« 例のキャラが例の如く | トップページ | VF-19改 ファイヤーバルキリー ~その2 »

2011年5月22日 (日)

VF-19改 ファイヤーバルキリー ~その1

 あまり買う気ではなかったのですが、デキが良さそうなので買ってみましたよ。やまと 1/60 完全変形 VF-19改 ファイヤーバルキリー

Vf19_01_2
 マクロスシリーズ最高傑作とも言われる「MACROSS PLUS」の主役メカがYF-19、その正式採用型がVF-19 エクスカリバーで、それをカスタマイズした機体が今回のVF-19改 エクスカリバー・熱気バサラスペシャル、通称“ファイヤーバルキリー”なんですけど……このYF-19/VF-19系って個人的には好きではないんですよね。理由は、前進翼だから。

Vf19_02_2 (※小さい画像はクリックすると拡大できます)
ジェット機の翼は付け根から機体後方に伸びる「後退翼」を採用していることが多いんですけど、アメリカの実験機・X-29など付け根から機体前方に伸びる翼を採用する機体も少数ながら存在しており、これを「前進翼」といいます。VF-19改も、上の写真のように付け根から機体前方に翼が伸びています。が、私はこれがどーも苦手で……昔から「カッコいい」と思えないんですよねぇ。そのため、イサムの操縦で大活躍してもYF-19は好きになれなかったんですよ(今でもYF-21の方がカッコいいと思ってますわ)。

Vf19_03
その上、「マクロス7」の主役メカである“ファイヤーバルキリー”は、顔が……目がガンダムのように2つあって、おまけに口までついているというのが、どうにも“バルキリー”として受け入れがたく、好きじゃない、というか大嫌いでした。“バルキリー”は無機質な顔だからこそ“バルキリー”なんだって思ってましたからねぇ。そこへライディーンみたいな口のあるデザインというのは、いかにも古くさい感じがしてイヤでした。
 というわけで、やまとの開発発表がアナウンスされても心躍らず、発売が決まってもあまり買う気が起こらなかったんですけど、「マクロス7」に登場したマックス/ミリアのVF-22S シュツルムフォーゲルⅡを買ったこともあるし<記事>、シリーズ主役メカということで「買うだけ買ってみるか」ってことになった次第です。

 で、実際の製品はというと、まず箱の小ささにビックリ。パックなしの1/60 VF-1シリーズの箱と同じサイズなんですけど、それより小さく見えます。その箱にファイター形態でファイヤーバルキリーが入ってるんですけど、これがなかなかカッコよく見えたりします。

Vf19_04
正面から見るとこんな感じ。ヌメッとしたフォルムでメリハリに欠くデザインにも思えるけど、「マクロス7」のオープニングに出てきたCGモデルもこんな感じだったなぁと。

Vf19_05
キャノピーは開閉可能で、熱気バサラがタンクトップ姿でギターを構えてます。どうやってギターで演奏もこなしながらバルキリーの複雑極まりない機動をコントロールしているのか、私にはさっぱりわかりません。タンクトップ姿で宇宙空間に出て行く神経もわからないw

Vf19_06
後ろから見るとこんな感じ。垂直尾翼が、あるんだかないんだかわからないくらい小さいですな。

Vf19_07Vf19_08
低位置から見るとこんな感じ。この角度だと飛行機っぽく見える、かな。ガンポッドはしっかりと固定できる一方、黄色のインテークカバーは取り外し不可。YF-19のシンプルなインテークと違って太くて丸っこい形ですね。DX超合金 VF-25<記事>のインテークに似てますな(あっちは不格好だと不評ですが)。

Vf19_09_2

ファイター時のフォルムも良い感じなんですけど、今回のモデルの本領は変形してからですな。長くなったので、ガウォーク/バトロイド形態についてはその2に分けます。

|

« 例のキャラが例の如く | トップページ | VF-19改 ファイヤーバルキリー ~その2 »

マクロス」カテゴリの記事

コメント

ギター型の操縦桿で、演奏はスイッチ操作によるBGM再生です。

激しい機動でのG変動の最中に歌声を維持できるのは、私もちょっと理解できませんけど・・。

投稿: 熊野楓 | 2011年10月 3日 (月) 18時52分

熊野楓さん、はじめまして。ブルーメールと申します。
ギターが操縦桿なのはわかっていたんですが、なるほど、ギターとして演奏はしていないのですね。それならなんとか……なるんでしょうね。オーバーテクノロジーとかがあれば、バルキリーのコントロールでさえも。
G変動については、バルキリーのコクピット内は何らかの形で大幅に緩和されるようになってるのでしょうね。でないと、ファイターからガウォークになって即座に逆噴射なんてことはできないでしょうから(それはそれで、「マクロスプラス」のガルドの最期は?と言われるとまた困るのですがw)。

投稿: ブルーメール | 2011年10月 5日 (水) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 例のキャラが例の如く | トップページ | VF-19改 ファイヤーバルキリー ~その2 »