« 防具強化で泣きそうになる | トップページ | “ザックJAPAN”、始動 »

2010年9月25日 (土)

これでも中国の属国になりたいですか

 今月7日に起きた沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で逮捕していた中国人船長が今日、釈放されてしまいました。
 この釈放は那覇地検が決めたということになっていますが……ま、政府の意向が大きいでしょうね。極めて残念な判断だと思います。
 今回の逮捕・勾留手続に関しては、感心してたんですよ。“親中”といわれる民主党政権にしては、珍しくきっちり対処していたんで。尖閣諸島沖での逮捕、そして中国側の反発に安易に妥協せず刑事手続を進めていったことに対して「なかなかやるじゃない」と思っていたのに……結局は釈放かよ。ガッカリですよ。
 たしかに、中国政府の反発がやたら強硬、いやそれどころじゃなく「バカじゃねーの?」ってくらい常軌を逸した行動連発で、しまいには旧日本軍の遺棄化学兵器関連事業のために訪中していた日本人4名を身柄拘束するに及んだわけで、国民4人の命と天秤にかけさせられては「釈放して手打ち」にせざるを得ないかもしれません。
 しかし、逆に言えば、こんなヤクザまがいの脅し(いや、ヤクザ屋さんだってここまで酷くはないと思う)に日本政府は屈してしまったわけですよ。非は向こうにあるんだから頭を下げるべきは中国政府だってのに、こっちが頭を下げてしまったわけですから、向こうは二度と頭を下げないでしょうね。中国政府は自分たちに非があると分かってたからこそあんな無茶苦茶なことをやってたわけだし、それが成功しちゃったわけだから、もう何も恐くないですよ。「脅せばどうとでもなる国、日本」、少なくとも中国政府からはそういう国になってしまったってことです。
 で、中国政府は自国民船長をチャーター機でお出迎えの上、取り返したら早速「謝罪と賠償を要求」だそうですよ。
 こんな連中、許しておけますか?私は、絶対許せませんね。経済上のこともありますし、ある程度の譲歩は仕方ないと思ってましたけど、ここまでバカにされては、一国民として黙っていられません。
 “切り札”を切ってしまったんで、どの程度効果があるかは分かりませんけど……日本政府は今から断固たる措置をとらなければなりません。拘束された4人の解放が最優先ですけど、遺棄化学兵器関連事業の中止、ODA停止、報道されているレアアース禁輸措置が事実であればWTO提訴……外交上取り得ることは全てやるべきです。関係改善なんて、今図ってはダメです。中国政府が詫びるまで国交断絶覚悟でやらないと、本当にあんな無法国家の「属国」にされてしまいますよ。日本政府の力量を試されていると思います。

 それにしても、日本のマスコミの対応は何でこう「どっちつかずで後先考えない」んですかねぇ?今に始まったことじゃないけど、政府が刑事手続を進めれば「中国との関係悪化に何も対処しない政府」で、釈放したらしたで「脅しに屈した政府」って……どうしたらいいのかわかりゃしない。こんなときぐらいは「政府の対応を支持する/しない」を明確にしても良かったんじゃないですか?刑事手続を進めることを支持する記事が多かったら、政府の判断ももう少し違ってたかもしれないのに。
 さらに、我々日本国民。「中国と関係がこじれたら大変」とすぐ泣きが入る大企業経営者(=財界人)や観光業界とか、一部の宗教団体とか……あなたたちは中国の「属国」になりたいのですか(中には「なった方がいい」って人もいそうですが。前首相とか)。中国と対等に付き合うってのは、殴り合いも辞さない覚悟なしには無理ですよ。
 あと、他の国々。欧米が日本にやたら冷たい気がします。特にアメリカって同盟国なんでしょ?“思いやり予算”と称して駐留米軍の給料払ってるんでしょ?こんな時に守ってくれない用心棒って、どうなんですかね(まぁ、その用心棒をないがしろにした政権の直後だからってのもあるでしょうけどねぇ……)。私自身“親米派”であるが故に、納得いかないですな。
 今回のことは、江戸時代末期の「黒船来航」に近いかもしれませんね。民主党政権だけでなく、日本という国にとっての“正念場”になるかもしれません。今一度、日本国というもの、日本の主権とは何かってことを、我々国民みんなで考えないといけないと思いますよ。

|

« 防具強化で泣きそうになる | トップページ | “ザックJAPAN”、始動 »

重い話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 防具強化で泣きそうになる | トップページ | “ザックJAPAN”、始動 »