« F1 2011 ヨーロッパGP | トップページ | YF-29 デュランダル ~その1 »

2011年6月28日 (火)

プロデュース4周目終了

 「アイドルマスター2」、4周目のプロデュースやり終えました。今回は“ド本命”のキャラ・如月千早をプロデュースということで、久々にゲームへ全身全霊を注ぎ込んでみましたよ。
 結果は……完全制覇に成功しました!
 以下、死闘の記録でございます。

 開始時のプロデューサーランクは、LV.04(普通プロデューサー)。リーダーは最初から最後まで如月千早。ユニット2人目には星井美希、3人目には四条貴音を選択しました。今回のユニットは“奇跡の歌姫”なリーダーの能力を最大限に活かすべく、「ボーカル1点突破」と方針を決めていたので、ボーカルのバーストレートが高くて「My Best Friend」が持ち歌の貴音と、私自身の決戦曲「relations」が持ち歌の美希を選びました。
 シングル1枚目は、「i」を選択。序盤はとにかく資金営業+ボーカルレッスンで鍛えつつ、仕事のレベルを早めに上げることに注意を払いました。で、第7週に「i」が50位となり、順調にワンランク上の仕事ができるようになりました。また、竜宮小町戦敗北後のギスギスは、3周目の経験を元に、第11週で全国オーディショントップ通過+夜の説教成功により一発回復させました。
 シングル2枚目は、貴音の持ち歌「My Best Friend」を選択。貴音をセンターにして、売り込みを図ったんですけど……さらに仕事のランクを上げるために20位以内を目指すか、後々のことを考慮してレッスンも重視するのか、ちょっと迷ったんですよね。結局、「My Best Friend」は第15週に21位になったものの、ムリにキープを狙ったりしなかったため、20位以内にはならずじまいでした。その分、「鼻歌」のときにボーカルレッスンを積めたのはよかったのかな?
 シングル3枚目は、千早の持ち歌「目が逢う瞬間」を選択。竜宮小町とのリベンジ戦もあるので、ここで勝負をかけたんですけど……なかなか思い通りにはいかなかったですね。当然、千早をセンターにして売り込みを図ったんですけど、リリースして即20位以内とはならず、結局第25週になって12位ランクインとなりましたが……これが、後々響いたんですよね。「せめてあと1週早く20位以内に入っていてくれれば、終盤もうちょっとラクだったかも?」と思います。
 シングル4枚目は「迷走Mind」を選択。この頃にはかなりのボーカルレッスンを積んでいたので、ほぼボーカル1点押しでスコアを稼げるようになってました。で、“あまとう”とのフェスイベントの翌週(第32週)には5位にランクインしましたが、「これで1位獲得はムリだろう」と最初から諦めていました。なので、売り込みはほどほどでやめておいて、労力は他に回しました。
 シングル5枚目は決戦曲「relations」を選択。持ち歌な美希をセンターにして売り込んだんですけど……スーパーブレークがかかることはなかったんですよね。ランキング1位には至らず、いつものように2位止まり。焦り出しました。が、最後の方で「歌姫・歌王子フェス」をしまくるのでそこでブレークがかかればいいや、ぐらいに思ってプレイを続けました。
 そして、ランキング1位は予想外のところで実現しました。地区制覇条件である「歌姫・歌王子フェス」出場のための「地区のファン数:10万人以上」をクリアすべく第42週に出た地方オーディションで「迷走Mind」を歌ったところ、リバイバルがかかったんですよ。これでドカッと売れまして、第43週に「迷走Mind」が見事1位となりました!実績「トップアイドル」も解除。いやぁ、初の1位獲得は本当に嬉しかったですよ(その後、「迷走Mind」は売れ続けて200万枚を突破。おおー、ダブルミリオンじゃないか!)。
 ランキング1位をクリアした後の終盤は、「地区のファン数:10万人以上」との戦いになりました。余裕があればよかったんですけど、ギリギリもいいところで……有明記者や山原記者の力を借りたり、リセットかけたりで、残りを計算しながら何とかファン数をやりくりしていきました。第46週にまず南エリアを制覇。47週に首都エリア、49週に中央エリア、50週に上方エリア、52週に北東エリアを制覇して、最後の53週になってようやく西エリアを制覇できました。いや、ホント、最後の方は脳の血管がブチ切れるくらい辛かったです。ファン人数の調整最優先だったので、「歌姫・歌王子フェス」では安宅記者の力を借りることもできませんでしたし……ま、その苦労の甲斐あってか、第53週に「relations」がブレーク。「迷走Mind」を一気に抜き去って、ランキング1位となるというオマケがつきましたけどね(「relations」は最終的に300万枚超えてました。スゲーw)。
 最終のジュピター戦は、第53週の西エリアに安宅記者がいて、取材についてくれていたので楽勝でした。相手にアピールを一度もさせない完勝でしたね。マジで“奇跡の歌姫”って感じでしたよ。
 結果、グループイメージレベル:B、ハイスコア:Aだったものの、楽曲売り上げトータルは662万枚でS、最高チャート順位:S、巻戻りトータル:Sで、総合評価もSでした。社長にも「最高のユニットだった」と褒められたし、3人とも非常に慕ってくれていたようで良かったっす。あと、プロデューサーランクは2階級特進で「敏腕」となり、「PERFECT IA」の実績も解除されました。

 今回は、徹底してボーカル1点突破にしたのがよかったようです。最終的にイメージレベル:LV.13/思い出レベル:LV.3どまりだったんですけど、イメージポイントの赤のグラフは「VO.」にかかるところまでいってました。これに「あわんこのお守り」を合わせることで難易度の高い全国オーディションとかでも無敵だったし、フェスも「むしゃはる秘符」でなんとかなりました。シングル5枚目の「relations」では、自身初の5万点台を連発できましたし(最高57723pts。やり直したんでセーブされずに消えてしまったんですけど、1度だけ6万点台も出た)、最終戦ではフェスでも5万点超えましたからねぇ。いやはや、ボーカルレッスンがきつかったんですけど、結果につながったので頑張って良かったですわ。
 “ド本命”な千早のストーリーは何とも重苦しいものでしたが、最後はハッピーだったのも良かった。ツバメと翼をからめたエピソードの持っていき方が、実にいい感じでしたわ。ありがとう、千早。今回の4周目、苦しかったけどやってて実に楽しかったですよ。

 美希のエンディングぐらいは見ておきたかったんですが……“トゥルーEND”ってのがどんなもんかもわかったし、「節電」もありますからね。またしばらく「アイドルマスター2」からは離れようと思っています。
 次にプレイするゲームは、今週発売予定の「Test Drive Unlimited 2」ですかね。「節電」もあるので、あまりのめり込めそうにはないんですけど、ま、ボチボチやりますかぁ。
<5周目の記事はこちら

|

« F1 2011 ヨーロッパGP | トップページ | YF-29 デュランダル ~その1 »

ゲーム・ゲーム関連製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2011 ヨーロッパGP | トップページ | YF-29 デュランダル ~その1 »