« SDF-1 マクロス ~その1 | トップページ | 鬼教官 »

2011年1月 4日 (火)

SDF-1 マクロス ~その2

 その1<こちら>ではSDF-1の紹介と要塞型について書きましたが、今回はアームド01/02と強攻型についてです。
 アームド01/02はアームド級宇宙空母の1番艦/2番艦という設定で、設定上は8番艦まで存在しているようですな。劇場版序盤の発進シーンからもわかりますが、SDF-1 マクロスに配備されているVF-1 バルキリーはこの2隻に格納されていることになっています。どれくらいのバルキリーが入ってるやらわからないけど、Wikipediaによれば260機以上とか書いてありますねぇ……って、VF-1は比較的小さい機体ではあるとはいうものの、この薄い船体にそんなに入るかなぁ?あと、宇宙空間ではいいけど、地球などの重力下では格納庫ってどーなってるんでしょうな。劇中では甲板が横向いてたし、ミリア艦の砲撃くらったときプロトカルチャーの都市宇宙船に叩きつけられたよーな気もするんですけど……重力制御装置があれば、どーとでもなるんでしょうかねw
_1_2 (※写真はクリックで拡大できます)
 1/3000のアームド01/02は全長15cmほど。写真左がアームド01、右がアームド02です。劇中では青い滑走路(?)に大きく01/02とマーキングされていたんですが、今回のやまと1/3000版ではマーキングされてませんね。
_2_2
 このアームド級のディテールがまた凄いです。うじゃうじゃ付いてるスラスターをまたご丁寧に再現してありまして……モールドされてない所は別部品を使って再現されてます。その別部品はランナーから切り離して買った人が着けていくんですけど、これがまた大変。しかも、説明書に誤記載があったりして(行程17と18が逆。やまと公式ページ<こちら>で既に指摘されていますが、気付かなかった私は行程17をやり直しとなりました。シクシク)、かなり面倒な作業でしたね。
 で、先に書いた通り、SDF-1 マクロスは変形(トランスフォーメーション)します。
Sdf1_08_2
変形後がこちらの強攻型。ま、早い話が人型ですな。人といっても、頭頂高800m弱、全高なら1000mを優に超える、山のようなサイズですけどw
Sdf1_09_5 Sdf1_10_3   
 頭部にあたるのが艦橋(ブリッジ)ですが、ヒジョーに小さいので、その巨大さがより強調されますね。さらに、ツインタワーのような主砲が劇場版はド太いので、余計に迫力ありますな。
Sdf1_11 Sdf1_12   

Sdf1_13
 当然というか、主砲発射態勢も再現可能になっています。劇中で説明されてはいないけど、やっぱりTV版同様に強攻型でないと主砲が発射できない故障発生中なんですかねぇ?
Sdf1_14
 下から仰ぐように見るとこんな感じ。全高40cmを超えるので、実にデカいです。脚は膝関節が少し動くぐらい。
Sdf1_15
 胴部アップ。ディテールが素晴らしいけど、砲台はもうちょっとしっかり作り込んであっても良かったかな?あと、股関節は股を開く方向に若干動くだけ。脚部の可動範囲はほとんどなく、ミリア艦に主砲を破壊された際の“尻もち”状態を再現することはできませんな。ただ、実際のところ、SDF-1に股関節ってあるんですかねぇ?両脚にある居住区をつなぐ道路とかが走ってると考えると、股関節なんてもんがあるとはとても思えないのですがw
Macross
 一昨年末に発売された、バンダイのDX超合金 マクロス・クォーターと並べてみました。大きさはちょうど同じくらいですね。同じ“マクロス”でも、デザインは全然違いますなぁ。ま、一方は全長1200mの大宇宙船、もう一方は全長400mのいわば巨大ロボットですから(クォーターには5本の指まであるw)、違うのも当然か。DX超合金 マクロス・クォーターもデキはすこぶる良かったんですけど(記事にはできませんでしたけどね……「いつかそのうち」って考えてるうちに、書きそびれてしまったorz)、今回のやまと1/3000版はさらに上をいきますな。クォーターの方がはるかに複雑な構造なので単純な比較はできないけど、やまとのは関節がどこもかっちりしてますな。クォーターは最初は保持力もあるんだけど、そのうちヘタっちゃって……今回比較写真撮ろうと思って久々に要塞艦型に変形させようとしたら(※普段強襲型にしてます)、すぐ崩れちゃったりしてうまくできなかったですから。値段も倍ほど違うので当然といえば当然かもしれませんけど、よくできてますよ、やまと1/3000版は。

 今回のやまと1/3000版SDF-1 マクロス、本当に素晴らしいと思います。
 ただ、ディテールに拘っている分、艦橋のアンテナとか肩部の「めったに撃たない砲」など細く尖っている部分も多くて、破損しやすいのには気をつけないといけませんな。実際、私はいきなり艦橋のアンテナ部分取れちゃいましたから(接着剤でくっつけましたが)。
 うーむ、ここまでデキのいいマクロスを手に入れてしまうと、“次”もまた期待してしまいますねぇ。これをベースにした1/3000 TV版SDF-1 マクロスってのも発売されたら確実に欲しくなるでしょうし(強攻型の右手を突き出して「ダイダロスアタック!」……したいなぁw)、もっと言わせてもらえれば、バトル7かバトルフロンティアの「完全変形 バトル級」なんてのものも発売されたら、たまらんですわ。40cmぐらいで2~3万円なら間違いなく買います。バトル級って、空母そのものの形からどうやってあんな人型になるのやらさっぱりわからんので、実に興味深い。是非欲しい。今年の末とかに発売されたら嬉しいんだけどなぁ。
 「愛・おぼえていますか」公開から四半世紀を経て、こんなにカッコいいマクロスが手に入るとは思わなかったです。やまとさんには、心より感謝します。

|

« SDF-1 マクロス ~その1 | トップページ | 鬼教官 »

マクロス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SDF-1 マクロス ~その1 | トップページ | 鬼教官 »