« プロデュース2周目終了 | トップページ | 「相棒 season9」最終回 »

2011年3月 9日 (水)

「the end of “triangle”」

 「劇場版マクロスフロンティア 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~」のCDアルバム、「the end of “triangle”」買いましたよ。予約買いです。

The_end_of_triangle
アルトのくせに、と言いたいけど……しゃーないですな。「サヨナラノツバサ」はアルトの話でしたし。
 netabare albumなんて銘打ってあるもんだから、どんなネタバレをしてるのやら(ちょっとだけ)戦々恐々としながら聴いてみましたが……別に特段のネタ晴らしはなかったですわ。「サヨナラノツバサ」のフツーのサウンドトラックです。強いていえば、「dシュディスタb」でのシェリルのセリフ(エンドロールのまんま)がネタバレになるのかもしれませんが……それを言うなら、先行リリースされたシングルの方がよっぽど(以下自粛)。ま、ネタバレを気にしてこのアルバムを買わないとか、聴かないとかの“対策”は、全く不要だと思いますよ。このアルバムを聴いたり、曲の歌詞を熟読したりしたとしても、それだけで解読できてしまうほど「サヨナラノツバサ」は単純なストーリーじゃありませんから。
 内容は、サウンドトラックでして、劇中のBGMも収録されています。が、ボーカル曲がほとんどですし(完全ボーカルなしは17曲中4曲)、シェリルとランカのボーカルアルバムと考えても問題ないかと。劇場でいきなりのけぞらされた「禁断のエリクシア」、ランカの魅力満開の「虹色クマクマ」、劇中でまさかのフルコーラス版が来たので心の中で狂喜乱舞した「恋はドッグファイト」、シングルバージョンとは違う「Get it on」(歌詞が違ってたんですな。絵的にいろいろと見所が多い所だったんで、劇場では気がつかなかった)、ここで歌うのかと驚かされた「放課後オーバーフロウ」、などなどちゃんと入ってます。それに、クライマックスで流れるメドレーと「サヨナラノツバサ ~the end of triangle」……聴いてたら、劇中でこの曲が終わったときの衝撃を思い出しちゃって、思わず涙が。前々からこの曲を聞いてたはずなのに、映画を観た後だとシェリルの「ヴァルキュリアァ~」の歌声がこんなに切なく聞こえるとは、なぁ。その上、ランカの「ホシキラ」ですか。「どんだけ俺を泣かせれば気が済むんだよ」って感じですわ。曲だけ聞いてても普通にいい曲なんだろうとは思うんですが、「サヨナラノツバサ」の話を知ってると胸が締めつけられますね。「映画を観てから聴いていただくとよりお楽しみいただけます」なんて書いてあったりしますけど、その通りだと思います。「サヨナラノツバサ」を観た人は必携のアルバムですよ、これは。

 「マクロスフロンティア」のCDも、これでthe endなんですかね。
 まぁ、「いつだって奇跡は起こる」らしいのでみんなで呼べば何度でも甦るのかもしれませんがw。どうなるんですかねぇ?
 仮にこれでおしまいだとしても、悔いは残らない仕上がりになっているとは思います。最近のビクター(フライングドッグ)CDについてまわってた音質的な疑念(何となくクリアじゃない感じ)も完全に吹き飛びましたし。久々に音でゾクゾクできましたよ。

 「マクロスフロンティア」の音楽スタッフ、そして菅野よう子さん、最後まで良質の音楽を聴かせていただき、心より感謝します。ありがとうございました。

|

« プロデュース2周目終了 | トップページ | 「相棒 season9」最終回 »

マクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プロデュース2周目終了 | トップページ | 「相棒 season9」最終回 »