« 「侵略!イカ娘」第2巻 Blu-ray Disc版 | トップページ | Sandy Bridge ~その4(BIOSアップデート) »

2011年1月30日 (日)

AFCアジアカップ2011

AFCアジアカップ2011
グループリーグ
日本 1-1 ヨルダン
シリア 1-2 日本
サウジアラビア 0-5 日本
→勝ち点7で、グループBを1位通過
決勝トーナメント
準々決勝
日本 3-2 カタール
準決勝
日本 2(3 PK 0)2 韓国
決勝
オーストラリア 0-1 日本

 サッカー・アジアカップ2011がカタールで行われ、今日未明に行われた決勝で日本代表はオーストラリア代表に延長の末1-0で勝利。見事に優勝しました!
 いやぁ、初戦のヨルダン戦では後半ロスタイムまで0-1で負けてて、「今回の日本代表はダメだな。若い選手中心だし、練習時間とかロクにとれなかったみたいだしなぁ……」とか思いましたけど、やりましたね~。アジアの頂点、それも韓国とオーストラリアを直接下しての頂点ですから、価値がありますよ。
 しかも、ヨルダン戦はミスから相手に1点献上してしまった吉田(VVVフェンロ)の起死回生のヘッドで同点に追いつき勝ち点1確保、シリア戦ではGK川島(リールス)の退場→PKで同点という大ピンチになりながらも勝利、サウジ戦は岡崎(清水)のハットトリック達成とFW前田(磐田)の2得点で圧勝、カタール戦ではホームのカタールに常に先行され吉田が退場となるも終了間際の逆転劇で勝利、韓国戦では延長終了直前に同点に追いつかれてPK戦とされたけど川島の神懸かり的セーブで勝利、オーストラリア戦では何度もオーストラリア代表に決定的な場面を作られながらも粘って粘って最後に途中出場の李(広島)のゴールで勝利……いやはや、どの試合も本当に劇的でした。楽な試合は相手が予選敗退決定で意気消沈していたサウジ戦くらいなもので、あとはどれもギリギリの勝負でしたからねぇ。代表の若い選手たちが厳しい試合を勝ち抜くという素晴らしい経験をしたって点でも今回の優勝は価値ありますよ、ホントに。
 大会MVPも、MF本田圭佑(CSKAモスクワ)が獲得しました。ま、本田もチームの中心として実際よくやってましたが、個人的には長谷部(ヴォルフスブルク)がチームMVPじゃないかと思いました。今大会の長谷部は、昨年のW杯時よりチーム貢献度が大きかったですよ(点も取りましたし)。遠藤(ガンバ大阪)と岡崎も良かったですね~。あと長友(チェゼーナ)や今野(FC東京)も「さすが」でしたな。もちろん、守護神・川島も本当に凄かった。また、控えGK・西川(広島)も十分使えるレベルにあると証明できたのもこれからの日本代表にとって大きかったですね。“世界”に通用する選手が着実に育ってきているのは実に心強いです。
 松井(グルノーブル)と香川(ドルトムント)のケガ、特に香川が手術が必要なほどに重いケガをしてしまったのは極めて残念でしたけど……日本代表が得たものは大きいと思いますよ。アジアカップ4度目の制覇は史上初であり史上最多優勝の国となりましたし、次回アジアカップ出場予選の免除のみならず各大陸王者で競うFIFAコンフェデレーションズカップ2013への出場資格も獲得しました。また、今年7月にアルゼンチンで開かれるコパ・アメリカ2011(南米の大陸選手権)に日本代表は招待出場するのですが、ただの“招待枠”じゃなく“アジア王者”として堂々と乗り込めますしねぇ。良いことずくめですわ。これを機に、さらにヨーロッパのクラブチームに移籍する若手が増えるような好循環が続くともっといいですな。

 アジアチャンピオン、本当におめでとう日本代表。
 次の目標は、コパ・アメリカでの決勝トーナメント進出ですな。是非お願いしますよ!

|

« 「侵略!イカ娘」第2巻 Blu-ray Disc版 | トップページ | Sandy Bridge ~その4(BIOSアップデート) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「侵略!イカ娘」第2巻 Blu-ray Disc版 | トップページ | Sandy Bridge ~その4(BIOSアップデート) »