« “右翼”もまた国家をおかしくする | トップページ | 乞食のごとき発想 »

2011年8月18日 (木)

プロデュース6周目終了

 盆休みってことで、「アイドルマスター」襲名を目指してやってみました、6周目。四条貴音でいってもよかったんですけど、貴音を終わらせてしまうと最終目標である「真アイドルマスター」の称号をとる気力が無くなりかねないので、菊地真を選択してみました。
 結果は、今回も完全制覇でした(但し、首都エリアは制覇せず)。
 以下、完全制覇までの記録です。

 開始時のプロデューサーランクは、LV.08(超売れっ子プロデューサー)。リーダーは最初から最後まで菊地真。ユニット2人目は天海春香、3人目には如月千早を選択しました。真はダンスが得意ですけど、今回も「ボーカル1点突破」の方針でいくことに。
 シングル1枚目は「i」を選択。前回<記事はこちら>同様に仕事のレベルが上がるチャート50位以内に入るためだけに使い、売り込みは最小限にしたんですけど……今回は6週目にユニットが「らぶすね」状態に(千早が仲間はずれ)。夜の説教ですぐ仲直りしたからよかったんですが、こんな早くにユニットの状態が悪くなったのは始めてだったのでビックリしました。翌週47位ランクインで無事に仕事がレベルアップ。その後資金営業とボーカルレッスンを繰り返してたんですが、9週目にはランキング21位まで上昇しました。竜宮小町戦敗北後の「ぎすぎす」はいつもの通り全国オーディション+夜の説教で一発回復。あと、13週目にも「らぶすね」状態(真が仲間はずれ)になったんですが、これも夜の説教で一発回復できました。
 シングル2枚目は、春香の持ち歌「GO MY WAY!!」を選択。前回同様春香をセンターにしてここで勝負をかけたんですけど……60位スタートで翌週には21位になったんですが、今回ラッキースターがあまり出なかったんですよね。で、キープがかからなかったのか、21位で止まってしまい、17週目で「20位以内」がクリアできなかったです。いやぁ、前回より入力ミスを減らして本気で勝負かけてただけに、これは痛かったですわ。で、悩んだ結果、今回は初の「リリース時期変更」を試してみることにしました。19週目で3枚目の選択をせず、2枚目のまま進行させて21週目の竜宮小町リベンジ戦を「GO MY WAY!!」で戦い、勝利。この「フェス勝利」でブレークがかかりまして、一気にランキングが2位まで上昇、これで「20位以内」をクリアして仕事のレベルを上げることができました。
 次の22週目にシングル3枚目「relations」を選択。いつも5枚目にもってきて“決戦曲”にしてたんですけど、今回はリーダーの持ち歌を5枚目にしようと思っていたので、“捨て”の3枚目になりました。売り込みはリリース週に全国オーディションをあてるぐらいに留めて、あとはレッスン重視+資金営業に回しました。が、それでもランキングは31週目に4位まで上昇しましたね。
 30週目にシングル4枚目「目が逢う瞬間」を選択。千早の持ち歌なので、千早をセンターにして積極的に売り込んだんですけど……あまりうまくいきませんでした。42位スタート→10位→4位→2位とランキングは順調に上昇したものの、そこで止まってしまいました。ただ、ファン数は順調に増やせていたので、38週に中央エリア、39週で西エリアをさっさと制覇できたのは大きかったですね。
 40週目、シングル5枚目にリーダー・真の持ち歌「迷走Mind」を選択。4枚目がイマイチだったので、気合いを入れ直し徹底的に売り込みました。結果、スタートで25位、キープキープで6位→2位へ上昇し、リリース4週目である46週は「歌姫・歌王子フェス」で南エリア制覇に使ったんですけど、すんなり1位を獲得してくれたので「完全制覇」が大幅にラクになりましたね。安宅記者を連れていたので翌47週に上方エリア、48週に北東エリアを制覇してしまい、この時点で“部門賞総なめ”を確定させることができました。
 いやぁ、「完全制覇」っていうから今までずっと「首都エリアも制覇する必要がある」と思い込んでいまして、前回・前々回は首都エリアも制覇してたんですけど、首都エリアに部門賞はないため「完全制覇」って首都エリア制覇は条件じゃないんですな。ネットを調べてたらそんなことが書いてあったので、本当にそうなのか試す意味もあって、今回首都エリアはほとんど放置してみました。結局、今回首都エリアのファン数は1度も10万人を超えず、当然「歌姫・歌王子フェス」も出現すらしていなかったんですけど、「完全制覇」と判定されましたよ。
 首都エリア制覇の手間を省いたため、49~53週は自由時間になりました。そこで、楽曲売上を増やそうと「目が逢う瞬間」のリバイバルを狙ってオーディションに出まくったんですが、ハイスコアこそ出せたもののリバイバルはまったくかからなかったです。とにかくラッキースターが出なかったんですよね……最後の53週目はもう諦めて、3周目で行ったきりずっと行けずにいたBK MANIACへ衣装・アクセサリーの買い出しに出向きました。貯まってた100万ぐらいを一気に使って買いまくったのは実に楽しかったですw。で、54週目はフツーにジュピターを撃破しました。そこで「迷宮Mind」がブレーク、一気に200万枚を突破したため、結果的に楽曲売上の評価を上げることができましたわ。
 今回の結果は、グループイメージレベルはLV.13(思い出レベルはLV.3)でB、ハイスコアは61663(「目が逢う瞬間」で安宅記者取材中)でS、楽曲売り上げトータルは670万枚でS、最高チャート順位と巻戻りトータルもSで、総合評価Sでした。社長の評価は「最高のユニットだったな」は同じだったものの……「二名が君をしたっていたようだ。」ってなってるのを見て愕然としました。メールが3人から来ているから安心しきっていたんですけど、そういえば千早は服の選択で文句しか言わなかった/夜に会話してくれたことが1度もなかったんですよね。千早に慕われてなかったのは明らかでして、今回「目が逢う瞬間」が鬼門みたいになったのはそのせいかもしれません。「1度くらい千早の好みに合わせた服にしておけばよかったんかなぁ」と後悔しましたわ(その程度で慕われるのかどうかは分かりませんけどw)。

