« G.F.F. METAL COMPOSITE RX-78-2 ガンダム(THE ORIGIN) | トップページ | VF-19改 ファイヤーバルキリー ~その3・サウンドブースター »

2011年9月 2日 (金)

首相公選制導入なんて言う前に

 野田内閣が今日発足しました。平岡法務大臣や川端総務大臣など「人権」とか「外国人」とかが大好きそうな人がまずいポストに就いているなと思いましたが(民主党政権の法務大臣って、どうしてこういう人間ばかりが選ばれるのか……まったく)、それ以外はまずまずの人選ですかね。安住財務大臣ってのも「大丈夫か?」と思うけど、まぁ泥をかぶって頑張ってくれるのでしょう。個人的には、古川国家戦略・経済財政担当大臣に期待しています。この人はできる人だと思うので。

 それはそうと、新内閣と入れ替わりで旧内閣が官邸を去りました。
 旧内閣の中心であった菅直人前総理大臣は、本当に酷い内閣総理大臣だったと思います。なぜかあっけなく辞めてしまいましたけど(まぁ、さらに居座ろうとすれば臨時国会が開けないので、もうどうにもならなかったのでしょうが)、思いつきレベルの貧困極まりない発想で日本国を混乱させ、復旧復興を妨げ、何もかもを停滞させた責任は重いです。そこらの大臣レベルであったならまだしも、一国の最高権力者として、いわばこの国を「部分破壊」したんですからね。「万死に値する」と言っても過言ではありませんよ。政治家として、その責任は取ってもらわねばなりません。
 とはいえ、この国は首相公選制を採っていないため、総理大臣としてどれほど酷かったとしても残念ながら我々国民が直接責任を追及する手段はありません。
 しかし、我々主権者たる国民は菅直人という政治家に対してその政治的責任を一切追及できないのかといえば、そうでもありません。
 次の選挙で、落選させればよいのです。
 引退して次の選挙には出馬せず政治の表舞台から姿を消されてしまうともうどうしようもないのですが、鳩山元首相のように案外辞めないものです。たぶん、次の衆議院議員選挙にまた出てくるでしょう。その時に、落選させる。それこそが、主権者たる国民ができる責任追及手段なのです。
 鳩山元首相や菅前首相のやってきた政治は、許されないものだと思います。そんな許されないことをした政治家は、きっちりと国民の手で落選させる。それこそが、日本の政治を変える手段だと思います。許されないことをした政治家は国会から退場させられる、そういうことが積み重なっていけば政治家は政治家であることに自覚を持つし持たざるを得なくなるんです。なのに、この国の政治家は、ある程度名が知れると退場の危険がほぼなくなっちゃうんですよね。だから、ふんぞりかえってしまう(バカならバカなほど偉そうにする)。そういう愚かな振る舞いを許しているのは私たち主権者たる国民であり、私たちが適切に選挙権を行使してこなかったからこそこの国の政治がこうもおかしくなってしまったのだということに、いいかげん気付かないといけないですよ。通すべき候補者を選ぶことがもちろん最も大事なことですけど、通してはならない候補者をきっちり落とすということも、選挙では極めて大切なのです。
 逆に、そんな最低限のことすらできないようなら、日本に民主主義なんてものはまだまだ根付いていないってことですな。「首相公選制を導入すべき」とか言ってるどっかの知事とかもいますけど、そんな程度の社会で首相公選制導入なんてね、100年早いですよ(導入したところで無責任な投票行動から知名度だけの候補が権力者になってしまって、暴走迷走して失敗を積み重ねるだけ)。主権者としてやるべきことをきちんとやって、今ある民主主義制度を最低限使いこなしてから、首相公選制なり大統領制なりへ変えるなら変えましょうや。

 次の衆議院議員選挙は、この国にとって本当に重要な選挙になると思います。民主党が、自民党が、だなんて低い次元の争いにしてはダメなんです。しっかりとした民主主義国家・日本を私たち国民の手で実現するのか、今まで通りのどうしようもない政治のまま落ちぶれていくのかを決める、そういった選挙になりますよ。
 今の政治情勢からすると来年の通常国会会期中以降ぐらいに衆議院解散となるように思います。その時、どういう投票行動に出れば日本の政治は変わるのか、しっかり考え、しっかりみんなで投票しましょう。

|

« G.F.F. METAL COMPOSITE RX-78-2 ガンダム(THE ORIGIN) | トップページ | VF-19改 ファイヤーバルキリー ~その3・サウンドブースター »

重い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« G.F.F. METAL COMPOSITE RX-78-2 ガンダム(THE ORIGIN) | トップページ | VF-19改 ファイヤーバルキリー ~その3・サウンドブースター »