« 運転停止要請 | トップページ | ゴールデンウィーク2011 終了 »

2011年5月 7日 (土)

「運転停止要請」を拒否してみては?

 昨日、首相自ら前代未聞の「運転停止要請」がなされた浜岡原発ですが……今日、中部電力は臨時の取締役会を開き、協議したものの、要請を受け入れるかについての結論を「持ち越し」としました。
 首相自ら記者会見までして国民に知らしめた政府の「要請」を、一民間企業が即答せずに保留し、また政府全体としてもこの問題につき今日一日何も表だった態度を示しませんでした。首相が明言したんですよ?「さっさとやれよ」くらい言ってもいいんじゃないですか?もちろん、国民に対する詳しい説明をすることもありません。
 これって、ヘンじゃないですかね?
 一部報道によれば、今回の「要請」は法律に基づいたものではなく、また政府内において十分に検討された上でなされたものではないとか……やはり、この「要請」の影響についてロクに考えてないのに、言うだけ言っちゃったみたいですね。「普天間の時と同じ」と評している人もいましたが、たしかに何の裏付けもないのに「最低でも県外」と言った誰かさんのときと同じような雰囲気があります。「そう言えば、国民は喜ぶだろう」みたいな、危うさが私には感じられますわ。詳しい説明を「しない」のではなく「できない」のではないのかという疑念がありますよ(説明してみたら「実は方便だった」、みたいなことをまたやっているのではないかと)。

 私は、中部電力に今回の「要請」を拒否してもらいたいと思ってます。
 あくまで「要請」なんですから、応じる義務はないはずです。法律に基づいてないんだから、強制力なんてあるわけがないんだし。
 それに、今回の「要請」ってあまりに不可解です。どうして浜岡原発にのみ「要請」されるのか、他の原発はどうなのか、趣旨がはっきりわからないんですから。説明も「地震の確率が高いから」とした最初の理由付けしかされないし(そんなことは言われなくともわかってますよ。政策決定理由ってのは、そんな単純じゃないはず)。回答期限が区切られているわけでもなし、国会での野党の質問を待ってみるのも得策かもしれません。政府の十分な説明を聞かなければ、少なくとも私は主権者として今回の「要請」は納得できません。 中部電力にしてみれば重大な経営問題であり、同時に東海地方の経済全体に関わる問題でもあります。もし安易に受け入れてしまったら、浜岡原発は二度と動かせないことだって考えなければなりませんし(だいたい、地震対策が確実に実施されれば再稼働して良いと政府が明言しているとは、私には思えません。またこの要請を喜んでいる人たちが、再稼働など絶対に認めるはずもありませんし)。中部電力経営陣は、私の何万倍も理由を聞かなければ納得できないだろうに、政府は当事者である中部電力に対してすら通告しただけで事前の折衝や説明などまるでしていないみたいですからね(呆れました)。
 そして、これは国民全体の問題でもあります。今日になって「浜岡原発を停止したらどうなるのか?」という報道がTVなどでされ始めました。ここでようやくわかった人も多かったはずです。浜岡原発が突然止まれば、東海地方のみならず、日本全体に影響が及ぶこと、ひいては自分の懐にはね返ってくる話であることに。代替を火力発電に頼ればエネルギー調達コストのために電気料金が跳ね上がる、という程度の話では済みません。たとえば中部電力管内にあるトヨタやホンダの大工場が計画停電などで止まれば、そこで働く人たちの雇用に影響が及び、ヘタをすれば大工場そのものが海外移転して、大企業の正社員から下請けの町工場に至るまで全員失業したっておかしくないのです。そうなれば失業の連鎖です。「俺は別の業種だから関係ない」なんて言っていられない事態だってありうるのですよ。電力の安定供給がなされないということは、一般市民の賃金収入に直結する話であるということを、この機会にしっかり認識してもらいたいと思います。
 昨日も書きましたが<記事>、浜岡原発は立地的に確かに危険です。止めるべきという意見ももちろんわかります。が、止めるならば、きちんとした手続きをとるべきです。場当たり的な対処でなく、国会で審議の上で法制度化するなどしなければ、日本のエネルギー政策そのものがめちゃくちゃになってしまいかねません。政府の勝手な「要請」1つで日本中の原発を止めなければならない事態など、言語道断ですよ。浜岡原発をなぜ止めなければならないのか、他の原発は止めなくてよいのか、止めたことの影響をどうするのか、誰がコストを払い責任を持つのか、はっきりしないまま国家として決めてしまって良いはずがないのです。どうしても必要なら、「浜岡を止める法」ってのを作りましょうよ。できますよ、今の状況下でなら、世論で国会議員の尻を叩けば十分(国会議員がマトモに働くことが前提ではありますけど)。

 これは、時間をかけて国全体でエネルギー政策を考える、本当に良い機会です。中部電力さん、是非、「要請」を拒否してみてください。
 拒否でなく、保留し続けるのでもいいです。すぐ受け入れてしまったら、またロクに考えず忘れてしまうだけ。こじれたら、その間はみんなが関心を持ち、考えるんです。
 考えましょうよ、一度、真剣に。

|

« 運転停止要請 | トップページ | ゴールデンウィーク2011 終了 »

重い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 運転停止要請 | トップページ | ゴールデンウィーク2011 終了 »