« ジョブズ死去とiPhone4S予約開始 | トップページ | 「Forza Motorsport 4」開始 »

2011年10月 9日 (日)

F1 2011 日本GP

 F1第15戦・日本GP決勝が今日行われました。
 注目は、チャンピオンシップがかかっているベッテル(レッドブル)とホームグランプリとなる小林可夢偉(ザウバー)がどんな走りをするかという点でした。
 予選。Q1で可夢偉がなんと全体のトップタイムを記録。これには驚きました。また、Q2では全体の10番手となり、今季4度目となるQ3進出も決めました。ザウバーのマシンは今回大きくアップデートされたものの、決して速いとは言えないマシンであることに変わりはなかったので、よくやりましたね。Q3はタイヤ温存のために可夢偉はタイム計測なしだったんですけど、4台がタイム計測せず、ルール上その中のトップであると判断されたため今季最高の7番グリッドからのスタートとなりました。いやぁ、可夢偉は素晴らしい予選でしたね。そしてベッテルも、Q3で今週末絶好調だったマクラーレンの2台を上回る渾身の走りを見せてくれました。これもすごかったですな。で、PPはベッテル。2番手にバトン(マクラーレン)、3番手ハミルトン(マクラーレン)、4番手マッサ(フェラーリ)、5番手アロンソ(フェラーリ)、6番手ウェバー(レッドブル)で、可夢偉が7番手。8番手にミハエルさん(メルセデスGP)となりました。
 決勝。ベッテルがスタートでバトンに幅寄せしてトップを守ったため審議の対象になったんですけどお咎めなし。一方の可夢偉はスタートでミス。順位を下げてしまい、これが最後まで大きく響きました。今回ピレリタイヤのコンパウンドはソフトとミディアムだったんですけど、ソフトがそれほど持たず、ハミルトンが9周目にピットインしてソフトに交換。10周目にはベッテル、11周目にはバトンにウェバーにアロンソもソフトに交換しました。この2セット目のソフトも各車10周くらいで交換となったんですよね。今季のベストタイヤであるソフトが、こうも持たないとは……鈴鹿のコースってタイヤに厳しい路面なんですね。で、中盤の25周目、コース上の破片を理由にセーフティーカー導入となったんですが、タイヤのスケジュール的にはあまり良いタイミングではなくて、レース展開を面白くするには至りませんでした。可夢偉もセーフティーカー導入時に変えたミディアムタイヤのまま最後まで走りきる形となったため、最後は失速してしまい、昨年のようなオーバーテイクショーを見せることはできませんでした。結果、優勝は2回目のピットタイミングでベッテルをかわしてトップに立ち、そのまま走りきったバトン。2位アロンソで、ベッテルは堅実に走って3位。4位ウェバー、5位ハミルトン、6位ミハエルさん。7位マッサで、8位には2ストップ作戦を成功させたペレス(ザウバー)が入りました。可夢偉は結局13位でレースを終えました。
 うーん、今年は面白かったのはDRSが自由に使える予選だけでしたかねぇ?決勝は、たしかにバトンは「お見事」だったけど、ベッテルがおとなしかったこともあって展開として盛り上がらなかった気がします。あと、タイヤがきつかったのか、みんなムリしない走りに徹していたように見えたなぁ。可夢偉クンはそれなりに頑張ってたと思いましたけど、結果が残せず残念でした。同僚のペレスがここのところ調子を上げて結果も残しているので、残り4戦チームのエースとして負けないよう結果を残して下さいね。期待しています。
 そして、バトンは1位でしたが、ベッテルがポイントを獲得したために自動的に今年のチャンピオンが確定しました。ベッテル、史上最年少でのF1連覇、おめでとう!今年は終始「独走」で、素晴らしいシーズンでしたな。誰もが認める(認めざるをえない)チャンピオンですよ。本当に、おめでとうございます。

 今年、日本は東日本大震災に見舞われ、原発事故もあったために放射線被曝の心配から開催が危ぶまれていました。F1はそれほどでもなかったのですが、今月2日決勝が行われたMotoGPの日本グランプリは出場を辞退すると公言していたライダーやチームスタッフもいて大変だったと聞いています。
 そんな中、インディカー、MotoGP、そしてF1と、日本で無事開催できたことをモータースポーツの1ファンとして関係者の皆さんに心より御礼申し上げます。
 ありがとうございました。

|

« ジョブズ死去とiPhone4S予約開始 | トップページ | 「Forza Motorsport 4」開始 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョブズ死去とiPhone4S予約開始 | トップページ | 「Forza Motorsport 4」開始 »