« 八百長 | トップページ | 「戦国無双3 Z」到着 »

2011年2月 7日 (月)

民主主義の学校

 地方自治は「民主主義の学校」であると言われます。これは、政治的により身近な地方行政や地方議会を通し、統治機構のあり方ひいては民主主義とは何であるかを国民が学ぶ、というくらいの意味です。
 今年は、その地方自治のあり方を問う、4年に1度の統一地方選の年です。その前哨戦として昨日、愛知県知事選、及び名古屋市では名古屋市長選と市議会解散の是非を問う住民投票が行われ、名古屋市長選は現名古屋市長の河村さん、知事選ではその河村市長と連携する大村候補が勝ち、市議会解散は賛成票が圧倒しました。予想通りといえば予想通りな結果ではありましたが、いずれも「完勝」で、他の候補は足下にも及ばないような負け方でした。国政であまりにも不甲斐ない民主党が負けるのは当然としても、最大野党である自民党も、人気があるとされるみんなの党も「話にならない」というのは……衝撃的ですな。
 今回の選挙の争点は、河村名古屋市長が推進する「減税」と愛知県と名古屋市を統合する「中京都構想」という具体的な政策の是非でした。地方選挙といえば「多党相乗りvs共産の一騎打ち」とか「地元密着(=金銭的癒着)の情実選挙」とかヘタすりゃ「対立候補なしの無投票」みたいなふざけたものが未だに横行している中で、ここまで具体的政策の是非を争い、それに対して有権者(住民)が投票を通じて審判を下したというのは極めて画期的なことだったんじゃないかと私は思います。しかも、地方行政を実施する地方公共団体は都道府県と市町村の二段階制ですが、「中京都構想」というその両段階にわたる政策について統一的な住民意思が示されたんですから、画期的というより革命的といってもよいのではないかと思いましたよ。マスコミは「菅政権に打撃」とか視野が狭く打算的な程度の低い記事ばかり並べてますけど、今回の選挙は日本における民主主義全体というもっと大きな観点から見て歴史的な選挙だったと考えるべきではないですかね。
 とはいえ、今回の選挙は危険な側面も有しています。私は愛知県民でも名古屋市民でもないので実情はわかりませんけど、政治的課題は「中京都構想」や「減税」の実現の是非だけであるはずはないですよね。しかし、その是非に対する政治的姿勢だけで首長が決まってしまいました。さらに、名古屋市に至ってはそれらに反対した市議会が解散させられたわけで、これを受けた市議会議員選挙で賛成派の議員が多数を占めるということになると……地方公共団体がたった1人の首長の言いなりになってしまう、つまりは事実上の独裁政治ということにもなりかねません。何かにつけて妨害される民主主義社会にあって「中京都構想」や「減税」という画期的政策を円滑に進めるには独裁的な権限を与えるしかないというのも事実だったりしますが、独裁者は得てして暴走するものです。鹿児島県阿久根市の市長が裁判所の命令や市議会を無視するなど法秩序を無視して暴走し続け、今年になってリコールの上で再選を阻止しようやく暴走を食い止めるという前代未聞の混乱がありましたが、あのように首長に権限を与えすぎるとどうなるかはわかったものではないのです。実際のところ、各所で声高に叫ばれている「都構想」実現には法律改正が必要で本質的には地方自治の範囲外の政策ですし、「減税」すれば財源が不足するわけで行政が財源不足に陥るとどうなるかは今の民主党政権を見れば明らか。そのような実現性の乏しい政策の実現のみを独裁者に委ねて、あとは白紙委任してしまっても本当に良いものなのか……そんな政治的リスクを、今回の投票を通じて住民は背負ってしまったとも言えます。昨日の投票行動がそこまで考えた上での投票であったのならば何も言うことはないのですが、どうだったのですかね?
 地方行政のあり方を考えて投票し、その結果による政治的リスクを負い、ときには痛い目も見る、それらすべてをひっくるめて「民主主義の学校」なのでしょうな。日本国民は私も含めてまだまだ民主主義というものを理解していませんから(阿久根市のことは私も完全に想定外でしたからね。あれは本当に勉強になりました)……もっともっと経験を積んで理解を深めていかないといけませんわ。ま、問題もあるけど、先進的な選挙ができたことは間違いないわけですし、愛知県や名古屋市はそんな住民の期待を受けてうまく回っていくと良いですね。

 4月には、私の住む所でも選挙があります。よく考えて、投票したいと思います。

|

« 八百長 | トップページ | 「戦国無双3 Z」到着 »

重い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 八百長 | トップページ | 「戦国無双3 Z」到着 »