電力料金算定は法律に則っています。「原子炉を動かすな」どころかより電力料金が上がる「自然エネルギーを使え」などと一方で言っているくせに、法を遵守した料金算定には反対と言うなら、まず算定根拠の法律を変えるのが筋というものです。それを「東電の資産売却が先」「東電がまず身を削れ」などと言うのは、「仕分けすればカネは湧いてくる」と言ったどっかの政党と同じですよ。そういう責任転嫁、懲りたんじゃないんですか?いつになったら民主主義というものを理解するのです?例えば、TPP。たしかに問題点は多々あり、反対意見も当然ですけど、日本がTPPに加入しないのならば相対的に関税分のコスト増となってしまうことから製品工場がTPP加盟国(または大市場とのFTA締結国)に移転してしまうことは甘受せざるを得ません。工場が日本からなくなれば失業率は跳ね上がります。高失業率社会になる覚悟が、本当にあるのでしょうか?……ないですよね。行政サービスなしの社会、ときどき停電するかもしれない社会、高失業率社会、「そうなってもいいから」なんて誰1人言ってないですよね(※これは、巷の「文句」が理不尽であることの説明です。私は増税/料金値上げ/TPP加盟大賛成であると言ってるわけではないですので、念のため)。
 サービスはよこせカネは払わん、仕事はよこせ痛みはイヤだ……理不尽で無責任そのものではありませんか。こんなことでは、学校の給食費を払わないのに自分の子が給食を食べるのは当然と言い張る親や、仕事を探すつもりもないのに派遣村にたかってた連中のことを悪く言えません。言う資格がなくなるようなことを、国民の相当数がしてしまっているのです。
 問題点が何かを知らず、自分の文句に理由があるのか考えず、文句を言った結果に対する覚悟もないのに、文句だけ言ってるのが今の私たち日本国民です。全員がそうではないですし一部の声だけが妙に大きかったりするのですが、合理的意見よりただの文句の方が声が大きいのが現実である以上、次の選挙に通らなければならない政治家がそちらになびいてしまうのもまた当然です。「何でも反対」の社民党共産党の言うとおりにしていたら何も進まないというのはほとんどの国民が知っている、なのにそれと同じ状況に国政が陥ってしまっているんですよ。それは、無責任に文句だけを言い続ける私たち国民のせいでもあるのです。そのことを自覚すべきです。
 エネルギー問題も同じ。原子力発電というのは、たしかに危険極まりないです。こんなものを使わないで済むならそれに越したことはない。しかし、原子力の代替となりうるのは現状火力のみであると1年経ってわかったはず。自然エネルギーのプラント建設が一向に進まないのは、「原子力発電事業維持のための陰謀」とかなんとかではなく、設備投資の合理的理由が見つからないからに他なりません(火力増強にはこの1年で大変な額が投じられましたよ?)。そして、これほど「節電」と言われていたにもかかわらず、実際に私たち国民が「節電」したかといえば、そんなことはありません。現状で原子力発電を完全に無くすためには全体で3割の「節電」が必要なのに、あなたは何割減らしましたか?使う電力量を1年通じて3割減らしましたか?減っていませんよ。特にワーワー騒いでいる人間に限って節電なんてしやしないってのが現実です。「仕事だから」「ビジネスだから」「生活に必要だから」と平然と電力を使い続け、電気を使ってPCやケータイでネットの掲示板で煽り、Twitterで好き放題呟いて、「原発反対」「原発反対」と叫ぶ。毎日電気を供給してもらっておいて、何かと言えば「東電が悪い」「電力会社が悪い」、コスト負担増がひどいから料金上げると言ったら民主政の過程を無視して「東電はおかしい」……一体あんたら何様ですか。そんな理不尽無責任の「愚の極み」を撒き散らしておいて、自己正当化理由は「放射能」だったりしますよね。人体に有害なのはあくまで「放射線」であるということを1年経っても理解せず、バカの一つ覚えで「放射能」「放射能」……ほんと、哀れこの上ない。そんなに電力会社が憎いなら、電気なんか使わなければいいんです。その覚悟あります?欠片もないんでしょ?ケータイが繋がらないってだけでパニック起こすような今の日本人に、そんな覚悟があるはずありませんからね。その程度の覚悟もなく、何が問題でその理由も考えずに「電気料金上げるな」って文句言ってるような人間に、「原発反対」とか「脱原発」なんて言う資格はないんですよ(コストなんていくらかかっても良い、電気料金が倍になっても払うから原子力をやめてくれって言うなら筋が通ってて傾聴に値するけど、それを本気で言ってる人なんていませんな。倍の料金払うつもりは全くないにも関わらず煽ってるだけのホラ吹きはいますけど。そんなホラ吹きを「正義の味方」みたいに言っちゃうのが今の日本ですよね。笑うしかありませんわ)。コストは払わない、他に方法が見つけられない提案もしないというなら、原子炉再稼働しかないでしょう。その上で、新しいエネルギー源を開発し、変えていくなら供給を一定量確保した上で順次変えていく。それが現実的解決方法でしょう。違いますか?1年という長い時間を無駄にしても、なお代替案もなく理不尽で無責任なエネルギー論をほざき、ひたすら文句だけ言い続けるんですか。いい加減にしましょうよ。
 もうね、「放射能」「放射能」「放射能」と言って騒いでいるだけの一部の人間は勝手にしてくれればいいです。「何やっても反対」の人には、何を言っても無駄ですから。何をどうしようと反対ですから(※彼らは反射的に言っているのではなく、邪な目的を持って反対し続けています。だからタチが悪い)。前に進みたいのならば彼らは相手にしない、それだけですよ(「少数意見を切り捨てるのは民主主義に反する」なんて言ってる人がいたけど呆れましたね。民主主義はなるべく少数意見も取り込むというだけで、切り捨てたらそれだけで「反する」なんてことはありえません。「何でも反対」の意見なんてどうやって取り込むんですか?不可能ですよ。そんなことを平気で言ってしまう想像力の無さにただただ呆れますわ。ま、こういう人に限って自分と反対の意見はザクザク切り捨ててるんですけど、それは良いんでしょうね)。1年も見ていたら分かったでしょう。「あの人たちに付き合っていたら、キリがない」って。もう、はっきりさせるべきです。

