« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月25日 (土)

これでも中国の属国になりたいですか

 今月7日に起きた沖縄・尖閣諸島沖での中国漁船衝突事件で逮捕していた中国人船長が今日、釈放されてしまいました。
 この釈放は那覇地検が決めたということになっていますが……ま、政府の意向が大きいでしょうね。極めて残念な判断だと思います。
 今回の逮捕・勾留手続に関しては、感心してたんですよ。“親中”といわれる民主党政権にしては、珍しくきっちり対処していたんで。尖閣諸島沖での逮捕、そして中国側の反発に安易に妥協せず刑事手続を進めていったことに対して「なかなかやるじゃない」と思っていたのに……結局は釈放かよ。ガッカリですよ。
 たしかに、中国政府の反発がやたら強硬、いやそれどころじゃなく「バカじゃねーの?」ってくらい常軌を逸した行動連発で、しまいには旧日本軍の遺棄化学兵器関連事業のために訪中していた日本人4名を身柄拘束するに及んだわけで、国民4人の命と天秤にかけさせられては「釈放して手打ち」にせざるを得ないかもしれません。
 しかし、逆に言えば、こんなヤクザまがいの脅し(いや、ヤクザ屋さんだってここまで酷くはないと思う)に日本政府は屈してしまったわけですよ。非は向こうにあるんだから頭を下げるべきは中国政府だってのに、こっちが頭を下げてしまったわけですから、向こうは二度と頭を下げないでしょうね。中国政府は自分たちに非があると分かってたからこそあんな無茶苦茶なことをやってたわけだし、それが成功しちゃったわけだから、もう何も恐くないですよ。「脅せばどうとでもなる国、日本」、少なくとも中国政府からはそういう国になってしまったってことです。
 で、中国政府は自国民船長をチャーター機でお出迎えの上、取り返したら早速「謝罪と賠償を要求」だそうですよ。
 こんな連中、許しておけますか?私は、絶対許せませんね。経済上のこともありますし、ある程度の譲歩は仕方ないと思ってましたけど、ここまでバカにされては、一国民として黙っていられません。
 “切り札”を切ってしまったんで、どの程度効果があるかは分かりませんけど……日本政府は今から断固たる措置をとらなければなりません。拘束された4人の解放が最優先ですけど、遺棄化学兵器関連事業の中止、ODA停止、報道されているレアアース禁輸措置が事実であればWTO提訴……外交上取り得ることは全てやるべきです。関係改善なんて、今図ってはダメです。中国政府が詫びるまで国交断絶覚悟でやらないと、本当にあんな無法国家の「属国」にされてしまいますよ。日本政府の力量を試されていると思います。

 それにしても、日本のマスコミの対応は何でこう「どっちつかずで後先考えない」んですかねぇ?今に始まったことじゃないけど、政府が刑事手続を進めれば「中国との関係悪化に何も対処しない政府」で、釈放したらしたで「脅しに屈した政府」って……どうしたらいいのかわかりゃしない。こんなときぐらいは「政府の対応を支持する/しない」を明確にしても良かったんじゃないですか?刑事手続を進めることを支持する記事が多かったら、政府の判断ももう少し違ってたかもしれないのに。
 さらに、我々日本国民。「中国と関係がこじれたら大変」とすぐ泣きが入る大企業経営者(=財界人)や観光業界とか、一部の宗教団体とか……あなたたちは中国の「属国」になりたいのですか(中には「なった方がいい」って人もいそうですが。前首相とか)。中国と対等に付き合うってのは、殴り合いも辞さない覚悟なしには無理ですよ。
 あと、他の国々。欧米が日本にやたら冷たい気がします。特にアメリカって同盟国なんでしょ?“思いやり予算”と称して駐留米軍の給料払ってるんでしょ?こんな時に守ってくれない用心棒って、どうなんですかね(まぁ、その用心棒をないがしろにした政権の直後だからってのもあるでしょうけどねぇ……)。私自身“親米派”であるが故に、納得いかないですな。
 今回のことは、江戸時代末期の「黒船来航」に近いかもしれませんね。民主党政権だけでなく、日本という国にとっての“正念場”になるかもしれません。今一度、日本国というもの、日本の主権とは何かってことを、我々国民みんなで考えないといけないと思いますよ。

| | コメント (0)

2010年9月23日 (木)

