« Sandy Bridge ~その5(リコール) | トップページ | 民主主義の学校 »

2011年2月 4日 (金)

八百長

 大相撲に八百長があったことが、証明されてしまったようですな。
 今までは言ってたのが出版社だったので「八百長はない」としてきましたが、今回は警察ですからね。言い逃れは不可能でしょう。
 私は、八百長はあると思ってました。というか、「大相撲の取組に一切八百長はない、あるはずがない」と思っている人って、本当にいるんですかねぇ?私にはむしろそっちの方が信じられません。プロレスなんて“八百長”……っつーか、最初から“格闘ショー”じゃないですか(“セメント”もありますけど)。あれと同じようなことをしてて、15日間連続ずっとガチンコ勝負ってむしろそっちの方がおかしいんじゃないですかね?いくら鍛えてたとしても、不意の投げとかを短期間に何度も何度もくらったら身体が持つはずありませんよ。それに、取組映像をじっくり見てたら分かりませんか。プロレス同様に、意図的で作られた動きをしている取組があるってことも。
 というわけで、私は相撲には球技と違って八百長があってもいいと思います。別に八百長だからって「大麻吸引」「野球賭博」みたいな犯罪行為じゃないんだし、相撲の勝敗が公的な賭けの対象になってるわけでもなし、あったところで誰もさして困らないし、力士のケガも減らせる。全部が全部八百長なのは困るけど、多少あるのは仕方ないでしょう。
 しかし、日本相撲協会が特例財団法人(公益法人)として税制上の特権を有しているということは、もはや許されてはならないと思います。今回発覚した八百長は、十両と幕下の給与格差を免れるためとか。「野球賭博」の際にも明らかになりましたが、とにかくカネありきなんですよね、何もかもが。角界がそんなにカネにまみれた世界であるならば、公益法人でも一般財団法人でもなく営利社団法人(=いわゆる会社のこと)として、相撲というプロ競技を通じ正々堂々と金儲けにいそしむべきですよ。そして、税金をキッチリ納める、それが今の日本社会でのルールなんじゃないですか?税金納めるのがどうしてもイヤだと言うのなら、公益法人らしくカネとは縁のない慎ましい文化活動に徹すべきです。今のような巨額のカネが動くことは、あってはならない。
 だいたい、日本相撲協会の公益性(特権)を認めている現政権は、財源がなくて、税金のムダは仕分けるんでしょ?今の内閣には「仕分け人」がすらずらと並んでることだし、この日本相撲協会もさっさと仕分ければいいんじゃないですかね。一民間企業になってもらえば、税金取れますよ。財源だってちょっとは確保できますよ。こんな時こそ「政治主導」でサクッと……ああ、相撲ファンはお年寄りが多いし、そんなことをしたらますます人気が落ちて統一地方選で勝てなくなるからできませんか~、あははははははは(情けないなぁ。これくらいできないのなら、偉そうな顔すんな!)。

 春場所とか開催したって別に構いませんよ。
 でも、そうやって何が何でもカネ稼ぎたいのなら、公益法人なんて特権は返上してください、潔く。

|

« Sandy Bridge ~その5(リコール) | トップページ | 民主主義の学校 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sandy Bridge ~その5(リコール) | トップページ | 民主主義の学校 »