« 大地震発生から三ヶ月 | トップページ | ブルーレイレコーダー購入 »

2011年6月14日 (火)

原発リスク

 イタリアで行われた原子力発電再開の是非などを問う国民投票で、反対票が圧倒的多数かつ投票率が過半数を超えたためにイタリアでは原発再開が不可能になったようですな。
 この結果を受けて日本のマスコミ及び原発反対派は大はしゃぎしておられますが、やっぱり日本の原子力発電事業は一斉に全放棄しちゃった方がいいんですかね?「原発をなくせるなら、電気なんかなくたって構わない」って極論にまで共感する人がネットにはいるって現実を見てしまうと、考えさせられてしまいますわ(本当にこの国から電気がなくなったら、こういう人がどういう反応を示すのか見てみたいものですが)。
 新聞の見出しを見てると単純に「イタリア国民は原発にNoを突きつけた!」って風にとれるんですけど、実際は「一度完全廃止した原発を、再開することに反対した」のであって、現在も原子力稼働中の日本や、ドイツの廃止決定の場合とは少し違うことには留意しておかないといけないと思います。あと、上にある通り「是非などを問う」国民投票だったということも留意してもらいたいですな。「スキャンダラスな政治家を法廷に引っ張り出すか否か?」という下世話なとっつきやすい投票も同時に行われたんです。日本人も大好きですよね、こういうの。それに釣られた人もいたってことです。原子力に圧倒的多数が反対したって事実はもちろん大きいことですけど。
 同じような国民投票が日本でもしできるとしたら、どうなるんでしょうな。「当然原発なんて今すぐ全廃だ!そう投票しないヤツは非国民だ!」みたいに言う人がネットでは最近増えてるように思いますけど、本当に皆がそういう意見なんですかね?私の持論は「原発を基本的に維持、代替エネルギーがあればその分を段階的に縮小」ってところなのですが。ええ、原子力支持ですよ。「お前は子供の未来を考えない非国民だ!」と罵る人がいるかもしれませんが別に構いませんわ。私は日本の国益も何も考えず脊髄反射で「反対」「反対」と叫ぶような人間にだけはなりたくありませんから。日本から工場がなくなって仕事がなくなり、食べていけなくなって、灯りもなくてって生活になるのは困るんです。私は老人の保身優先で仕事をどんどんなくし若者の未来を潰していくこの国の風潮にうんざりしてるんですが、言う人に言わせれば「子供の未来」だけはさんさんと輝いているんですな。今を担う若者にすらない未来が、電力の安定供給までも放棄してどうやって子供には残せるのか、教えてほしいものです。命さえあったら生活できますか?息できるってだけで、未来はありますか?失業した人収入のない人返せない借金している人が今どれほど酷い扱いを受けているか(※生活保護を受けている人を除く)、考えたことありますか?今の日本社会で、経済的裏付けの一切ない「未来」なんてものがあるのか、私のアタマじゃ理解できませんが。

