« MHFクリア | トップページ | 「グランツーリスモ5」 »

2010年12月15日 (水)

「モンスターハンター フロンティア オンライン」

Mhf
 Xbox360用「モンスターハンター フロンティア オンライン(MHF)」、クリアということで感想を書いてみます。

 以前PSP用ソフト「モンスターハンター ポータブル2G」を買ったことは買ったんですけど、買った直後にいろいろあってプレイできず、事実上今回のMHFが“初モンハン”な私でしたが……5月のクローズドβテスト&6月の「ビギナーズパッケージ」発売に伴うオープンβテストに参加の上、本サービスにも結局5ヶ月連続で参加しました。それもほぼ毎日インしてましたからねぇ(もちろん、仕事があるので平日は夜だけですが)、ここまで長くやり続けたゲームって、未だかつてなかったと思います。
 とはいえ、楽しいからやり続けてたわけじゃ必ずしもないんですよね。なーんか、秋ぐらいから義務感みたいなもんさえ感じてて、「第二の仕事」みたいになってましたな。今までここに書いたMHFに関する記事も不満ばかり書いてますしw。こんな気持ちで続けたゲームってのは初めてです。我ながらよく頑張った、かな?
 長くやったこともあって感想もあれこれこんがらがってたりするので、大きく3つに分けてみました。

