« 愚の極み | トップページ | テストドライブ アンリミテッド2 ~イベントコンプリート »

2011年7月24日 (日)

地上アナログ放送終了

 今日7月24日をもって、テレビの地上アナログ放送が終了となりました。被災地の岩手県・宮城県・福島県の移行が延期されたため「完全」とはなりませんでしたが、これにて日本も“地デジ化”ですな。
 前々からずっと言われてきたので、わかりきったことで「今さら」ではありますが……やはり、私が生まれる前からずっと使われてきた「地上波アナログチューナー」という機械が、今日をもって完全に不用のものになるってのは感慨深いです。「地上波アナログチューナー」が搭載されているのは、テレビだけではありません。アナログ放送を録画するためのVTRデッキにもそれぞれ載ってますし、ラジオチューナーの一部としてラジカセや携帯音楽プレーヤーに載ってたりもしますし、前に使っていたケータイ・V603SHにも搭載されていましたし(V603SHはシャープ製のボーダフォン用ケータイ。ケータイ機能は使えないけどテレビ機能は使えるので、いざって時の「携帯テレビ」として今でも家に残してあったのですが……今日でその役割も終了のようです)。何かしら「チューナー」ってもんが入っててかつ「地上波アナログチューナー」は入っていない機械、ってのはうちにはほとんどないですから(先日買ったばかりのBDレコーダー・ソニーBDZ-AT500と、この記事を書いているソニーVAIO F VGN-FW54FBぐらいかな?)。それぐらい当たり前に存在し、当たり前に使ってきた機械が、ある時点をもって一斉に使えなくなるってのはね。なかなかないことですから。
 ただ、そんな“大きな節目”とはいえ、明日からは「地上波アナログチューナーが不用になる」ってだけでして、テレビ放送は相も変わらず流れ続けてるんですよね。明日からは何かしら「全く新しい放送」に変わってくれたらいいんだけど、そんなことは一切なく、電波の一部帯域を占有して昨日も今日も明日もダラダラと(ほとんどが)くだらないプログラムを垂れ流してるだけだったりするわけで……その点では、何の感慨もないですな。むしろガッカリしてしまいます。「少しぐらいはグレードアップしようよ」って言いたくなるんですけど、今の日本にはキー局でさえそんな予算はどこにもないし、気概すらないですものねぇ。何かを変える絶好の機会といえなくもないのに、実に残念ですよ。
 それに、今回の“地デジ化”ってのは、テレビをデジタル化/ハイビジョン化するってことの他に、占有帯域をUHF域のさらに狭い帯域に集約することで従来のVHF域とUHF域の一部を空け新たな利用を図るってことも目的になっていたのですが……この話があまり進んでいないようで。これだけ準備期間があったというのに、空いた帯域を使った新サービスの開始時期は全く不明ってどうなってんでしょうな?利害関係がややこしくてどーにもならんのかもしれませんけど、それを調整するのが管理者たる行政の仕事ですよね。キッチリ仕事していれば「来年からは新しいサービスが始まりますから」ってアナウンスされたりして、「“地デジ化”すると、こういう良いことがあるんだ」って誰にでもわかりやすかっただろうになぁ。これじゃ、何のために“地デジ化”したんだかわかりゃしないですよ。管理者としてバシッと決められなかったんですかねぇ(まぁ、実際のところ、「空いた帯域の有効活用」ってのは後付けの目的だったんでしょうけど。「意味ないだろ」ってどっかから言われたんで、言い訳がましく取って付けた屁理屈……役人がよくやる手口で。だから、やる気もなくて調整もつけられず、今のグダグダになってるのではないかなw)。
 あと、ようやく実施できたデジタル化/ハイビジョン化ってのも実に中途半端な仕様でして、そもそもの情報量が1080i(インターレース)な上に、1440x1080ピクセル分しかなく、エンコード方法と圧縮率の関係でモスキートノイズまみれで動きが激しいとすぐ絵が破綻するという……なんとも“やっつけ仕事”な感じが残ってしまったんですよねぇ。「規格化というのは妥協の産物でしかない」といえばそれまでですけど、「もうちょっと何とかならんかったんか」と思いますわ。まぁ、「後の祭」なんですがね。

 ネットを見ていると「テレビの時代は終わった」とかテレビ不要論を語る人がちらほらおられるんですけど、残念ながらインターネットはまだ既存のメディアの補足補完的存在でしかありません(ネット情報だけではソースたり得ないのがその理由。何かしらの情報を発信する際に、新聞やテレビ局などの既存メディアによるネット記事をソースにしないといけないってことは、インターネットってのはまだまだ自立していないってことなのです)。これからも既存のメディアは存在していくだろうし、その頂点は当分テレビだろうと思います。
 であるならば、メディアの頂点に立つものとして、テレビにはこれまで以上にしっかりした情報を、しっかりと伝えてもらいたいものです。予算に余裕があるNHKはまだ頑張っていると思うけど、最近の民放は酷いのが多いですからねぇ(予算不足故のあからさまな手抜き、バラエティ番組偏重、韓流偏向……いい加減にしてほしい)。スポンサー不足でお金がないのはわかるけど、本当に「テレビなんていらない」となってしまわないよう何とか頑張ってほしいですわ。

|

« 愚の極み | トップページ | テストドライブ アンリミテッド2 ~イベントコンプリート »

時事・雑事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愚の極み | トップページ | テストドライブ アンリミテッド2 ~イベントコンプリート »