« テストドライブ アンリミテッド2 ~イベントコンプリート | トップページ | プロデュース5周目終了 »

2011年7月28日 (木)

iPad2の使い勝手

 iPad2(64GB・Wi-Fiモデル)、購入以降連日利用しております。

Ipad2_2
 外装の保護には、SimplismのiPad2用液晶保護フィルム(バブルレス/アンチグレアタイプ)とiPad2専用ハードカバー(クリスタルクリア)を使っています。
 液晶保護フィルムは、iPad2を箱から出して動作することを確認した後すぐに貼り付けました。照明などの映り込みがキライで、iPod touchでもアンチグレアの保護フィルムを使っていることから、私用のiPad2でもアンチグレアなフィルムを選んでみたのですが……正直なところ、光沢タイプの方が良かったですわ。家用のiPad2には同じバブルレスの光沢タイプを貼ってあるんですけど、比べると圧倒的に光沢タイプの方がキレイに見えるし、映り込みもiPadの中途半端な画面だとさほど気にならなかったりします。あと、タッチ操作なので指の皮脂が画面にベタベタとついて目障りなのはどちらも同じですが、アンチグレアだと画面が曇ったようになってしまうためにベタベタ状態でも光沢タイプより見にくく思えるんですよね。
 保護フィルムは両方とも私がiPad2に貼り付けたんですけど、“バブルレス”を謳うだけあって気泡は入りにくく、面積が大きい割に貼りやすかったことは貼りやすかったですね(ホコリが必ずと言ってもよいくらい入るので、セロテープで取り除きながらでしたけど)。
 ハードカバーは、「要らないだろ」と思ってたんですけど、背面素材がアルミでして、使っているうちにキズがついてしまったよーな気がしたので「つけた方がいいかな」と思うようになり、買ってみました。製品自体は何の問題もなくピッタリはまって傷から背面をガードしてくれているのですが……なんか、つけるとiPad2を重く感じたりします。重量バランスが変わるのか、持った際の感じにビミョーな違いが……カバー自体は80gほどしかないようなのですがねぇ。ちょっと不思議です。
追記:私のiPad2の表面ガラスが突然割れるというハプニングがあり(原因不明)、落下等による外傷が見られないことから交換となりました。液晶保護フィルムは改めて貼り直すこととなったので、Simplismのバブルレス/光沢タイプに変更しました。指の皮脂もさほど目立たないので、私はSimplismなら光沢の方がやはり良いと感じましたね。ただ、指の滑りに関してはアンチグレアの方が良かったです。あと、ハードカバーも外すことにしたんですけど、こちらも外すと随分軽く感じますな。

 で、使い勝手ですが、良好です。
 私のiPadの主な使い途は、ネット閲覧です。Safariでのブラウジング、ダウンロードした公式アプリによるTwitter、それとアップストアで落としたBloomberg for iPadで市場のチェックといったところかな。標準添付のSafariですが、Flash非対応の点(あと、javaも一部非対応)を除けばフツーに使えます。Wi-FiはIEEE802.11aで繋いでいるんですけど、ページもほとんど引っかかることなくササッと描画しちゃいます。IPS方式の液晶で広視野角かつ表示が鮮やかというのも良いですな(当ブログの写真も「これ以上ない」ってくらいイイ感じに映ります)。設定を変更しさえすればユーザー名/パスワードも管理できますから、ネットショッピングもPC同様にできたりしますし。iPad用のTwitter公式は、PC用公式よりむしろ快適なぐらいです(ときどき読み込みがおかしくなったりしますが……Twitterのサーバーの問題なのか、クライアントに問題があるのかよくわかりません)。ソフトウェアキーボードでも、横向きにすればPC並みにスイスイ文字入力できるってのは、iPadならではですかね。また、Bloomberg for iPadは無料なのが信じられないくらい高機能です(表示は英語ばかりで日本語化されていないんですけど、さして問題にはならないでしょう)。これらをボタン一発で起動して、待ち時間ほぼ無しでポンと使えてしまうというのは本当に素晴らしい。
 また、i文庫HDも使っています。iPad用に作りなおされた電子文書ビューワーで、有料ではありますが、テキスト形式の文章データをPCからiTunesを通して転送すれば文庫本形式で表示してくれて便利です。内蔵しているカメラ機能は、無料アプリのPhotoshop EXPRESSで管理しています。まだ“お試し”程度にしか使っていないんですけど、Twitterとかに画像投稿する程度ならこれで十分いけそうな気がします。
 あとは、「デカいiPod」として、動画と音楽のプレーヤーにも利用しています。iTunesで管理しているiPod用のライブラリをそのまま放り込んであるのですが……問題になったのは、アルバムのジャケット画像ですかね。今まで表示されるのがiPodの小さい画面だったので、200x200ピクセルの画像を使って管理してきたのですが、それをiPadで再生すると拡大表示されちゃって、まぁヒドイことにw。ということで、結局すべてのアルバムのジャケット画像を500x500ピクセルのものに作り直しましたよ。いやはや、最近のアルバムだとamazonに画像がアップされてたりするのでそこからiTunesに落とせば何とかなるのですが、ちょっと前のアルバムだと圧縮されすぎた粗い画像データしかなかったり、古いアルバムになるとそもそも500x500サイズなんてものはなかったりで……データを集めるのには苦労しましたよ。手持ちのアルバムであればCDのジャケットをスキャナーで取り込むこともできるのですが、そうじゃないのはどっかから拾ってくるしかありませんからなぁ。Google先生の画像検索とかを駆使して、最終的には全部のジャケットを500x500に統一することができました(時間はアホほどかかったんですけどねw)。
 バッテリーの持ち具合は、メールアカウントを設定してからちょっと悪くなったような気がします。他にもアプリがあれこれ増えたのも関係しているかもしれませんが、それでもちょくちょく使う程度であれば3日は持つ感じですね。節電対策としてバッテリー駆動時間に期待して買ったわけですが、その期待には今のところ応えてくれていますよ。

 決して安くはないですし、言うほど軽くもないので「カバンに入れて持ち歩きたい」とは思わないのですが、家の中で気軽に使えるデジタルデバイスとしては本当に良くできていると思いますね。用途が限定されますけど、特定の用途であればノートPCを代替するだけの能力を備えていると実感していますよ。特に起動/終了のプロセスがないってのは本当に大きいです。サッと取り出して瞬時にネットを閲覧できるというのは素晴らしいです。それもバッテリーだけで長時間駆動できるのですから、今の節電節電な日本にはぴったりかと。
 問題は、PCほど万能ではないため、用途がどうしても限られてしまうことですかねぇ。合う人には合うけど、合わない人にとってはまったくのムダなデバイスにもなりえますから……そのへんは、買う前に予め用途を考えておく必要があるでしょうね。
 iPad2にはこれからもっともっと活躍してもらうつもりですけど、何か新しい活用法が見つかったらまた記事にしたいと思っています。

|

« テストドライブ アンリミテッド2 ~イベントコンプリート | トップページ | プロデュース5周目終了 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« テストドライブ アンリミテッド2 ~イベントコンプリート | トップページ | プロデュース5周目終了 »