●課金オンラインゲームである点について。
 “モンハン”のみならず課金制オンラインゲームをすることも私はこのMHFが初めてだったんですけど……最初は「Xbox Liveのゴールドメンバーシップ12ヶ月分がついてくることを考えればタダ同然」というケチくさい動機で始めたはずなのですが、終わってみれば凄い額をもっていかれましたよ。パッケージだけでも「ビギナーズパッケージ」に「シーズン9.0 プレミアムパッケージ」にPC版「MHF シーズン8.0 プレミアムパッケージ」を購入し、プレイのために最低限必要なハンターライフコース分と事実上必須なエキストラコース分を毎月支払い、その上課金装備のための「プレミアムキット」と「ブースターパック」にも手を出し、最終盤に「アシストコース」なるものにも手を出して……MSP(マイクロソフトポイント)で支払ったため正確な額はわからんのですが(Amazonにて20%ほど割り引かれたプリペイドカード2種類を購入してMSPを補充してったので、きっちりした算定が不可能w)、合計すると3万円ぐらいになってるはずです。ま、特典のゴールドメンバーシップ分は差し引けるし、差し引かずとも月1本ずつ新作ゲームを買い続けるより安くついてはいるのですが……こんなにお金をつぎこんだって気持ちはさらさらなかったんで、びっくりですよ。パッケージ購入はともかく、知らず知らずの間に金を使わせるこの課金システムは「見事」と思うと同時に、「恐ろしい」と思いましたね、マジで。「ブースターパック」はもっともっと買いたかったところを堪え、「ターボパック」には手を出さなかったなど、欲求を抑えに抑えたにも関わらずこの結果ですから、欲望の赴くままに買ってたら大変なことになってましたな。いやぁ、ホント、欲しくなるんですよ、課金装備。時間も考え合わせると、費用対効果が実に大きいんです。端から見るとバカバカしいとしか思えないだろうし、私自身オンラインゲームに万単位で課金するなんて「アホじゃないの?」みたいに思ってたりしたんですが……今なら「やってない奴にはわからんのじゃー」って言っちゃいますねw。このゲームやるなら、金のかかるゲームだと覚悟しといた方がいいですよ。
 また、「ネトゲ廃人(ネットゲームで普通の生活が送れなくなった人のこと)」なんて言葉がありますけど、このMHFをやってみて、そうなってしまうのも少しわかった気がしました。このゲーム、ゲーム内で要求されることが多種多様で異常に多いんですよ。しなきゃいけない事の1つ1つはさほど難しくないんだけど、達成するためには何度も繰り返さなきゃならず、時間はとにかくかかる。けど、達成すれば確実な報いがあり、時間を短縮するには協力してプレイするのが有効で協力することで達成感はより強くなる。強い達成感が繰り返されるとそれが快感になり、やり始めると達成するまでやり続けたくなって、昼夜が逆転し始める。達成したらしたでまた次の目標が転がってて、それらを次から次へと達成していくとそのうち目的が達成することじゃなく、ひたすらゲームをプレイし続けることになってしまって……そうなると、学業や仕事のような達成感が曖昧で報われる実感に乏しいことは何一つ面白くなくなり意味がないように思えるでしょうから、「ゲーム漬けになってしまうってのも無理ないかも」と思いました。「さほど難しくない」「人と協力して達成する」「確実に報われる」ってあたりがキモですかねぇ?現実社会はこのへんが希薄になりすぎているので、錯覚を起こすのも無理ないんですけど……錯覚はどこまでいっても錯覚ですからねぇ。廃人化してしまうかどうかの境目は「誰かによって作られた達成感であり、現実にはまるで意味のない報いである」ってことを意識できるかどうかですかね。人の言うことに従うってのが私は大嫌いなので「誰かによって作られた」ってのに反応して廃人にならずに済みましたが、実際24時間戦ってるようなハンターさんもいるようですし……何事もほどほどに、ですかね。
●アクションゲームとしてどうかについて。
 このゲームはリアルタイム操作でモンスターを狩るわけで、基本的にアクションゲームなのですが、アクションゲームとしても非常に良くできていると感じました。私はかなりアクションゲームが苦手な部類なんですけど、私みたいなヘタクソなプレーヤーでもモンスターの特性や行動を覚えることでだんだん対処できるようになっていくんですよね(もちろんヘタクソにはいつになっても対処しきれないモンスターもいましたが。上位ヴォルガノスとか)。その辺の加減は、良くできてると思います。
 ただ、時々ボタンを押しても反応しなかったり、反応が遅れる感じがつきまとったりすることがありました。元々動作がキビキビというより鈍い感じなので、先を読んで行動していかないと間に合わないゲームなんですけど……時折「これ、そもそもキー操作に反応してないだろ」みたいな場面に遭遇するんですよね。常にそうならそういうものなんでしょうけど、なるのはときたまだからタチが悪い。単にうちのコントローラーに問題がある(※私は無線コントローラーは使っておらず、常に有線です。ただ、何年も使っているので、機械的に問題がある可能性もなくはない)だけかもしれないし、回線を通しているオンラインゲームだからある程度は仕方ないことなのかもしれませんが……一発即死とかが普通にあるゲームなので、キーレスポンスは“絶対間違いない”ってレベルであってほしかったなぁ。最後まで信用できなかったのは残念に思います。
●ゲームシステムについて。
 モンスターを狩るための「クエスト」のシステムも、よくできてると思いましたね。基本4人までってパーティ人数も、見ず知らずのハンターさん達を募集する時とかのことを考えると、絶妙な数だと思いましたし。
 しかし、「剛種クエスト」のシステムだけは最後まで納得できませんでした。前にも書いたことあるけど、「剛種クエスト」ってのは剛種と呼ばれる強いモンスターを倒す難易度が高いクエストでして、参加するには「剛種適性試験」というこれまた難易度高めのクエストをクリアして調達する剛種チケットが必要なんですが、失敗するとこの剛種チケットがムダになるんですよ。そのため、失敗することが基本的に許されない雰囲気になってまして……故に武器指定とかパターンハメとかが横行してたりします。そういうことを知らないと失敗しやすくなるため、知識のない人に対する風当たりが必要以上に強くなり、プレーヤー同志で罵り合う一番の原因になっている、そんなイメージがあります。ま、シーズン9.0からリタイアすれば剛種チケットが返却されるようになったんで多少マシにはなったかとは思うんですけど、失敗すればパーティの連帯責任になってしまう点は変わってないわけでして……とにかく「剛種クエスト」のパーティプレイは個人的にイヤでしたねぇ。フレンドさん達と行くならともかく、野良募集に入ることはしませんでした。実際行ってみたら「いうほど難しくないかなぁ」とも思ったし、クリアも30回くらいはしたんですけど、やっぱ失敗率は他のクエストに比べてはるかに高いんで、復帰したとしても野良パーティに入ることはないでしょう。求人区募集なんて絶対行きたくないですし(失敗したら何言われるかわかったもんじゃない)。アンケートにも書いたことあるんですが、このシステムは本当に廃止してほしいです。
 あと、課金オンラインゲームだからか、「狩人祭」ってイベントが定期的に行われるんですけど……これにも不満がありましたねぇ。「狩人祭」はハンターの組合のような「猟団」で参加して、特定モンスターを狩って「魂」を集めて「魂」数に応じた特別報酬をもらうってイベントなんですが、個人が「魂」を集めて得たポイントは猟団内で均等に分配されちゃうんですよね。完全個人報酬制にしちゃうと猟団の意味がなくなってしまうってのはわかるんですけど、歩合制とかにして「魂」集めを頑張った人と頑張らなかった人の報酬にある程度差をつけないと不公平だと思います(これもアンケートで書いたのですがね)。それと、いくらなんでも間なしにやりすぎですよ。何だかわからないけど、祭が終わったと思ったら間髪入れずに次の祭が始まって、それが終わるとまた祭が始まっての繰り返しで……これじゃ「祭=特別なイベント」じゃなくなってますし、「魂」集めって結構疲れるものでして、最後の方は心底うんざりしてました。祭は1回3週間かかるんですから、2ヶ月に1度くらいでいいんじゃないかと思いますな。

