« 悪知恵 | トップページ | プロデュース2周目終了 »

2011年3月 5日 (土)

大学

 大学進学のためにカンニングをして逮捕される予備校生が出たかと思えば、今度は現役大学生が幼児を殺害して遺棄ですか……先日は就活中の大学生が高速バスを横転させた事件もありましたし、前に大学教授が学内で教え子に殺されたなんてこともありましたね。
 うーむ、大学って何なんですかねぇ?何のために入学し、何のために在学し、何のために卒業するのか?
 かくいう私も、一応、入試通って4年制大学を卒業した「学士」だったりはするのですけど……「何のため」と言われると、よく分からなかったですな。正直。在学中はあまり勉強しなかったし(苦笑)。
 昔の大学は「学術研究機関」だったようですが、私の在学中は既に「教育機関」に成り下がってた感じでしたね。でも、まだ学生の自主性に任されてる面はあって、憲法を学ぶと出てくる「大学の自治」なんて言葉にも実感があったのですが……今は「教育機関」ですらなく、「就職斡旋組織」か何かみたいな感じさえありますなぁ。学生も、大学に愛着なんて持てるんですかね?東大や京大へ進学するのも、最高の学問を授かるためじゃなく、ほとんどは「東大卒」「京大卒」という就活に有利な“ブランド”を得るためでしょうし。3年になると就活で走り回らないといけないなんてことになってて、何故4年制なのかさえ分からないような状況ですからねぇ。その上、“大学全入時代”とか言われちゃって、大学に入学するより保育園に入る方がよっぽど厳しいとか……もしかすると、日本の大学って、研究機関として機能している所を除いたら何のためにあるのか、誰も説明できないんじゃないかな?
 ま、昔から大学入試ってのが大学の有り様を歪めているんじゃないかとは思ってたんですけど、今は就活ってのがより大きく大学を歪めているように思います。こうしたいわば上下からの「歪み」が学生を少しずつおかしくしていって先に書いたような不可解な事件を招く、というのは考えすぎかもしれませんが、歪んでいるというのは明らかで、もはや見過ごしてはならないところにきていると思います。そんな大学という制度を国が法律をもって決めている以上、その歪みも法律でバシッと正していく必要があるんじゃないんですかね。今まで通り4年制にするなら、大学生が4年間しっかり学問を学べる環境を強制力を持った法律できちんと整えるべきですよ。

 その法律を作るのは、立法府たる国会にのみ認められている権能なのですがね……今のわが国の国会に、「正す」なんてこと、できるわけないか。来年度予算すらキチッと決められない(というか、正確には「予算案と関連法案とを統一的に決められない」ですな)ですもんねぇ。はぁぁ。
 何とかしてもらえないですかね、国会議員の先生方。あなたたちに与えられる議員歳費ってのは、そういう仕事を円滑に行うために税金から支払われているんであって、ヤジ飛ばして議事進行を妨害するためだけに支払われてるわけじゃないんですよ?しっかりして下さい。

|

« 悪知恵 | トップページ | プロデュース2周目終了 »

重い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悪知恵 | トップページ | プロデュース2周目終了 »