« F1 2011 インドGP | トップページ | VF-25 メサイア リニューアルVer. ~その2・新旧比較 »

2011年11月 6日 (日)

VF-25 メサイア リニューアルVer. ~その1・アルト機

 注文の関係で入手時期が遅れましたが、予約買いです。バンダイ DX超合金 VF-25F メサイアバルキリー(早乙女アルト機) リニューアルVer.

Vf25f_01_2
 約3年前に発売されたものの、ツッコミどころが多くて不評だったDX超合金 メサイア<記事>をバンダイ自らリニューアルしたものです。大幅に改修されたため、旧バージョン用に発売されたスーパーパック/アーマードパック/トルネードパックは使えなくなりました。

 VF-25 メサイアの説明とかは旧バージョンの記事で書いたので、ここでは割愛。今回は、リニューアル版について書きます。

Vf25f_02_2

Vf25f_03_4
 ファイター形態では、旧バージョンより「スッキリ」した感じがします。造形が全体的にシャープになったことや、エアーインテイク周りがスリム化したこと、マーキングパターンの修正などが影響しているようです。旧バージョンではガンポッド固定に別パーツが必要でしたが、腕に挟んで固定できるようになりました。

Vf25f_04_2
 キャノピーは開閉可能。写真ではわかりにくいですが、ランディングギアが長くなったことで、より戦闘機らしくなりました。細かいところでは、変形部のパーツの合い具合とかが大幅に向上しています。エアーインテイク周りもスリム化しただけでなく、ディテールも追加されており好印象です。

Vf25f_05_2
 ガウォーク形態。旧バージョンのつんのめりそうなどうしよーもないカッコ悪さは解消されました。逆間接、八の字開脚、申し分なしのガウォークです。ガンポッドは、色がグレーからバイオレットに変更されています。

Vf25f_06_2

Vf25f_07_2
 後ろが長く横から見るとイマイチなのは元のデザインの問題ですから仕方ないですな。それでも、バランスは良好。

Vf25f_09_2
 バトロイド形態。予想していたほど旧バージョンからスタイルは変わってなかったんですけど(肩幅とかがかなり狭くなったのではと思っていたけど、さほど変わっていない)、背が高くなり、全体的に「キリッとシャキッっと」しました。

Vf25f_10_3 Vf25f_11
写真だとわかりにくいんですけど、印象は旧バージョンと大きく違います。造形がシャープになったのがここでも効いています。

Vf25f_12
 リニューアル版は頭部がほとんど別物みたいになりました。アンテナ(マニュアルによればアンテナ。レーザー機銃じゃないのかな?)も左右に開く形にできるように。手首も、指が可動のタイプが付属。

Vf25f_13
 機体裏面(背中の裏)がグレーに塗られていたりして、丁寧な仕上げになっています。腕の回転軸は肘のあたりから肩の方へ移動し、肘は二重関節で可動範囲が広く、ポーズもつけやすいですね。腰の固定はDX超合金 YF-29 デュランダル<記事>と同じ方式で、外れにくくなっています。

 今回のリニューアル版で、アルト機が最初に買った分/アルト用アーマードパックのために追加購入した分と合わせて、3機にもなってしまいました。まぁ、アーマードパックはファイター状態で完全固定してるし(放置とも言うw)、最初に買った分もトルネードパック装備で飾っておけばいいしで、「別に構わん」といえば構わないのですが……「最初からこのデキで出してくれていればなぁ」ってのが、やはり率直な感想ですね。
その2へ続く>

|

« F1 2011 インドGP | トップページ | VF-25 メサイア リニューアルVer. ~その2・新旧比較 »

マクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2011 インドGP | トップページ | VF-25 メサイア リニューアルVer. ~その2・新旧比較 »