« 「グランツーリスモ5」到着 | トップページ | 「龍馬伝」最終回 »

2010年11月27日 (土)

問責されるべきは

 尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐる政府対応の責任追及のため仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相に対する問責決議案が提出され、参院本会議で社民党を除く野党の賛成多数でそれぞれ可決されました。
 これって、どうなんですかねぇ?
 たしかに、菅内閣の中国漁船衝突事件への対応は明らかにおかしく許されないものでしたし、その責任を追及するのは野党の仕事であり責務だと思いますよ。
 しかし、問責を出す相手は官房長官と国交大臣で本当に正しいんですか?
 そりゃ、仙石官房長官には失言とかもありましたけど、「実質的に方針決めたのがこの人だから」ってのが本音だとしたら、そもそも官房長官ごときが内閣を仕切ってるってこと自体が問題なんじゃないでしょうか。また、馬淵国交大臣は海上保安庁を所管してて海保の情報管理体制の甘さにつき責任があるっていえばそうですけど、それって問責に値するんですかね?だいたい漏らした海上保安官は未だに何らの処分もされてないじゃないですか(どころか一部じゃ“英雄扱い”な上に、野党も処分を求めていない。どうなってんですかねぇ、この国は。本当に「愛国無罪」の国になるんでしょうか)。部下が悪いことしたわけでもないのに、上にだけ責任追及っておかしくないですかね。それに、国交大臣として今回の対応につき、何かできましたか?情報の管理なんて言ったって、もともと自由だったものを中国人船長を解放した途端厳重管理にするってことそのものがおかしいんであって、解放決定後に厳重にせよと命じたのなら国交大臣の職務は忠実に全うしてるんじゃないですか?
 問責されるべきは、個別の担当大臣じゃなく、船長解放などというバカげた決定をした内閣そのものであって、個人責任を追及するとしたら内閣を代表する菅直人内閣総理大臣ではないでしょうか。野党としては、こんな変化球じゃなく、菅内閣への不信任案ないし菅直人総理への問責という直球でいくべきだったんじゃないでしょうか。
 ネットじゃ“ネット右翼”を中心に仙石官房長官叩きが激しく、今回の問責決議可決もほとんどが賛成みたいですけど……実際の政治の世界まで、その程度の“八つ当たり思想”レベルに落ちてしまってるんですかねぇ?私には、野党が「菅内閣が今すぐ潰れては困るから、大臣潰しに留めておこう」などと考えているように思えてならないですが……そんな責任逃れ的発想の頼りないボンクラ野党で日本は本当にいいんでしょうか?特に自民党。日本国を憂えるというのなら、あんなヘボ内閣をさっさと解散総選挙に追い込んで政権を奪還する覚悟ぐらい見せろ!まさに「有事」ってときに、あんたらホント情けないぞ。民主党よりはマシかもしれませんけど、こんなことやってるようじゃ、正直今の彼らには政権を任せられないですよ。

 もはや、どうにもならないんですかねぇ、この国は。北朝鮮から砲弾が飛んできたら、どうなっちゃうんでしょうな。誰か対処できるんだろうか?

|

« 「グランツーリスモ5」到着 | トップページ | 「龍馬伝」最終回 »

重い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「グランツーリスモ5」到着 | トップページ | 「龍馬伝」最終回 »