« PlayStation Vita、発売日発表 | トップページ | F1 2011 シンガポールGP »

2011年9月21日 (水)

「Nikon 1」発表

 登場がウワサされ、先日日経新聞にスクープされていたニコンのミラーレスカメラが公式に発表されましたね。レンズ交換式アドバンストカメラ、その名は「Nikon 1」<公式ニュースリリース>。
 ミラーレス機ということでレンズ交換式なんですけど、マウントは新しいマウントシステム「Nikon 1マウント」だそうで。デジタル化されてもニコンは変えなかった伝統の「Fマウント」は、マウントアダプター・FT1を介して使えるようになるみたいですな。まぁ、Fマウントをそのまま使ってカメラ本体を薄く小さくするにはどうやっても限界がありますから、新マウントにするのは当然でしょうけどね……Fマウントを使っている人間からすると魅力半減かな。
 さらに、イメージセンサーが他社にない新規サイズとなる13.2x8.8mmのもの(約1インチ。ニコンは「CXフォーマット」と呼称するようです)を使うようですが……小さいですな。コンパクト機のものよりはずっと大きいんですけど、フォーサーズ(4/3インチ)と比べると小さいわけで。1010万画素と画素数は比較的少なめなので、ライバルとなるマイクロフォーサーズ機なみの画質は確保できそうかと思いますが、フォーサーズ機の絵って(特に最近の機種は)若干ノイジーで個人的にはあまり好きになれなかったりします。まぁ、ニコンとしてフォーザーズ陣営に入るわけにはいかなかっただろうし、かといってNEXのようにAPS-Cサイズのセンサーを使ったら自分の一眼レフ事業と食い合ってしまいますし、ペンタックスのQみたいに極小センサーというのも何だし……新規事業としてはこのへんが妥当な所なんですかねぇ?
 機能的には他社製のミラーレスをよく研究してあるようで、撮像面位相差AFを搭載してAF速度を上げたり、上位機には3型92万ドットの液晶を搭載してみたり、ミラーレス機の弱点を消すような装備をかなり詰め込んでありますね。このへんは魅力的かな。

 ただ、私はこれを「欲しい」と思わないですね。たしかに、うちにあるFマウントのAF-Sレンズをアダプターを介せばそのまま使うことができるのは良いんですけど、実撮影画角はレンズ表記焦点距離の2.7倍相当になるわけで……D90のキットレンズが48.6~283.5mmとなってしまうのでは、正直「カメラとアダプターを買ってまで使いたいと思わない」焦点域です(うちで最広角のATX124だと32.4~64.8mmですが、モーターないし、MFレンズとして使えるかどうかも不明)。私はAPS-Cで1.5倍になるのも何だからわざわざFXフォーマットなD700を買ってバカ重いのをガマンして運用している人ですし、これなら新たに作られる「1 NIKKOR」レンズを買いますわ。でも、そうまでするなら、大きなAPS-Cセンサーが使えて絵も好みなNEX-5Nでシステムを改めて組んでしまった方が個人的な満足感は高いでしょうな(改めて組むといっても、コンパクトさが売りのミラーレスカメラで交換レンズを一通り揃えて運用するつもりはないので標準ズームと広角とマクロあたり3本ほど買えば十分でしょう。なら、マウントに拘ることもなく、どこのメーカーのでも良いかな、と)。
 デジタル一眼レフでは“ニコン党”なんですけど、私はニコンに忠誠を誓ったわけでも何でもないので合理的理由があれば「宗旨替え」なんて簡単にします(実際フィルム時代はαユーザーだったし、ポートレートを撮るならEOSを選ぶと思う)。今、ミラーレス機を買うならば、私的にはやはりセンサーの大きいNEX-5Nですね。
 ま。いろんなカメラが出て、性能を競い合うのは素晴らしいことだと思います。今回の「Nikon 1マウント」機も第2世代第3世代と続いていくことで熟成が進んだら、私が「是非買い足したい!」って言ってるかも知れませんしね。大手で唯一ミラーレス機を出していない形となったキヤノンがどう出るのかわかりませんけど、キヤノンも出してきたらより面白くなりますな。出るんですかねぇ?

|

« PlayStation Vita、発売日発表 | トップページ | F1 2011 シンガポールGP »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PlayStation Vita、発売日発表 | トップページ | F1 2011 シンガポールGP »