« 2430万画素ですか | トップページ | 「戦国無双3 Empires」&「新ギレンの野望」到着 »

2011年8月25日 (木)

プロデュース7周目終了

 前回<こちら>書いた通り、7周目やってみました。
 ただ、シングル2曲目で、リセットかけまくって何度もトライしてみたものの、何をどうやってもブレークがかからず……24週目まで進めたものを、仕方なく最初からやり直したりしました。
 というわけで、今回の記録はそのやり直したときのものです。

 開始時のプロデューサーランクは、LV.10(真アイドルマスター)。リーダーは最初から最後まで四条貴音。ユニット2人目は如月千早、3人目には天海春香を選択しました。今回も「ボーカル1点突破」の方針で、ボーカル最強メンバーを揃えてみました。
 シングル1枚目は「迷走Mind」を選択。いつものように売り込み最小限&資金営業+ボーカルレッスン重視でやりまして、60位スタート→7週目49位で、50位以内確保で仕事のランクを上げました。ここで小柴記者をつけたら、都合良く「はなうた」状態になりまして、8週と9週はボーカルレッスンx4でイメージレベルをLV.4から一気にLV.7まで上げました。
 シングル2枚目は春香の持ち歌「GO MY WAY!!」を選択して、勝負をかけたんですけど……これが、今回ことごとくうまくいかなかったです。やり直す前もやり直した後も15週目に21位になったんですが、そこから上がらず。3曲目のリリースを遅らせて竜宮小町とのリベンジ戦でブレークを狙ったんですけど、それもダメ。今回ラッキースターを出しまくってたんですが、ホントどうやってもブレークがかからなかったです。ほぼノーミスでラッキースターが6~7回出るようなステージを積み上げていったはずだし、21週目の竜宮小町リベンジ戦もベストの結果を求めて10回はやったはずなんですが、どうやろうとランキングは21位で不動でしたね。本当に参りましたよ。ブレークの発動条件って一体何なんでしょうか?
 2曲目ではどーしようもないので、結局USBメモリにバックアップしておいた19週目のデータに戻し、素直に3曲目をリリースすることにしました。3曲目は「relations」を選択。持ち歌で勝負をかけることなく、「4周目の千早のとき<こちら>みたいに25週目に20位以内に入ればいいや」と半ば諦めモードでリリースされる22週目まで進めたら……22週目、いきなり66万枚売れてランキング2位獲得。「えええ!?」と思わず叫んでしまいましたわ。「SUPER BREAK」の表示がついていたので、初のスーパーブレーク発動となったようです。ちなみに、準備期間中何をしたか書いておくと、
19週目:資金営業+ボーカルレッスンで、イメージレベルLV.10に
20週目:全国オーディション合格
21週目:フェス・竜宮小町リベンジ戦
22週目:クインテットライブ成功
です。持ち歌でもないし、ラッキースターもちょくちょく出ていただけなんですが……なんで春香の持ち歌であれだけラッキースターを稼いでブレークがかからず、誰の持ち歌でもない曲でサクッとスーパーブレークがかかるのやら。さっぱりわかりませんでした。
 結果、20位以内を22週目でクリアできまして、仕事のレベルがもう一段上がりました。そして、25週目には売り上げが152万枚となり、ランキング1位に。25週目は天ヶ瀬冬馬の「Alice or Guilty」が初ランクインしてくる週ですが、「1位獲得」で吹き飛ばせるかと思いきや……喜ぶのも束の間で、結局765プロがお通夜状態になったのには笑いましたねw
 4曲目は千早の持ち歌「目が逢う瞬間」を選択。試しに、こちらでもスーパーブレークを狙ってみたんですけど、こちらは不発でした。
27週目:全国オーディション合格
28週目:資金営業+ボーカルレッスン
29週目:全国オーディション合格
30週目:クインテットライブ成功
で、ラッキースターも「relations」より多く獲得していたと思うのですが、発動しませんでした。スーパーブレークも何が条件なのやら、さっぱりですわ。で、「目が逢う瞬間」は31位スタート→5位→4位→3位までいきましたが、そこで止まってしまいました。
 5曲目は貴音の持ち歌「My Best Friend」を選択。安宅記者がついていたので、準備期間中の37週にさっさと上方エリアを制覇してしまえたのは大きかったですわ。で、38週にリリースされて28位スタート→5位→2位ときて、41週に「relations」を抜いて1位となりました。以降、ちょっとずつ売れ続けて、最終的には200万枚超えてましたね。
 あとは、44週目に北東エリアを制覇、45週目に南エリア、46週目に西エリア、48週目に中央エリア、51週目に首都エリアを制覇しまして、今回は全エリア制覇してみました。「歌姫・歌王子フェス」では「My Best Friend」を歌ってブレーク、その他では地方オーディションで「目が逢う瞬間」を歌ってリバイバルを狙ったんですけど、今回はどちらもかかりませんでした。今回は、ブレーク/リバイバル/スーパーブレークが本当に訳わからなかったです。
 最後はまたBK MANIACへ衣装・アクセサリーの買い出しに出向きまして、ジュピター戦も特に問題なくクリアしました。ファン人数が70万人を超えた(自己新)ビデオを撮れたのでファン人数ランキングにアップしてみたところ、370位でしたわ。
 今回の結果は、今回の結果は、グループイメージレベルLV.13(思い出レベルはLV.3)でB、ハイスコアは64867(「目が逢う瞬間」で安宅記者取材中)でS、楽曲売り上げトータルは600万枚でS、最高チャート順位と巻戻りトータルもSで、総合評価Sでした。社長の評価は「息の合った最高のユニットだったな!そして三人とも君を非常にしたっていたようだね。次のプロデュースも、この調子で頼んだぞ。」でした。3人とも慕ってくれていたってのは何よりです(前回千早に嫌われたようだったので、今回は千早にものすごく気を使いました。千早が気に入る衣装にしたり、資金営業は千早ばかり選んだりw)。

