« 二流国家になりたいのですか | トップページ | ツインユニットシステム ~その1 »

2011年5月 2日 (月)

イカ娘、走る

 イカ娘が、富士スピードウェイを侵略したようですな。
 いや、本当にイカ娘が出現したわけじゃなく、昨日決勝が行われたSUPER GT開幕戦に、イカ娘が描かれたマシンがデビューしたってだけなんですけどねw
 とはいえ、「ただの遊び」でイカ娘が使われているわけではなく、本格的な体制での参戦だったりします。チームはLMPモータースポーツ、ル・マン24時間レースにも参戦したりしているそうで。下位カテゴリーのGT300クラスではありますが、ベース車両はイタリアの至宝・フェラーリの430 GTC。フェラーリでレースは冗談じゃできませんわな、さすがに。エントリー名も「PACIFIC NAC イカ娘 フェラーリ」、マジでイカ娘ですわ。その上、チーム監督はTVシリーズで監督を務めた水島努さんが就任し……って、これはよくわかりませんが、何はともあれ、本当にシーズン通してイカ娘がサーキットを駆け巡るわけですな<チーム公式サイト ※イカ娘がしゃべるので注意>
 ただ……勝手なことを言わせていただければ、イカ娘とフェラーリって、あんま関係ないよーな気がw。フェラーリといえば赤/黄と馬ですからねぇ。それと白/水色なイカでは、まるで共通項がないじゃなイカ。いわゆる“痛車”とイタリアなイタ車とかけたんでしょうけど、それならマセラティをベース車両にしていただけるとピッタリだったのになぁ(マセラティのマークは海神ネプチューンの槍・トライデント。イカちゃんの触手にも見えないこともないw)。まぁ、いろいろ難しいでしょうから、いいんですけどね。
 開幕戦のイカ娘は、予選で2番手となったものの、決勝はふるわず11位フィニッシュだったようですな。表彰台の頂点を目指して頑張ってもらいたいものです。

 今シーズンのSUPER GTは、GT300クラスに“痛車”がぞろぞろいるみたいですね。EVA初号機と初音ミクは去年もいたけど、今年はEVA弐号機に涼宮ハルヒもいるとか……こうも多いと賛否両論ありそうだけど、まぁ、いいんじゃないですかねぇ。もともとレーシングカーってのは広告媒体で、ちょっと前まではタバコのパッケージそのまんまに塗られてたりしたんですから(JPSとかマルボロとかロスマンズとか)、それがアニメキャラになったって別におかしくはないと私は思います(エンジンカウルに「新ポポンS錠」ってデカデカと書いてある90年代ロータスのF1マシンより余程マシ。あれは違和感ありすぎだったw)。アニメキャラであることを活かして、小口の個人スポンサーを集めるというのも面白い試みですしね。
 SUPER GTは国内では最も人気のあるカテゴリーですけど、不況もあってGT300でずっと参戦してたハセミモータースポーツとRE雨宮レーシングが撤退してしまいましたし、何より国産車でGTのベース車両になりうるクルマがほとんどないというのが……ホンダなんて市販車じゃないマシンでGT500に参戦してますしねぇ。これじゃ盛り上がるわけもないですよ。このままだと国内ではモータースポーツそのものが消えてしまいそうです。“痛車”でも何でもいいから、いろいろ変えていかないとね。
 私も開催サーキットが近くにあれば観戦に行くんだけどなぁ……各サーキットのアクセスの悪さも、何とかなると良いのだけれど。

|

« 二流国家になりたいのですか | トップページ | ツインユニットシステム ~その1 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

競技車両のベースとなりうる車に乗っていますが、所有しているという自己満足以外メリットはないですねw収入の大部分を借金、維持費に持っていかれますからね。今の先行きが不透明な日本でこんなことをしているのは酔狂としか言い様がありません。そんなんですからね、競技車両のベースとなりうる車を売ることは難しいでしょう。だからどのメーカも似たような物だけは沢山積むことの出来る何の面白みのない、ただ走るだけのコンパクトカーや軽自動車ばかり作るのでしょう。スポーティーカーと呼ばれる車が日本で売れる時代なんかもう二度と来ないような気がしてなりません、というか来ないですよね、きっと。

投稿: げるぐぐ | 2011年5月 2日 (月) 21時46分

たしかに、今の日本における車のあり方を見ていると、スポーツカーが売れることは二度とないかもしれませんなぁ。現行Zの記者発表で日産の開発主管に「(ちょうどガソリン高騰の時だったこともあって)こんな時に、こんな車作って誰に売るんだ?あんたバカだろ?」みたいな質問している記者をテレビで誇らしげに映してたこともありましたし。この国では、もはや燃費の悪い車に乗ってるだけでもバカ扱いなんでしょうね。ましてやスポーツカートもなると……
しかし、欧米では今でもしっかりスポーツカーを作っています。フェラーリのようなバカ高い車でも買う人は大勢います。低燃費が善ではあっても、スポーツがバカとまではされていないと思われます。実際、げるぐぐさんの乗ってる車の新型はニューヨークで発表されました。アメリカではスバルは人気上昇中ですからね(欧州では固定客がいます)。スバルに限らず日本のメーカーも個性的なクルマをずっと作ってきたし、国内で一定の評価もされてきたのに、どうしてこうなっちゃったんですかねぇ?
本当に個性のないクルマしか作れなくなってしまったら、特長もなくなり、国際競争力のないメーカーに成り下がってしまう気がするんですけどね、私は。そんなことにならないよう、メーカーの人には頑張っていろいろな提案をしてもらいたいなぁ(あと、購入資金となる給料をしっかり払って下さい。お願いします)。

投稿: ブルーメール | 2011年5月 3日 (火) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二流国家になりたいのですか | トップページ | ツインユニットシステム ~その1 »