« これでも中国の属国になりたいですか | トップページ | メジャーアップデートされたけど »

2010年10月 8日 (金)

“ザックJAPAN”、始動

 サッカーW杯南アフリカ大会から3ヶ月……ついに、ザッケローニ新監督の指揮する新生サッカー日本代表が始動ですよ!

 今日、埼玉で日本代表とアルゼンチン代表との親善試合が行われました。
 日本代表のスターティングイレブンは、GK川島/DF内田・今野・栗原・長友/MF長谷部・遠藤・岡崎・本田・香川/FW森本という布陣に。横浜の栗原選手以外はW杯代表(帯同メンバー含む)ですなぁ……つーか、故障で辞退した中澤と闘莉王が参加してたら、“岡田JAPAN”とほとんど変わらんかったかも。
 一方のアルゼンチン代表はというと、あのメッシも、テペスもミリートもイグアインもいる、こちらもほぼW杯代表メンバーを揃えた“本気モード”でした(名物監督が解任されちゃって不在なのは、極めて残念でしたがw)。「こりゃスゲー」ということで、見ましたよ、中継をライブで。
 いやはや、「これはさすがに勝てんだろう」と思って見てたんですが……メッシその他に翻弄されつつも、なんと先制したのは日本。前半19分、長谷部のシュートをキーパーが弾いたところへすかさず岡崎が蹴り込んでゴールですよ!これにはビックリしました。その後は攻め合いながらもどちらもシュートは決まらず、得点なし。結局、1-0で日本代表が初めてアルゼンチン代表を破りました。
 ま、アルゼンチン代表は監督が正式には決まっておらず、戦術面でかなり不利であったことは否めませんし、どこか痛めた選手が途中交代するというアクシデントもあったりしましたが……メッシとテペスが90分間ちゃんと走り回っていたにも関わらず、日本代表は勝ったわけですからね。よくやったと思いますよ。セットプレーじゃなく、アルゼンチンのディフェンスをしっかり崩しての得点でしたし、香川を中心に攻撃の形を見せつけてましたしねぇ(ドルトムントで大ブレーク中の香川、確かにすごいです。本田の存在感が霞んでしまってましたねw)。フロックではない勝利と言って良いでしょう。新監督の初采配試合としては、これ以上ない結果だったんじゃないでしょうか。
 ただ、今日の日本代表の試合運びとかって、“岡田JAPAN”の延長線上でしかないよーな気もしました。岡田前監督が指揮してても、たぶんこんな感じになったんじゃないかなぁ?数日しか指導してないみたいだから仕方ないけど、もうちょっと“ザッケローニ流サッカー”ってやつも見てみたかったですな。ま、そのへんは指導が浸透する来年あたりまで待つしかないか。

 日本代表を、香川や森本などの若手が引っ張るようになってくれると、次のW杯に向かうに当たって実に頼もしいですな。20代前半の選手でレギュラーの半分を占めたりできたら、今までにない活きの良いサッカーをするチームに生まれ変わるかもしれませんし。
 新生“ザックJAPAN”は、そういう日本代表になってくれることを期待しています。

|

« これでも中国の属国になりたいですか | トップページ | メジャーアップデートされたけど »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これでも中国の属国になりたいですか | トップページ | メジャーアップデートされたけど »