« 問責されるべきは | トップページ | 国際A級ライセンスクリア »

2010年11月28日 (日)

「龍馬伝」最終回

 今年の大河ドラマ「龍馬伝」が、今日最終回でした。坂本龍馬の話ってあまり好きじゃないので前半はほとんど見ておらず、新撰組(原田泰造の近藤勇は面白かった。隊士で一番に斬りかかって目立ちまくる近藤さん、ありえねーw)が出てきて“幕末”っぽくなったあたりから見始めて、それからはほぼ全話見てました。
 で、今回龍馬さんが暗殺されて終わりでした。暗殺者は京都見廻組にしましたか……うーん、私は薩長側の人間が暗殺したんじゃないかなーとか思ってるんですけど、全国放送のTVドラマとしては妥当な解釈ですかね。あんな暗い中を突然襲われたら、どんな人でも殺されちゃうか……鉄砲持ってたって応戦なんてできないですな。良い演出だったと思いましたが、またそんな時に限ってデカデカと「当選確実」のテロップが、ねぇ。あれ、ホント、最悪のタイミングでしたね。苦情殺到したんじゃなかろうかw

 まぁ、今回の「龍馬伝」、何というか、予想通りというか、龍馬さん大活躍でしたね。1人で薩長同盟も大政奉還も成し遂げちゃって、明治維新の礎はみーんなみーーんな坂本龍馬が作り上げたみたいなー……って、
んなわけねーだろ!!
 たしかに、坂本龍馬という人は一脱藩浪士という身分(今で言うと「住所不定無職」みたいなもんですわな)ながら、幕末の日本を駆け巡った凄い人だとは私も思います。
 しかし、最大の功績と言われる薩長同盟も、むしろ中岡慎太郎その他の人々が走り回ってたからなんとか成立したんであって、龍馬1人でやったわけじゃない。大政奉還にいたっては、土佐藩という地方レベルから幕府/朝廷という国政レベルまでの多数の人たちのいろいろな思惑が重なりに重なってああなったわけで、龍馬1人の思いが後藤象二郎→山内容堂→徳川慶喜と伝わって完了なんて単純な話であるわけがない。いくら龍馬という男をヒーローにしたいからって、こうも単純化されて「どうだ、スゲーだろ」って見せられてはね、「アホか」って言いたくなりますよ。敵となる徳川慶喜は暴君みたいにされてるし、案の定大久保利通の扱いはおかしいし、「捏造レベルの酷さだなぁ」と思いました。
 でも、「こんな風に描かれるからこそ、いわゆる“龍馬かぶれ”ってのがいつの時代にも量産されるんだなぁ」と納得できたし、これはこれでいいのかもしれませんね。“龍馬かぶれ”が、往往にして単細胞な考え方の人たちである理由も、よーくわかりましたよ。あの人たちはたぶん、自分にとって都合の良い情報であれば、一方的であっても疑うってことをせず、簡単に信じ切っちゃって、物事を本質から見ようとしないんですな(言い方を変えれば、永遠に騙され続けるタイプの人たちってところか)。だから、ああいう安直なヒーロー像(偶像)にすがってしまうわけで……って、世の中どの時代だろうがそんなに単純じゃないでしょうよ。自分の周りを見ればすぐ分かるだろうになぁ。思い込みを捨て、多面的に考えて自分で判断する、現代人たる者はこうありたいものです。

 そんなこんなで「酷いなぁ」と苦笑しながらも私がこの「龍馬伝」を見続けたのは、龍馬の周りの人たちがどういう人だったのかが見られたからです。土佐勤王党の武市半平太や“人斬り以蔵”ってのがどんな人だったのかとか、三菱創業者の岩崎弥太郎と後藤象二郎は特に興味深かったですな。岩崎も後藤も脚色されすぎではあるのでしょうけど(どっちもとんでもない描かれ方でしたしw)、歴史の教科書だけじゃわからんですからね。その点では、本当に面白かったです。
 大河ドラマはきっちり作り込んであるだけあって、いいですねぇ、やっぱり。あー、来週からは「坂の上の雲」か。そちらも是非見ないと。
 来年は……どーすっかなぁ。浅井三姉妹から見た戦国時代ってテーマは実に面白そうなんですけどね。ま、とりあえず見てみましょうかね。

|

« 問責されるべきは | トップページ | 国際A級ライセンスクリア »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 問責されるべきは | トップページ | 国際A級ライセンスクリア »