« 大地震発生から二週間 | トップページ | F1 2011 開幕 »

2011年3月25日 (金)

原子力発電

 東北地方太平洋沖地震発生から二週間が経ちましたが、福島第一原子力発電所の事故はなお収束していません。現場の職員、自衛隊員や警察、消防隊員その他の方々による命懸けの作業がどれほど積み重なっても、なお進展しないとは……被害も広範囲に及んでおり、原子力発電というもののリスクがいかにとんでもないか、今さらながら思い知らされています。
 しかし、今の日本にとって原子力発電が必要不可欠であることは、東京電力管内の計画停電を見れば明らかです。原子力の依存率が10%台の東京電力でさえ、原子力発電所が2つ止まってしまうと(原因はそれだけではないにせよ)このように供給が不足し、需要がピークとなる夏ともなれば供給不足は極めて深刻な状態になると思われます。仮に今日、今後の日本の方針として“脱原発”に向かうことになったとしても、原子力発電に依存している以上は、今年中とか1年や2年で止められるものではありません。代替発電システムの構築や革新的省電力化ができたとしても、その確立には5年10年、おそらくはそれ以上の時間がかかるでしょう。少なくともそれまでの間は、今まで通り原子力発電に頼ることになるのです。
 そんな中、昨日、九州電力が定期検査で運転を停止した玄海原子力発電所2・3号機の運転再開を延期することを決めたという報道がされたことには大きなショックを受けました。夏に供給電力が足りなくなれば計画停電を実施するかも、とまで言ったとか……とても信じられません。電力の安定供給を、電力会社が放棄するとは。普通に運転再開すれば供給できるものを、わざわざ停電してまで運転しないって、自ら「うちの原子力事業は本当は危険なんですよ」と言ってるようなものです。「停電したところで、一般市民がちょっと不便を耐えればいいだけじゃないか」とか言ってる連中がいますけど、連続稼働が大前提の工場ではそんな悠長なことを言っていられません。こんなことを平気で言う電力会社の管内では、今後工場なんてやってられませんよ。私が経営者なら、工場を移転させると決定せざるをえないでしょう。工場撤退が連なれば、雇用は喪失し、設備投資も消え、ただでさえ低迷している日本経済はさらなる大打撃を受けて復興どころではなくなってしまいます。現状で原子炉の運転再開を強行できないというのもわかりますけど、原子力発電を諦める姿勢を簡単に公にしてしまうというのは「電力事業者としての覚悟が足りないのでは?」と言いたいですよ(東京電力の社長ほどではないですがね。陣頭指揮すべき社長が雲隠れって何?従業員が命をかけてるというのに。あれは許せない)。
 こんな状況下ですぐに今後の国の方針を決めることはできないでしょうけど、とりあえず「原子力事業は現状維持をする」という点については政府としてもはっきりさせておかないといけないところです。これ以上の混乱は、日本経済を停滞させ、復興を妨げるだけですから……と思ったら、政府が「安全基準の指針を出す」という形で対処するみたいですな。迅速で良い対応だと思います。「この指針に沿うから」ということで、九州電力が速やかに運転再開することを願います。

 とりあえずは「現状維持」とするしかないのですが、日本国として“脱原発”に向かうのか、原子力発電設備を更新しつつ続けていくのかは、いずれ国民全体で本気で考えて決めないといけないと思います。
 “脱原発”を実現するには、先に書いたように代替発電システムの構築や革新的省電力化が大前提となります。単純に火力発電に戻せばいいと考えている人がいるかもしれませんが、その考えは甘すぎます。燃料は高騰しており、供給にも不安が残りますし、何より温暖化対策に逆行します。そのため別の発電方法を考えないといけないのですが、現状では原子力の代替として安定供給できるだけの発電システムはありません(“地球に優しい”とか言ってる発電システムは、現状ではどれも眉唾です)。巨額の開発費を投じ、新たに創り出すしかないでしょう。が、開発費をつぎ込んだところで本当にそういうものが創り出せるのか……できるならばそれに越したことはないのですけど、私は懐疑的です。一方、原子力発電を維持するにしても、安全性に明らかな疑念が生じてしまった以上、全ての原子炉の安全性について再検証が必要でしょうし、何より今回の福島第一のような老朽化した原子炉は既に作り直す時期が来ています。ここ10年ほど原発老朽化問題を先送りにし続けた結果が今回の事故とも言えるのですから、現状維持ではなく、すぐにでも古い炉を新しい炉へ作り替えていかねばなりません。こちらも多大な時間と費用がかかるでしょう。つまり、どちらに向かうにしろ莫大なコストを要します。このコストを国家としてどう負担していくのか、方針として決めなければならないのです。先送りはもはや許されません。
 私は、原子力発電を続けていくべきと考えています。日本の原子力技術に対する信頼は今回の事故で地に落ちたとは思いますが、今回の事故を収束することができれば、それはすなわち「貴重な経験」ともなり得ます(※このような表現には語弊があるかもしれませんが、ここではあえて書きます)。この「貴重な経験」を基にして、安全性を大幅に高めた新しい原子炉を開発し、国内の老朽化した原子炉をその新しい原子炉に順次転換していくことで実績を上げ、信頼を取り戻すのです。それができたならば、日本はいずれ原子力技術で世界トップに返り咲けると信じています(アメリカは不安を煽るだけみたいな欧州と違い、冷却作業に積極的に協力してくれたりして大変ありがたいのですけど、このシナリオによる日本の“一人勝ち”をさせないために「協力」と称して軍を動員してデータを取ってるとも言えるんですよね。「アメリカはしたたかだなぁ」と感じる一方、その「失敗を学ぼう」という姿勢は本当に尊敬します。 追記:どうやら、「収束して、日本だけノウハウを蓄積して、ウッシッシ」などと言っている場合ではないようです……こうなったら、事態収束のために世界中の知恵を集積し、それによって世界中の原子炉を進化させることに役立ててもらうしかないか)。そんな都合の良い新型原子炉ができるかどうかも怪しいことではありますが、一から創り出すことよりは実現性が高いのではないでしょうか?
 ただ、今回の事故を経験してなお原子力発電を続けるには、相当の覚悟を決めないといけませんから……その決断は簡単じゃない、どころじゃなく、極めて難しいことでしょうね。でも、やらなきゃいけないところに来てしまったと思います。最終的に決めるのは政治家の集まる国会ということになるのでしょうが、今は政治家に万事任せておけば足りるなどという時代ではないってことはここ数年の政治の混乱で皆さんわかっているでしょう。ならば、我々主権者たる国民が決めていくしかありません。

 原子力に限らず、今回の震災は被害が甚大すぎて様々な問題が出てくると思います。この国難的状況を乗り越えていくためにも、これからの自分たちの生活をどうするのかは、人任せにせず、自分たちで真剣に考え、1つ1つ決めていくべきではないでしょうか。
 もし、そうすることができれば、日本は再び立ち上がるはずです。今までよりもっと強い日本になって、再び。そうなってもらいたいし、そうなると私は信じています。

|

« 大地震発生から二週間 | トップページ | F1 2011 開幕 »

重い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大地震発生から二週間 | トップページ | F1 2011 開幕 »