« F1 2011 開幕 | トップページ | F1 2011 オーストラリアGP »

2011年3月26日 (土)

ありがとう、「真・三國無双6」

 大地震発生後しばらくはプレイできなかったのですが、今は「真・三國無双6」をやってます。ここのところ、時間があればとにかくやっています。
 大地震当日のニュースを見て、そのあまりの被害に声も出なくなり、気分がガクッと落ち込んでしまったんですよね。週末だったこともあって、その後もずっと悲惨なニュースを見続けてましたから……週明けの14、15日あたりには本当に落ち込みまして、「このままだと、私自身が押し潰されてしまう」ってくらいになってしまったんすよ。実際折れてましたね、心が。私自身被災したわけでもないんですが、あまりにも衝撃的なことが立て続けでしたから。
 そのため、無理やりゲームをすることで半ば強制的に気分を紛らわすことにしたんすよ。「節電」ってのも、関西在住では意味がないってことも分かったので(現状、60Hz地域の電力を50Hz地域へはどう頑張っても一定量しか送れない。今回のことで初めて知りました)、「PS3使ってもいいよね」って自分を納得させて。あの頃マジで日常生活に支障が出てたもんなぁ……今思うと、ヤバかったよなぁ。
 それから10日ほど経ちましたけど、今もニュースを見ると気分が果てしなく重くなるので……「自由時間は、まずニュースを見て日本の現状をチェックし、その後はゲームで気分を紛らわす」というのが日課みたいになってしまいましたね。帰ったらとにかく「真・三國無双6」をプレイする、みたいな生活リズムだな、最近。
 てなわけで、「真・三國無双6」には救ってもらいましたよ。冗談抜きで。これ、私的には今春のド本命ソフトだったわけですが、その期待に見事に応えてくれています。難易度設定さえ合っていれば、適度な手応えかつサクサクでスッキリ爽快でして、まさに「無双」って感じです。ストーリー/クロニクルのやり応えも十二分。何より今回は、女性陣が素晴らしく魅力的。貂蝉/甄姫/孫尚香あたりの常連さん、大喬/星彩/祝融あたりの復帰組、王元姫/蔡文姫/鮑三娘とかの新キャラ、どれもイイ。「味方の総大将があまりに弱く、あっけなく死ぬので即敗北」とか細かい問題点もないわけじゃないけど、ほとんど文句のつけようのないデキだと思います。個人的には、間違いなく「無双シリーズ最高傑作」です。このソフトが発売されたこと、感謝していますよ。発売日が2日違ってたら、「発売延期」になってたかもしれませんから(ゲームソフトの発売延期が相次いでいますが、ちょっと自粛しすぎに思えますね)……本当にありがとう。

 先日、有料DLCの配布も始まったんですけど、これの売上全額が義援金になるってのも良いですな。心置きなく買えましたわ。ゲーム業界は「何でもかんでも発売延期」みたいになっちゃってましたが、あまりに「自粛」「自粛」だと私みたいに被災者以外の人たちの心が重くなる一方だし、景気まで悪くなる一方では復興どころじゃなくなってしまいますしねぇ。
 これからは国全体で復興に向かわないといけないのですから、みんなで元気を出していかないといけないし、景気も良くしないとね。被災者の方々のための義援金ももちろん大切ですが、復興のことを考えたら「積極的にモノを買う」ってことも必要なんですよね。
 とりあえず、「真・三國無双6」のおかげで元気は取り戻すことができました。次は、義援金かな。また、「モノを買う」ってのもしていきますよ。この国のため、私にできることを少しずつしていきたいと思います。

|

« F1 2011 開幕 | トップページ | F1 2011 オーストラリアGP »

ゲーム・ゲーム関連製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2011 開幕 | トップページ | F1 2011 オーストラリアGP »