 首都エリアを放置してもよいとわかっただけで、ここまで攻略がラクになるとは思いませんでした。あと、同じ戦略で同じようにやったとしても同じ結果にはならないこと、また「リリース時期変更」という別の選択肢もあって攻略に幅があることもわかりました。「このゲーム、深いなぁ」と改めて感心しましたよ。
 真のストーリーは……某サ○ラ大戦のファンとしては「まんまカンナじゃないかあぁぁぁっ」と叫びたくなってしまいましたが、まぁ、「かわいかったから許す」ってところですかね。某ナンパ師が絡んでくるのは予想外だったけど、トゥルーENDは予想できうるものだったのでそこは残念だったかな。

 終わってみたら、実績が4つ解除されまして、「俺と真。」「ロールケーキ賞」「アイドルマスター」は予想通りだったんですが「真アイドルマスター」まで解除されちゃったんですよね。「超売れっ子プロデューサー」(LV.8)からの2階級特進はないと思ってたんですけど、キャラクター全員を1度でも使ってクリアしていたら(※リーダーでなくサブメンバーで良いらしい)特進できるようですな。こんなことだったら、6周目で貴音を選んでおけば良かったのですが、後の祭りですw。まぁ、やりますよ。予約してある次のゲーム発売日である25日までは時間ありますから、その間に貴音さんもクリアしちゃいましょう。
 「今さら」ではあるのでしょうが、ベスト盤CD「MASTER OF MASTER」ってのをレンタルしまして、最近聴きまくってます。現在放送中のTVシリーズも面白いし、OP曲「READY!!」も素晴らしい曲ですし(今さらながら買ってみました、限定盤)。「アイマス」の世界ってのも、良いものですな。
<7周目の記事はこちら

|

« “右翼”もまた国家をおかしくする | トップページ | 乞食のごとき発想 »

ゲーム・ゲーム関連製品」カテゴリの記事

コメント

どこで小鳥さんの歌を聞かれたんだろうと思ったのですが、MASTER OF MASTERだったんですね。ベスト盤ならBest of 765+876=!! Vol.01~03というのもお勧めです。01がソロ、02、03がユニット楽曲で、MASTER OF MASTERと大きく違うところは貴音、響(愛、絵里、涼も)の楽曲があるところですね。
「READY!!」は限定版を買われているとは思いませんでしたw中の人トークは一応のメインヒロインと新規加入メンバーという無難な人選でしたね。例えば、アイマスも声優さんもあまり詳しくない人があずささんの中の人見たら絶句ものなので、そこはナイスチョイスだったかとw

投稿: げるぐぐ | 2011年8月18日 (木) 01時34分

小鳥さんの「空」は、実に良い歌で結構感動しました。あと、オススメの1641は既に3枚手元にあったりします。iPodに放り込んで聴いてますわ。日曜になったらステレオでじっくり聴いてみようかな。
「Ready!!」も素直に良い曲だと思いましたよ(カップリングは……でしたが)。なぜか双子のサイン色紙もゲットしてます。「Ready!!」初披露のライブでどうしてかけ声がバッチリなのか訳がわからないよって感じですけど、Pの熱意があれば何でもできるんですかねw

投稿: ブルーメール | 2011年8月18日 (木) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “右翼”もまた国家をおかしくする | トップページ | 乞食のごとき発想 »