 国民の「文句」にばかり耳を傾け、何の国家像も持たず、国益も考えず、何も決めようとせず、ただ議席にしがみつく今の政治家と呼ばれる人たちは、たしかに無能でしょう。ビジョンも信念もなく、ひたすら議席確保のために全員揃って姑息に「脱原発」と言ってしまうことに恥すら感じていない現職国会議員は全員失格だと思います(この点ではむしろ「原発反対」で通している共産社民の方がマシなくらい。もちろん、その主張が正しいとかそういう意味ではないですが。最近話題の大阪維新の会も代替案なく「脱原発」と言ってるだけの“文句たれ”にすぎないですから、その点では失格ですね)。
 しかし、そうさせてしまっているのは私たち主権者たる国民の声だったりもします。理不尽な「文句」を並べるのはやめて、私たち主権者たる国民1人1人が真剣に考え、声を上げるにしても自覚と覚悟をもってすれば、もう少しまともな政治が実現する……かもしれません。そのためにもマスメディアがもう少し客観的な事実報道に徹してくれれば良いのですが、それもこの不景気では難しいでしょうか。となれば、私たち自身がしっかりし、情報を見極め、キレイゴトに流されず、きちんと自分のこととして考えていくしかありませんよ。

 私たち人類は、多くの失敗、それも大失敗を何度も経験し、それを克服することで文明を少しずつ進めてきました。文明に依存しすぎて震災に対する備えが不十分だったという「失敗」を今回してしまいましたが、その経験をして、日本はこれから前に進むのかそれとも「反対」「反対」と文句を言い続けて後ろ向きに衰退していくのか……決めるのは、私たち個人個人です。
 私は、こんな時代であっても、日本はまだまだ前に進んでいけると信じています。自覚しましょう、私たち1人1人が日本という国を背負っているのだということを。その上で、前へ進んでいきましょう。

|

« サッカー・アジア最終予選の組み合わせ決定 | トップページ | 「ストロベリーナイト」&「相棒 season10」最終回 »

重い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サッカー・アジア最終予選の組み合わせ決定 | トップページ | 「ストロベリーナイト」&「相棒 season10」最終回 »