« 劇場版マクロスF ~イツワリノウタヒメ~ Hybrid Pack | トップページ | Windows Live Spaces終了 »

2010年10月12日 (火)

“ザックJAPAN”、2戦目

 “ザックJAPAN”としての2戦目、そして代表としては今年最後の試合となる韓国代表との親善試合が、今日アウェイで行われました。
 日本代表のスターティングイレブンは、今回はGK西川/DF駒野・今野・栗原・長友/MF長谷部・遠藤・松井・本田・香川/FW前田という布陣に。川島と岡崎は故障で離脱、森本は前田と戦略的交代ですかな。
 試合は、結局0-0のスコアレスドローとなりました。韓国はエースのパク・チソンが練習で痛めたとかで出場できなかったことが影響したか、積極的な攻撃を仕掛けてこなかったですな。一方の日本は、韓国のプレッシャーで潰されながらも(特に香川。今日は徹底マークされてましたな)攻撃を仕掛け続け、特に後半には本田が決定的な場面を何度か作るなど、終始積極性を出してましたね。本田を中心に運動量が最後まで落ちず、良いサッカーをしたんじゃないかと思いましたけど……今日の韓国代表は、貪欲に攻めかかってくる怖さがなかったですからねぇ。あと2人ぐらい前掛かりで攻めてもよかったかなぁと。勝てた試合を落としてしまったかもしれませんな。ま、あくまで親善試合ですから、勝ち切らなくてもいいといえばいいんですけどねw。
 ま、今日は守護神・川島不在ながら、韓国相手に無失点で終えられたってのが一番の収穫ですかね。西川選手で90分間フルに守りきったってのは大きいと思います。また、ザッケローニ新監督流のゾーンディフェンスも機能してたみたいだし(ほころびはでてたけど、ま、それはどんなシステムでも出ますから)、新チームのテストとしては上々かな。
 でも、来年1月のアジアカップは真剣勝負で、いきなり真価を問われますからね。そのときはしっかり勝てるようチームを作っていってほしいと思います。

 今年のサッカー日本代表は、6月14日のカメルーン戦の前と後で全然違うチームになったように思いますな。前はどこをとってもイマイチっぽいひ弱なチームだったけど、カメルーン戦に勝ってからは走れる逞しいチームになってしまった、みたいな。アルゼンチン戦は若干危なっかしさが見えたけど、今日の韓国戦は危なっかしいと全然思わなかったです。これで点も確実に取れるようになったら、世界的な強いチームになるかもしれないって期待が持てますよ。ホントに。
 来年は、日本サッカーにとって良い1年となりますように。

|

« 劇場版マクロスF ~イツワリノウタヒメ~ Hybrid Pack | トップページ | Windows Live Spaces終了 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 劇場版マクロスF ~イツワリノウタヒメ~ Hybrid Pack | トップページ | Windows Live Spaces終了 »