 で、例の府知事さんが原子力発電に関してTwitterでこんなことをつぶやいておられました<アカウントはこちら>。引用させてもらいますと(※6/12アップ分。一部ですので、できれば一通り読まれることをお勧めします)
「今の都道府県を前提とする限り、大阪や兵庫、京都と言う電力消費地に、原発を設置するという方向を目指さない限り、原発問題は統治できない。大阪湾のどこかに原発を立地する。大阪府民の皆さん、リスクを採るか、利便性・ 経済性を採るか、どちらにするか。」
「社会の利便性・経済性を重視して原発のリスクを抱えるか、不便・負担を甘受して原発依存度を下げるか、電力会社の一方的な決定に依存するのではなく、国民自身が考える時代です。高度成長時代を支えた、電力会社におんぶにだっこ政策は終焉です。」
 先日書いた通りこの有能な知事さんには是々非々で臨むしかなさそうなんですが<記事はこちら>、「電力会社の一方的な決定に依存するのではなく、国民自身が考える」という点は良い提案だと思いましたね。この人は、東京で以前似たような話があった/こう言えば「原発がそばにできるなんてイヤだ」って民意が高まって有利になる、ことから“脱原発”という自説推進のために民意を煽ってるんですけど、こうでも言わないと都会の人間が本気で「原子力発電」というものを考えないのは事実でしょう。言ってることは必ずしも間違ってないと思います(独占事業者である電力会社といっても全部を勝手に決めているわけではなく、その前提には国会で決めた法律があるんであって、そこに民意は入っているんだということは当然知っておかなければならないんですけど、まぁいいでしょう)。原子力を含めたエネルギー政策全体について、私たちは本気で考えないといけないんです。原子力発電が岐路に立っている今、この時に。
 私なら、府知事さんとは逆で「原発リスク」をとります。都市型の原子力発電所というのを作ってみるのもいいんじゃないかと真面目に考えています。日本の原子力事業者は「田舎だから、ちょっとぐらい壊れたっていいや」みたいな“甘え”みたいのがある気がするんですよね(「もんじゅ」みたいに杜撰な工事しても平気ですから。その危険性からすれば信じられないことですが)。これを都市に作るとなったら、そこに住む人々からのプレッシャーはもの凄いものになるでしょうし、そんな“甘え”は一切通用しません。だから、全身全霊で安全対策をしてくれるかもしれない。私が望む、最新鋭の安全重視の原子炉というものができるかもしれない。もちろん、巨大なリスクを私も含めて背負い込むことになりますけど、それくらいのこともしていかないと日本はこれから食べていけなくなるのではと思うのですよ。自然エネルギー開発といっても今からではドイツの後追いでしかないし、そもそも日本という国は世界一だった太陽光パネル開発技術を見捨てた国です(今なお政府は見捨てています。例の「1000万戸パネル」計画だって「日本製のパネルを使う」とは一言も言っていません)。その開発に、将来性があるとあまり思えないのです(したところで、「環境技術を途上国には無償で譲与」なんて平気で言い出しかねない政府の下では特に……)。原子力を選択することは既存の原発での電力安定供給による利便性をとるというよりも、事故を教訓とした原子力の新技術を開発することで日本の「未来」になるのではないかと思っていますよ、私は。
 それに「原発リスク」と言いますけど、「福島からはずっと離れた関西にいるから俺は大丈夫だ。関係ない」なんて私は思っていません。間違いなく福島から放出された放射性物質を私も被っています。ドイツ気象局の拡散予測を一時期毎日チェックしてましたが、日本にいる限りどこであろうが回避できません。どうにもなりませんよ。もちろん今も福島第一原発で戦っている人たちとは比べものにならない低いレベルでしょうが、今も、これから何年も被り続けるでしょう。体内被曝だって、今の「何でも出荷」態勢ではどうしようもありません。つまり、「原発リスク」は日本に住む者は沖縄とかの人を除けば既に共有しているんです。また、原子炉を今すぐ止めて廃炉にすると言ったところで燃料棒が抜き取られ運び出されるまでは福島第一原発4号機同様の事故が起こりうるし、チェルノブイリ原発事故のときだって放射性物質は日本でも観測されたし、太平洋での水爆実験の時も日本で放射性物質が観測されていたとか(水爆実験での観測の話は今回初めて知りました。隠蔽なんて、いつだってやってるんですな)。仮に日本からきれいさっぱり原発がなくなったところで、韓国と中国で原発は新たにどんどん作られます。反対派は「原発廃止が世界の趨勢」などと捏造し、国内メディアもロクに書きませんが、アメリカもフランスもイギリスもカナダもロシアも中国もインドもブラジルも韓国も、みんな原発推進です(維持ではなく、推進です。現在アメリカは維持ですが、オバマ大統領は推進派。先進国で反対なのは今のところドイツとイタリアだけ)。原子力事故が起こったときは、事故地が福島だろうが福井だろうが大阪だろうが韓国だろうが中国であろうが、結局自然界に存在しない余計な放射線を浴びざるを得ない。「原発リスク」というか「放射線を余計に浴びるリスク」なんてものは、世界中で核兵器・核実験・原発が全面禁止にでもならない限り、消えやしません。原発反対派が言う「日本の原発さえなくなればリスク解消でみんな幸せ」なんてことには絶対にならないんですよ。
 ドイツは原発全面廃止なんて簡単に言っちゃいましたが、今EU内で非難されています。実際、少なくとも4年くらいはフランスから原子力で作った電気を買わざるをえないんですから、「自分だけキレイ事だけ言うな」って言われて当然です(これもなぜか日本ではほとんど報道されてませんがね)。そのヨーロッパのように電力融通がきかない日本は、エネルギーをいったいどうするつもりなんですか?自然エネルギーなんて、ドイツのように積極的に推進してこなかった日本ではそれこそ5年も10年も代替不可です。その間どうするんです?韓国とかに頭下げて、電線繋いで融通してもらうんですか?前から書いてますけど電力が足りなくなるというのは生活が不便になるとかってレベルの話じゃなく、工場が止まるってことです。動かせない工場なんて意味がないから海外に移転します。日本から海外へ工場が移転されちゃったら産業が空洞化し(産業空洞化については、ドイツ国内でも問題視されています。日本の報道は一方向の情報しか流さず、書かないときは反対意見を敢えて書かないため偏り過ぎてます。特に朝日新聞の反原発キャンペーンは酷い。偏向報道は対中国・韓国だけの話ではない)、「派遣切り」どころの話じゃなくなります。みんなで失業しても、ガマンしますか?この国難下であっても、何でもかんでも「風評被害」のなんのと騒ぎ立ててガマンなんてしていないじゃないですか。生活がかかった途端誰もガマンしないのに、こんなんで本当に「電気がなくてもガマン」だなんてできるんですか。原発には反対するが節電には協力しない、自然エネルギーにしてほしいが電力料金増は許さない、電力安定供給なんて二の次でよいと言いながらケータイが使えなくなると怒る……今の日本社会は無責任にも程がありますよ(「お前のようなド素人が何を言うか、気にくわん」という方は、この辺とかこの辺の記事を読んでみて下さい。同じ問題意識です)。そうならないようにするのが政治の、そして主権者たる我々国民の責任です。

 エネルギー政策というと「難しい」「わからない」と思うかもしれませんが、日本国民である以上「主権者」なのです。日本国に対する責任があります。自然エネルギーへの転換なんて菅首相が軽々しく語るほど簡単にできることではなく、何10年もかかる話です。その間をどうするのか、ちょっとくらい真剣に考えたっていいんじゃないですか。考えましょうよ。

|

« 大地震発生から三ヶ月 | トップページ | ブルーレイレコーダー購入 »

重い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大地震発生から三ヶ月 | トップページ | ブルーレイレコーダー購入 »