« 民主党新代表選出 | トップページ | 第95代内閣総理大臣指名 »

2011年8月29日 (月)

F1 2011 ベルギーGP

 F1第12戦・ベルギーGP決勝が昨日行われました。
 夏休み明けということで、どうなるのか注目して見ていましたが……いきなり“スパ・ウェザー”による混乱で始まりましたね。
 予選。開催時間中ウェットからドライへ路面が刻々と変化する難しい状況で、ミハエルさん(メルセデスGP)がクラッシュしてQ3で脱落(最下位24番手)、バトン(マクラーレン)も時間切れと勘違いして最後のアタックをしないミスを犯しQ2脱落(13番手)、可夢偉(ザウバー)もQ2で脱落(12番手)。Q3は激しい争いとなり、結局ベッテル(レッドブル)がPPを獲得。2番手にハミルトン(マクラーレン)、3番手には1年間の契約延長が発表されたウェバー(レッドブル)。4番手にはマッサ(フェラーリ)、5番手にロズベルグ(メルセデスGP)。6番手にはアルグエルスアリ(トロロッソ)、7番手にはハイドフェルドの代わりにルノーに乗ることになったブルーノ・セナが入り、アロンソ(フェラーリ)は8番手に沈みました。
 決勝。コンディションはドライ。初周、ロズベルグが好スタートから一気に先頭に立ったのでビックリしたんですけど……3周目にDRSが解禁になるとあっさりベッテルに抜き返されました。で、4周目には激しい予選争いでタイヤにブリスターを発生させていたウェバーが、いきなりタイヤ交換のためピットイン。同時にバトンはミディアムからソフトに交換。6周目にはベッテルが1回目のピットストップと、序盤からタイヤ交換が相次ぎ「後の展開はどうなるんだろう?」と思いましたが、この後は比較的落ち着いたピット戦略となりました。9周~12周の間にアロンソ/マッサ/ハミルトン/ロズベルグが1回目のタイヤ交換。13周目にハミルトンが可夢偉に接触してリタイアしたためセーフティーカー導入となったんですけど、ここではベッテルとバトンがすぐピットに入り順位をほぼ落とさず、可夢偉は次の周に入ったため順位を落としました。その後は、30周~32周目に各車ピットインするという戦略でしたね。優勝したベッテルはソフト3本を使い切って最後ミディアム、後半追い上げて2位となったウェバーはソフト→ミディアム→ミディアムとつないだ2ストップ。3位にまで上がったバトンは、逆にミディアムでスタートしてソフトを3本使い切る作戦でした。今回は表彰台に乗ったドライバーのタイヤ選択がバラバラで、面白いレースになったと言えるかな。アロンソは最後に使ったミディアムタイヤでスピードが伸びず4位、5位には最後尾から淡々と順位を上げたミハエルさんが入り、6位はロズベルグ。序盤は表彰台争いをしていたマッサは1回余分にピットインしたため8位に終わり、可夢偉はセーフティーカー導入時のピットインタイミングの間違いが最後まで響いて12位完走でした。予選でいきなり7番手を獲得して注目のブルーノ・セナは、スタート直後の1コーナーでアルグエルスアリと接触→ピットインが響いて13位完走でレースを終えました。
 終わってみれば、レッドブルが速かったですね。ベッテルも速かったけど、ウェバーが今回は凄かった。解説の右京さんも言ってましたが、ミディアムタイヤであのスピードはとんでもないですなぁ。スタート失敗病さえなければ、2勝くらいはしてそうなんですけどw。また、バトンの追い上げっぷりからしても、マクラーレンも速かったんでしょうね。フェラーリは序盤は良かったのに……アロンソがコメントしているように、ミディアムタイヤへの対策が遅れているんですかね。メルセデスGPが速くなったのとルノーが復調してきたのも見逃せません。その分、ザウバーは厳しくなった感がありますけど……何とか頑張ってもらいたいですわ。

 次のイタリアGPで今年のヨーロッパラウンドは終わりとなります。超高速サーキット・モンツァではエンジンパワーと空力特性ともに優れるマクラーレンが速そうですけど、どうなるのかな?ホームグランプリとなるフェラーリには頑張ってもらいたいです。

|

« 民主党新代表選出 | トップページ | 第95代内閣総理大臣指名 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 民主党新代表選出 | トップページ | 第95代内閣総理大臣指名 »