« 大地震発生から一ヶ月 | トップページ | レベル7 »

2011年4月11日 (月)

F1 2011 マレーシアGP

 F1第2戦・マレーシアGP決勝が昨日行われました。
 今年初のパーマネントサーキット、そして高温下での開催ということで、「ピレリタイヤはもつのか?」ってことに注目して見てたんですが……今回ももちましたねぇ。
 予選は、レッドブルとマクラーレンの争いとなりました。前回KERSを封印していたレッドブルですが、長いストレートがあるからか使ってきましたね。ベッテルがポールポジションを獲得、ウェバーは3番手に入りました。差はコンマ3秒ほどに収まり、同じマシンに乗るウェバーからしてみれば「面目躍如」ってところでしょうか。マクラーレンは2番手にハミルトン、4番手にバトンとなりました。ベッテルとハミルトンの差はコンマ1秒、ウェバーとバトンはコンマ02秒ほどと両者の差は確実に縮まりましたねぇ。マクラーレンの開発能力は凄まじいですわ。5番手はアロンソ(フェラーリ)でバトンからコンマ6秒遅れ。6番手にはオーストラリアで出遅れたハイドフェルド(ルノー)が入りました。小林可夢偉(ザウバー)は今回もQ3に進出、10番手となりましたが……“2強”との対決を投げたアロンソから1秒遅れか。現実は厳しいですね。ちなみに、今回はヒスパニアも「107%ルール」をクリアして無事決勝に残りました(やっぱり遅いけどw)。良かったですな。
 決勝。ベッテルはスタートもしっかり決めてトップを守ったんですけど、ウェバーはスタートに失敗してズルズルと後退(※後にKERSを使わなかったためと判明。)。代わりにというか、上がってきたのはルノーの2台。ペトロフが5位、ハイドフェルドはなんと2位にポジションアップ!これにはビックリしました。ルノーのKERSは優秀なのかな?その後、雨がぱらぱら降ったりしたのですがウェットタイヤに変えるクルマはなく、各車周回を重ねていきました。結局のところ、今回は「タイヤをどう使うか?」が勝負を決めたみたいです。ソフト→ソフト→ハードの3ストップで無難に走りきったベッテルが優勝(途中から、ベッテルもKERSを使えなかったようで……今回は搭載して重いのにこれか。なんつう速さだよw)、同じパターンで乗り切ったバトンが3秒遅れで2位、ハイドフェルドが25秒遅れで3位表彰台となりました。最初のスティントでタイヤをもたせられず、早め早めのピットインで4ストップになったウェバーが4位。3ストップながら、ペースが上がらずピット作業に遅れもあったマッサは5位。終盤に接触したアロンソとハミルトンは共に20秒加算のペナルティが科され、アロンソはフィニッシュと同じ6位のままながら、ハミルトンは8位に繰り下げ。ただ、ハミルトンはこの接触がなくともたぶんウェバー同様4ストップになってたでしょうから……今回はむしろ「ポイント取れて良かったね」って感じじゃないかな?7位に繰り上がったのは、2ストップで見事に走りきった小林可夢偉でした。いやぁ、可夢偉クン、さすがですわ。大して速くないマシンなのに、ウェバーや9位に入ったシューマッハ(メルセデスGP)を抜きまくったりした上、タイヤも温存し、2ストップでポイントゲットですからねぇ。戦略眼とオーバーテイク技術、そして今年は「堅実さ」も加わってそう。なーんか、往年の“プロフェッサー”を思い出すなぁ、若いのに。素晴らしい!前回表彰台のペトロフ、脅威の1ストップ男ペレス(ザウバー)はリタイアとなりました。

 レース前には「4ストップじゃないか」と言われていたんですが、多くが3ストップ、可夢偉を含む4人が2ストップで走りきりましたね。まぁ、曇天に雨もぱらぱら状態だったので、路面温度が想定よりも低かったために何とかなったのかもしれませんが……やはりピレリのソフトタイヤはなかなかのもんだと思えますね。ただ、ソフトで17周とか走れたりするのに、もつはずのハードが16周もたないとか、妙なことになってるのは何とかしてもらわないと。金曜日にスーパーハードタイヤのテストもしたみたいだけど、まだまだ改善すべき点も多そうですねぇ、ピレリタイヤ。グリップ失ってオーバーランって、「戦略ミス」ってだけじゃなく他車を巻き込んだりすると危ないですから(今回のペトロフのコースオフも、場合によっては危なかった)。頑張って良いタイヤを開発してもらいたいです。
 あと、ルノー(※正確にはロータス・ルノーGPなんですが、別チームのチーム・ロータスがあってややこしいのでルノーとします)のR31は本当に速そうですね。超絶カッコ悪いカラーリングが難点ですけど(黒金でJPSカラー……そうは見えん;;)、革新的設計なのにこの時点で保守的なフェラーリ150°Italiaと変わらない速さというのは、今後更なる発展も期待できそうですし。ホント、これにクビサが乗ってたら、ベッテルだって喰えたかも?レッドブルの勢いが止まらないので、それを脅かすためにもルノーチームには是非頑張ってもらいたいです。

|

« 大地震発生から一ヶ月 | トップページ | レベル7 »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大地震発生から一ヶ月 | トップページ | レベル7 »