« F1 2010 ブラジルGP | トップページ | SP武器強化 »

2010年11月10日 (水)

罰せられるべきは罰せられないと

 沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突を撮影したビデオ映像が流出した事件で、神戸海上保安部に所属する男性職員が「自分が映像を流出させた」と話し、事情を訊かれているみたいですな。
 政府がひた隠しにしてきたこのビデオを、この職員がYouTubeに流してくれたおかげで、映像がニュースで全国に流れて私も問題の中国漁船がいかにひどい行為をしていたかが分かったわけですけど……それでも、この流出行為は許されてはならないと私は思います。
 本当にこの職員が流出させたとしたら、この人は海上保安庁所属、すなわち準軍事組織所属の人間なわけです(※今の日本国に憲法上軍事組織は存在しないんですけど、その日本国の海上保安庁が諸外国でいうところの沿岸警備隊、つまり準軍事組織であることは誰の目にも明らかでしょう)。そういう組織の、しかも報道によれば主任航海士という責任ある立場の人間が、(問題ありすぎとはいえ)機密扱いとなった情報を、形はどうであれ外部に漏らす行為に何のお咎めもないなんてことになったら、まず海上保安庁という組織内の規律が崩壊しますよ。「それぐらい、いいじゃない」って考える人もいるかもしれませんけど、それこそ「平和ボケ」です。彼らの巡視船は武装されています。海上自衛隊ほどではありませんが、35mm機関砲とか一般人には到底扱えないような火器も彼らは有しています。そういうものを国から預かる組織の規律が保たれなくなるってことは大変なことで、あってはならないことです。当然、組織内で厳罰に処してもらわないとなりません。
 また、この職員は公務員でもあります。一公務員が、行政の長である内閣が機密扱いとした方針に楯突き、映像を外部に漏らすなど本来言語道断です。「ロクに働きもしない」とか「税金泥棒」とか何でもかんでも公務員を叩けばよいと思っている今の日本においては、この職員は最も許されない行為をした公務員として叩かれてしかるべきなんですよ。職務怠慢より余程悪いことをしたんですからね。一公務員としての責任追及も必ずしてもらわないと困ります。こんなことが許されるようでは、国家機密なんてあってないことになってしまいますぞ。機密1つ守れないのでは「最新鋭戦闘機・F-22 ラプターを売ってくれない」とか何とかどころじゃなく、世界中から日本国政府そのものが信用されなくなってしまいますしね。それこそ国益を失いますよ。
 したがって、この職員が本当に映像を流出させたのなら、罰せられなければなりません。たとえ「義憤」にかられてやったんだとしても、マンガ喫茶から投稿したり、騒ぎになっても名乗り出ず発信元を割り出されたとマスコミが言い出した途端出てきてみたり、その行為が悪質であることは間違いないですから。罰せられるべきは罰せられないとなりません。国家公務員法違反に問えるかどうか怪しいのかもしれませんけど、可能な限り厳罰に処さねばならないと私は思います。

 しかし……ネットで吹き荒れる無責任な擁護の声ってのも、今回にかぎっては「無理もない」と思いますね。擁護を叫ぶ連中の多くはただの“アンチ政府”で、政府のやることなすことにケチつけたいだけなような気もしますけど……にしても、今回の民主党政権の対応はひどすぎますよ。上の方にいる連中はこの映像を見ただろうに、海上保安庁をねぎらうこともなく、ただただ中国との関係に配慮して映像公開もせず、中国の不当な対日バッシングや中国国内での捏造報道(明らかに中国当局の指示によるもの)にもダンマリを決め込んで、平気な顔をしていたわけですからねぇ。結果、「領有権問題対処に消極的」との印象を与えてしまい、ロシアのメドベージェフ大統領の北方領土来訪を招いたとしたんだとしたら、「情けない」とか何とかってレベルじゃないですよ。前首相の対米外交の失敗と同じかそれ以上の失敗ですな。どうしてこのビデオの公開ぐらいしなかったのか、なぜ中国に毅然と立ち向かおうとさえしないのか……許されないのは流出させた職員よりも政権の方じゃないのかってことは、私も思います。強くね。
 ただ、それでも罰せられるべきは罰せられるってのが法治国家なんですよ。これが「愛国行為だから無罪」ってなってしまったら、日本国が中国と同じになってしまいます。日本はそんなことになってはいかんのです。
 民主党政権には、また別の形で責任を取ってもらいましょう。政治的責任ってやつを、きっちりとね(日本国民過半数の同意が必要なので、皆さんの投票行動次第ですけど)。

|

« F1 2010 ブラジルGP | トップページ | SP武器強化 »

重い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2010 ブラジルGP | トップページ | SP武器強化 »