 1人でプレイすることも多かったし、パーティプレイでも「よろしく」「お疲れ」でおしまいって付き合いが多かったんですが、クエストに何度も同じメンバーで行ったりしてフレンドさんでもない見ず知らずの人たちとパーティとしての連帯感が生まれたときは確かに他のゲームでは味わえない楽しさがありましたね。「これがオンラインゲームの醍醐味か」と実感しましたよ。
 でも、このゲーム、面白いところは本当に面白い一方で、不満なところはものすごく不満が募るんすよねぇ。割合的には半々くらいだったかな?好きなところイヤなところが両極端であるが故に、「最高!」とも「サイテー!」とも評価を割り切れず、義務的になってまでもプレイし続けてしまうというか、そんな感じでしたね。だから「このゲームにハマった」って気がイマイチしないんすよねぇ、半年ぐらいずっとやってたってのに。こんな風に思うってのも実にヘンなんですが……何なんだろうなぁ、このどっちつかずの中途半端な感じ。自分でもよーわからんですw
 「この年末年始から始めたいんだけど」と言われたら……うーん、そうですねぇ。「オンラインゲームってのには、とんでもないのがいるのでは」と警戒心も持ってたんですけど、何百回とクエスト行った割には想像してたほど悪い人には遭遇せず、むしろいい人多かったし、今から360版のサーバー4(※サーバー5もあるんですが、私は5のことはわからんのでw)にて新規でハンターライフを始めても普通に面白くプレイできるんじゃないかと思います。アクション面は技術より慣れですから、なんとかなりますし。ただ、MHFを始めたら最後、時間と金はいくらあっても足りなくなるってことは覚悟しといた方がいいですな。あとゲームプレイ上の知識とかをネット上で調べておくことも必須ではないにしろ要求されることが多いので、そのへんも覚悟して臨んだ方がいいかなぁ。気軽に「オススメ」とは言えないけど、「楽しいことは楽しいゲームですよ」ってところですかね。

 やたら長い割に何とも歯切れの悪い感想文になってしまいましたが……「二面性のある、ややこしいゲーム」ってことで、ご容赦ください。

|

« MHFクリア | トップページ | 「グランツーリスモ5」 »

ゲーム・ゲーム関連製品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MHFクリア | トップページ | 「グランツーリスモ5」 »