 戦略はお決まりの「ボーカル1点突破」ですからさして考えることもなかったのですが……ブレーク/リバイバル/スーパーブレークですよ。まったく何で発動したりしなかったりするのやら。まぁ、スーパーブレーク一発でランキング1位と楽曲売り上げトータル:Sを取れたからよかったものの、困ったもんですわ。ちなみに私のコーディネートは、衣装がパレスオブドラゴンかリリーオブグレン(嫌がられたらラフタイムスクール)/アクセサリーは星のイヤリング・三日月チョーカー・運命の赤い糸・星のアンクル/お守りがむしゃはる秘符(フェス)・あわんこのお守り(フェス以外)、でした。
 貴音のストーリーは……一番年上だからか、ちょっと嫌な話でしたね。「そういや発売当初、“枕”がうんたらかんたら言われて叩かれてたなぁ」とか思いましたけど、実際ちぐはぐな印象を持ちました。最初のオーディションでいきなりあまとうを叱り飛ばしたり黒井社長をへとも思わない図太さがあるかと思えば意志が弱いと言ってみたり、「ニュータイプか!?」ってくらい鋭いのに(つーか、この人○ーン○イスなニュータイプじゃないかとw)ややこしい話に巻き込まれて混乱してみたり、「そうはならないんじゃないかな」って展開でしたわ。まぁ、トゥルーENDでひっくり返ってバランスが取れた感じにはなりましたけど……これ、普通のエンディングだったり、IA大賞取れなかったりしたらどうなってしまうのやら。また、貴音の持ち歌が「My Best Friend」ってのも違和感あったなぁ。「my song」とか「i」の方が貴音さんのイメージには合っている気がしましたけどね、私は(「胸が揺れる振り付けだからか?」って邪推したりもしてみましたが……「何やら黒い気配が!」とか言われちゃうかなw)。

 さて、これで「アイドルマスター2」の見たいキャラクターのエンディングは全部見ました。あと、響とやよいが残っているけど、どちらもあまりキャラとして好きではないから特に見たいと思わないんですよね(響がステージで「Next Life」を歌ってくれるならエンディングまでやるけど、収録されてないしぃ)。今日「戦国無双3 Empires」が届いて、12月にPS3版の発売が決まった「機動戦士ガンダム EXTREME VS.」まで買うソフトが目白押しなので、やる時間もないし。おそらくは、これにて「アイドルマスター2」は卒業ってことになりそうです。
 「アイドルマスター2」は、見た目からして“イロモノ”だし、いろいろ言われてはいるけど、ゲームとしてはかなり硬派なシミュレーションでしてとてもよくできていると思います。PS3版では難易度の低いモードもつくみたいだし、より多くの人にプロデューサーとなって遊んでもらえるといいんじゃないですかね。

|

« 2430万画素ですか | トップページ | 「戦国無双3 Empires」&「新ギレンの野望」到着 »

ゲーム・ゲーム関連製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2430万画素ですか | トップページ | 「戦国無双3 Empires」&「新ギレンの野望」到着 »