« 静岡ガンダム! ~その1 | トップページ | 静岡ガンダム! ~その3 »

2010年10月30日 (土)

静岡ガンダム! ~その2

 “静岡ガンダム”見物記その2は、ディテール中心に。

 このガンダム像は、とにかく、細かいところまでミッチリ作り込まれてるって感じですな。去年、似たような大きさの神戸の鉄人28号を見たんですけど

Photo

実に対照的でしたよ(鉄人はほんとツルンツルンで、「ディテール?何それ」状態ですから。関節も、とても動きそうに見えないしw。ま、あれはあれで「鉄の塊」って感じがしていいんですけどね)。

_06

 まず胴体。コクピットハッチの部分も、ちゃんと開きそーな雰囲気出てますよね。排気ダクトのルーバーも再現されてます。

_07

 顔。メインカメラが、単に光ってるだけじゃなくて「中にはいろいろセンサー詰まってるんすよ」って作りになってますねぇ。アンテナ(ツノ)の先端が尖ってないのはちょっとショック(玩具は尖ってるといろいろマズイため近年のプラモデルはアンテナが尖ってないんですが、今後は「ガンダムのアンテナは尖っていない」って方向で正当化されてしまうんですかねぇ……うーん)。

_08

 腕。思ってた以上にあちこちの関節が作動した状態になってるんですね。この右腕の造形は、本当に素晴らしいと思いました。

_09

 腰&脚。股間部にカバーがないってのは、ビックリしました。姿勢制御用アポジモーターがあるとかならわかるけど、そういうわけでもなさそうだし、「カバーが外れて落下するとまずいから、付いてないのかなぁ?」とか考えましたが……どうなんでしょうな。ビームサーベルを握ってる右手首の捻り具合は、この角度から見てもやはりイイ感じ。

_10

 最後にランドセル。“お台場ガンダム”の記事とかで「推進ノズルが4発である」っていうのがイマイチ理解できなかったんですが、実物を見てようやく理解できました。たしかに、4発ありますな。ま、この方がガンダムMk.Ⅱとの整合性という点でいいかもしれないけど……「こんな向きで本当に良いのだろうか。腰の黄色い部分はたしか予備の制御回路か何かだったよーな?熱暴走とかそんなレベルじゃねーぞ」などと、余計な心配をしてしまいましたw

その3へ続きます。

|

« 静岡ガンダム! ~その1 | トップページ | 静岡ガンダム! ~その3 »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静岡ガンダム! ~その1 | トップページ | 静岡ガンダム! ~その3 »