« 「the end of “triangle”」 | トップページ | 「真・三國無双6」到着 »

2011年3月 9日 (水)

「相棒 season9」最終回

 「相棒 season9」が、今日最終回を迎えました。
 いやぁ、最終回2時間スペシャルも凄かったですねぇ……映画でやってもいいようなクオリティじゃないですか。見終わって、感嘆のため息出ちゃいましたよ。
 前のSeason8も良かったけど<記事>、今シーズンもまたハズレ回が少なかったと思います。私的には16話(「監察対象 杉下右京)がイマイチだったくらいですかね。さらに今シーズンは、アタリ回が大当たりで、またアタリ回の数も多かったですな。6話(「暴発」)、8話「ボーダーライン」、11話 (「死に過ぎた男」)、13話 「通報者」、15話 「もがり笛」、それに元日スペシャルの10話「聖戦」……現在の日本社会の重く難しいテーマを、1時間(ないし2時間)という短い枠の中で、イヤミったらしくもなく、説教臭くもないドラマを作り上げてしまうってのは、凄いです。なーんか、あまりにもサラッと仕上がってるもんだから、いともたやすく作ってあるように見えてしまうんですけどね。他の刑事ドラマ見れば、一目瞭然なんすよ。あまりにも質が違いすぎて。映像面であからさまにチャチだったり、話が浮いてしまってたり、出演者の演技の不自然さが目立ちまくりだったり……そんなTVドラマの中にあって当たり前のようにこのクオリティって、「相棒」はホント凄いですよ。まぁ、最初の頃はここまで凄くはなかったですから、長く続いて、劇場版まで作った経験が十二分に活かされているってことなんでしょうけどね。
 その劇場版も2が今現在公開中だったりするんですよねぇ……TVシリーズと最新劇場版を同時進行とか、とんでもないことまでやっちゃったんすなぁ。はぁぁ、「相棒」を本格的に見始めたのはSeason2からなんですけど、進化しすぎで、どんどん遠くへ行っちゃうみたいな気もします。視聴率も20%を優に超え、日本のTVドラマを背負って立つところまで来てしまいましたし。どこまで行ってしまうんすかねぇ?

 次は、season10、ついに二桁ですか。
 また、更なるパワーアップをした右京さん&尊クンコンビを見せてくれること、楽しみにしたいと思います。

|

« 「the end of “triangle”」 | トップページ | 「真・三國無双6」到着 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「the end of “triangle”」 | トップページ | 「真・三國無双6」到着 »