« 重戦機エルガイム ~その5・HELLMEENE | トップページ | ATOK 2012 »

2012年2月 7日 (火)

3630万画素ですか

 新年早々D4が発表されたのも束の間、来ましたよ。ウワサのニコンD800が<公式ニュースリリース
 D700を発売後すぐに使い始めた者としては、その後継機はすべてのカメラの中で最も気になるところなわけですが……驚きました。
 「衝撃、36.3メガピクセル。」、キャッチコピーそのまんまですわ。まさか、3630万画素とはね。D4が順当に1620万画素だったので、てっきりこのCMOSセンサーが載ると思ってたら、倍以上あるじゃないか。D700からしたら、画素数3倍ですよw。信じられませんわ。
 画素数以外は、正常進化だと思います。D4と同じ「アドバンストマルチCAM3500FX」と「91KピクセルRGBセンサー」を搭載してて、画像処理エンジンは「EXPEED 3」。ファインダー視野率が約100%(0.7倍。D700は約95%で0.72倍)なのと、CF&SDメモリーカードのダブルスロット装備なのは、素直に羨ましいです。動画撮影機能は私は使わないからどーでもいいけど、95g軽くなったってのはよさげですな。D700はとにかく重いので、たとえ1割であっても軽量化はありがたいだろうと思います。
 問題は、高画素化で画質がどうなるか、ですな。公式の撮影サンプル<こちら>を見る限り解像感はたしかにとんでもない感じですが、個人的には2450万画素のD3Xのサンプルが出たときほどの驚きはないですね。ローパスフィルターがあるD800でも本当に細かいところまで描写してるけど、細かいだけで、D3Xの絵みたいな雰囲気はないというか。あと、高感度がどうなるか。画素数3倍でも常用感度はISO100~6400ということで、ISO200~6400のD700よりむしろスペック的には広がっていたりするわけですが……実際のところ、どうなんでしょうね?D700を長く使ってきた経験からするとISO3200がフツーに使えれば高感度は十二分って感じですけど、D3Xが常用ISO1600までで800ぐらいが許容限度だったところ、さらに画素数1.5倍のD800がどこまで許容できるのか……ま、こればっかりは実機の撮影サンプルが出てくるまではわかりませんな。「ISO1600が許容限度なら合格」と思ってますけどね、私は。今のところ。

 D700は、同時期に発売された普及型フルサイズ機(キヤノンEOS 5D MarkⅡ/ソニーα900)の中で唯一1210万画素しかない低画素機で、解像感では圧倒的に劣っていたわけですが、それ故に高感度性能が抜きんでており、どんなレンズと組み合わせても絵が破綻せず、当時としては最高度の電子装備と相俟ってあらゆる用途に使えるある意味“万能機”でした。
 その後継となるD800は、現在のフルサイズ機の中で世界最高の画素数を誇ることになったわけで、その上ローパスフィルターを取っ払ってさらに解像感を高めたD800Eなんてのまで用意されるとは……D700とは別のカメラになりましたね。
 しかし、別のカメラになってしまったってことで、私はD800ってカメラを現時点では「欲しい」と全く思いませんわ。ニコンとしては“万能機”の買い替え需要を狙わないといけないわけで、その後継機を尖ったモデルにするって戦略は間違っていないと思うし、個人的事情としては30万円(ヨドバシ価格298000円+10%ポイント還元)という予算を確保できないってのが大きいんですけど……それにしても、3630万画素センサーが出す7360x4912ピクセルという途方もなくデカい画像は必要じゃないし(Capture NX 2が64bitネイティブになったのって、これに対応するためだったんですかね?)、その解像度を活かせるレンズも持っていませんしね(ニコンの大三元レンズが3600万画素でも解像しちゃうってのにはビックリしましたが持ってないし、単焦点レンズも高いのは買う気ないし)。
 こうなると、D300後継機(D400?)もソニーα77の2430万画素センサーに近いものを載せてくるのかな?私は高画素戦略って好きになれないんだけど。そう考えると、D700の後継機には、D4が良いかなと思えてきましたよ。あっちはプロが使う、真の“万能機”ですからね……現状では高くてとても手が出ないけど、数年経って実売価格が40万円台まで落ちてくれれば何とかなるかも?本気でお金貯めようかしらw

 とりあえず、D700で「デカい、重い」以外の不満はないので、うちの主力カメラはこのままD700でいきます。大事に使うことにしますよ。
 ただ、ニコンのカメラは、別の用途のためにそのうち追加で買うかもしれません(ソニーのNEXかもしれないけど)。

|

« 重戦機エルガイム ~その5・HELLMEENE | トップページ | ATOK 2012 »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 重戦機エルガイム ~その5・HELLMEENE | トップページ | ATOK 2012 »