« VF-19改 ファイヤーバルキリー ~その3・サウンドブースター | トップページ | 箱庭にはほど遠く… »

2011年9月 7日 (水)

サッカー・アジア3次予選開始

 2014年のサッカーW杯に向けた、日本代表の戦いが始まりました。
 日本代表は、アジア3次予選からの登場で、グループCに入りました。また、グループCにはシリアが入っていましたが、失格となったため、代わりにタジキスタンが繰り上げで入っています。
アジア3次予選
日本 1-0 北朝鮮
ウズベキスタン 1-1 日本

 2日のホーム・北朝鮮戦で開幕したのですが……日本代表は長友と本田、それと久々に召集された中村憲剛がケガで離脱しており、長友の代役は駒野、本田の代役は柏木が選ばれました。しかし、初戦ということもあってか日本代表の動きは硬く、0-0で前半終了。後半15分に柏木を清武に替えて香川をトップ下にしても、なお点は入らず、ロスタイムへ。「引き分けかな……」と諦めかけたんですけど、コーナーキックから清武のクロスを吉田がヘッドで合わせてゴール。すぐに試合終了となり、辛くも勝利することができました。
 そして昨日、アウェーのウズベキスタン戦が行われ、日本代表は阿部をボランチに入れて長谷部をトップ下に入れる布陣で臨みましたが、開始早々に失点し、前半は0-1で終了。後半、北朝鮮戦同様に清武を入れて攻撃的になった日本は、20分に内田のクロスを岡崎がダイビングヘッドでゴールへ押し込み、同点。この後は両方で攻め合いとなるも点は入らず、1-1で引き分けとなりました。
 とりあえず、ホームの初戦で勝ち点3を取り、アウェーの初戦を勝ち点1でしのいだ形で、勝ち点4・ウズベキスタンと並んでグループC 1位を確保したわけですけど……さすがはW杯予選、厳しい戦いですね。北朝鮮戦での入り方こそ極めて悪かったものの、徐々に調子を戻していってたし、ウズベキスタン戦の動きは悪くなかったと思いました。しかし、北朝鮮代表相手に攻めきれず、ウズベキスタン代表とはほぼ互角でしたからねぇ。北朝鮮戦では「本田がいてくれれば、もうちょっと中盤で……」と感じたし、ウズベク戦では「長友がいてくれれば、もっとサイドから崩せるだろうに……」と考えてしまったりで、この2人が今の日本代表にとっていかに大きい存在かってことを思い知らされましたよ。このうち、長友は年内に代表復帰できそうな感じですけど、本田は膝の手術を受けたために年内は無理ですからねぇ……まさかタレント揃いの中盤で代役がいないなんてことになるとは思ってもみませんでしたわ。
 ま、助かるのは、次がホームでのタジキスタン戦ってことですね。ここで、香川中心の攻撃的布陣の完成度を上げられれば、本田・長友抜きでも日本代表らしいサッカーできるんじゃないかな。11月のアウェー2連戦が過酷だけど、そこを乗り切れれば、最後はホームでのウズベキスタン戦ですからね。来年3月ですから、この試合はベストメンバーで臨めるかもしれませんし。

 何はともあれ、予選は勝ち抜くことが大事です。応援しますので、アジア最終予選に向けてまずは3次予選突破しましょう、日本代表!

|

« VF-19改 ファイヤーバルキリー ~その3・サウンドブースター | トップページ | 箱庭にはほど遠く… »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« VF-19改 ファイヤーバルキリー ~その3・サウンドブースター | トップページ | 箱庭にはほど遠く… »