« 「侵略!イカ娘」第3巻 Blu-ray Disc版 | トップページ | 大学 »

2011年3月 4日 (金)

悪知恵

 予備校生が、京都大学の入試においてケータイでカンニング行為をしたとして、偽計業務妨害容疑で逮捕されました。
 大騒ぎになってしまい、また大学関係者や他の受験生にも多大な迷惑をかけたわけですし、今後同様のことが起こらないよう“見せしめ”的意味合いとしても逮捕されるのは仕方ないと思うのですが……どうなんですかねぇ?本当に刑事罰が必要ですかね。悪いことをすれば罰せられるべきだし、ましてや彼のした行為が刑法233条に該当する以上処罰は当然とも考えられますけど、ねぇ。大学側の入学試験業務の安全かつ円滑な遂行が、彼の行為によって刑事罰に値するほど害されたとは思えないし、今回は逮捕歴が残ることと大学不合格という罰で十分足りると私は思いますよ。だいたい、同じ試験会場にてカンニング行為を彼以外の人間が誰1人としてやってなかったかなんて何の保障もないわけで、彼を罰するならばその他のカンニング行為も究明の上で同様に罰しないと著しく不公平ですし。一受験生のカンニング行為に何が何でも刑罰を科すべきというのは行き過ぎじゃないかな。

 この国では、今回のカンニング行為みたいな、「悪知恵」を使った行為が出るとマスコミを中心にとことん叩きますよね。今回の学生も家族構成から何から世間に晒されたりしてますし(人を殺したって精神病とかで一切が伏せられる人間が一方でいるというのに)、とにかく異常なまでに叩くんだけど、叩くだけに終始してしまって、その後はじきに忘れてしまっている気がします。で、しばらくすると、また同じような「悪知恵」を使った奴が出てきてまた叩くんだけど、叩くだけで忘れていく……結局、「悪知恵」を口汚く罵るだけで何の対処もしないもんだから、いつまで経っても同じようなことを繰り返しているように思いますよ。ペーパー商法しかり、マルチ商法しかり、カルト宗教しかり、オレオレ&振り込め詐欺しかり、今回のような何らかの試験に対する不正行為しかり……日本じゃいつまで経っても消えませんよね。さまざまな悪徳業者、オウム真理教、詐欺集団、裏口入学に替え玉受験、過去にもたくさんあってマスコミが散々に叩いてきたけど、なぜか繰り返されてしまっています。これだけ「情報化社会」とか言われて久しいってのに、ちっとも変わりゃしない。なぜなんでしょう?
 私は、1人1人が罵りに終始して「悪知恵」というものについて考えないからだと思います。では、「考える」とは何なのか?簡単に言えば、その「悪知恵」を「認める」ってことだと思います(※「認める」とは賞賛とか推奨するとかいうものでは決してないので、念のため)。悪いことを単に悪く言うだけなら、どんなバカでもできます。しかし、それを「認める」、つまり見方を変えてみることをすれば、その「悪知恵」はどのように発想されたのか、それに基づいてどのように行動していくのかってことを想像するきっかけになると思うのです。
 今回の受験生のした行為は「悪ふざけ」を超えており、もちろん許されるものではないのですが、ある面「すごい」ことでもあると思います。私も京都大学じゃないけど国公立大学を受験しました。私は現役時分でしたが、そりゃもう極度の緊張状態でしたよ。「人生を賭けて臨む」と言っても過言ではなかったですから。一浪してたのなら、もっと切羽詰まってたんじゃないかな。そんな中で、試験官の目をかいくぐりながらケータイを駆使して質問箱にあれだけの投稿をし、返答者にお礼までして回答を答案用紙に書き写したとしたら、誰にでもできる芸当ではない……というか、彼にしかできないかもしれない。少なくとも、私にはそんな器用かつ大それたことできません。そんなことを現実にやってのけたということに対しては、許されない行為ではあるけれども、「それなりの評価」というか「認める」こともあっていいと思うんですよ。これが先に書いた「認める」の意味です。「認める」ってことは、単純な非難(=「そんなことは絶対認めない!」)から見方を変えることになります。「すごいな」と思うことから、「どうやったんだろう?」とか「どんな気分だったのかな?」とか、見えてくるものもあるのです。
 「悪知恵」の有り様を想像するきっかけができれば、人は考えます。真剣に考えれば、人はその過程を記憶します。考察過程が記憶されていれば、あとはその場その場で当てはめていくだけですから、「悪知恵」というものに対してより機敏に対応することができるでしょう。機敏な対応ができるということは、いわば「免疫」となります。1人1人がその「免疫」を有していたならば、今回のカンニング行為なんて、公開された質問箱を利用するというあまりにずさんな不正ですから……「児戯に等しい」って笑い飛ばすこともできたんじゃないですかね(そういう精神的余裕が、今の日本人には決定的に欠けてますねぇ、残念ながら。余裕があれば、「IPアドレス辿られたら終わりだな」って分かるから、「こんなことは止めよう」と考えられるようにもなると思うのだけど)。
 そんなずさんな不正行為にさえ対処できなかった“最高学府”ってのも……被害者だと言い張るだけでなく、反省すべき所も多いんじゃないかな。これだけ情報端末が進化してるってのに、ケータイ持ち込みOKにして、そんな便利なものはなかった私の受験時代と変わらぬ監督体制(たぶん「人件費抑制」とかで、それ以下なんじゃないかな?)なんて「不正してくれ」って言ってるようなもんですよ。天下の京都大学が、「そんなの想定外だ」なんて情けないにも程があるでしょう。「俺たちは、何も考えていません」って公言してるのと変わらないんですから。入試監督のあり方を抜本的に改めるべく、来年度からどうするのかは必死に考えてもらいたいです。「さすがは京大」と言われるような対処の仕方、ぜひ発表してほしいものですわ。もし自分たちだけで対処できないなら、今回カンニングをした受験生から助言をもらえば良いと思います。日本はつまらんメンツとかでこういうの嫌いますけど、「悪知恵」に対抗するにはその「悪知恵」を逆に活かすことが最短の方法ですから。今どきメンツなんぞに拘って、グローバル社会とやらに勝てますか?何であれ、活かせるものがあるなら活かしたものの勝ちですよ。そんなこともわからずに、“最高学府”なんて名乗ってるわけないですよね?
 もちろん、他のいくつかの大学でも同様の被害を被ったようですし、京都大学だけじゃなく各大学にて対処してもらわないといけませんが……いろいろ考えさせられますね、この事件は。

 これからは、もっと複雑な「悪知恵」がいろんな場面で出てくることでしょう。それらにも私たちは対処していかねばいけません。安心して生きていくために。
 そのための最良の策は、1人1人が自分の頭で考え「免疫」を作ることです。
 ただ、自分の考えだけでは及ばないことも多々ありますからね。「悪知恵」を逆に活かしていくことも、必要になるんでしょうな。

|

« 「侵略!イカ娘」第3巻 Blu-ray Disc版 | トップページ | 大学 »

重い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「侵略!イカ娘」第3巻 Blu-ray Disc版 | トップページ | 大学 »