防具強化で泣きそうになる

 Xbox360用ソフト「モンスターハンター フロンティア オンライン」、HR100を超えたことで武具を次の段階に強化できるようになったので、強化に努めています。
 まずは、素材をちょこちょこと集めるだけで済む特典/課金武器から。火+麻痺の双属性で使いやすいので、ずっと主力太刀になってきた有線コントローラー特典のシャインセイバーを最終強化してフィドシアに。「ついに攻撃力4桁(1056)の太刀を手に入れたぞ!」ってところですが……何ですか、強化費用35万ゼニーって?何とか貯めてあったナケナシのお金が、一気に吹っ飛んでしまいましたよ。あと、お試しと買い足しのブースターパックで引き当てたメグジスをグレイグ・ジーグ、ファルトⅠをファル・パディナ、リュールⅠをリュー・パルティにそれぞれ強化。こちらは素材だけで済んだので助かりました。
 次は、防具。いよいよ本格的に防具を揃える時期が来たわけですけど、「とりあえずは特典/課金防具から」と思ってやり始めたら……これがとんでもなく大変。主力として使っているスフィアF(剣士/ガンナー両方。頭だけファランFヘルムにしている)を最終LV7まで強化するのはさして苦労しなかったんですけど、途中から強化せずに放置してきたファランFや課金で買ったメレティ、さらに汎用ボウガン装備のために新たに買った課金装備・レアルの全強化を目標にしてしまったので、途方もない作業量になってしまいました。使わなくなるであろう頭部はレアルマスク以外テキトーな強化に留めましたが、それでもファラン/メレティ/レアルの剣士&ガンナーの胴/腕/腰/脚の4点ともなると素材は最低でも24個も必要なわけで……今までに貯め込んであった素材もすぐさま底をつき、ランポスやらドスランポスやら下位ゲリョス/下位ヒプノックとかは1人で、また下位リオレウスやエスピナスなどは求人区に出向いて果てしなく連戦しましたよ。超苦手なオルガロンを求人区で連戦して素材かき集めたときとか、ホント辛くて泣きたかったっす(アクラ・ヴァシムも辛かった)。ま、この素材集めでフィドシア/グレイグ・ジーグが大活躍したから、それはそれで良かったとも言えるんですがねぇ……はあぁぁ、正直、疲れた。
※参考 課金防具一部位強化に必要な素材を各レベル順に並べてみると、こんな感じ。
鉄鉱石・大地の結晶/ファンゴの毛皮・ランポスの鱗/ドスランポスの爪・大猪の皮/怪鳥の甲殻・ゴム質の皮/ブヨブヨした皮・雌火竜の鱗/眠鳥の爪・火竜の鱗/ゴム質の皮・ブヨブヨした皮・棘竜の上鱗/雌火竜の鱗・呑竜の皮・肉球のコイン銅/眠鳥の爪・尾晶蠍の堅殻・肉球のコイン銀/火竜の鱗・響狼の鋭爪・肉球のコイン金/雌火竜の鱗・棘竜の上鱗・牙獣種の牙/眠鳥の爪・尾晶蠍の堅殻・鳥竜種の牙/火竜の鱗・響狼の鋭爪・飛竜種の鱗(それぞれ1個ずつ)
 ま、その甲斐あってか、何とかファラン/メレティ/レアルの頭以外のLV7強化、今日で終わりました。スロット3つ空いて「強化できません」って表示される防具がずらっと並んでるのは壮観ですw
 だがしかし、実際は、その空いたスロットへ剛力珠に代表される装飾品を的確に詰め込んでなければモンハンFの世界では意味ないわけで……これからはその装飾品を集める作業が始まるわけですな。で、調べてみると、「面倒すぎる」と思っていた剛力珠集めなんてまだ序の口で、「○○珠G」なんてのになるとたかが装飾品の分際で「これ考えた奴、バカだろ!?」って言いたくなるくらい素材集めないといけないんですなぁ。もう、笑うしかないや。どんだけやれば“マトモな装備”ってのになるんだよw。

 いやはや、防具も特典/課金のに頼るばっかりじゃいけないからと、カイザーFマスクとかリオハートRグリーヴとか頑張って作ってみてるんですけどね……そういうのも珠がまだだから実戦投入できないし、非課金武器の強化もなかなか進まないしなぁ(どんだけ戦っても出ない素材多すぎ。こっちが欲しい素材をわざと出しにくくするプログラムとかが本当に実装されているんじゃないかって思えますよ、マジで)。「SP武器」ってのも初めて作ってみたけど(レス・イーブSP I)、これの強化もちっとも進まないし……いつになったら次の段階に進めるんだろう?
 だけど、こういうところでヘンに焦ったりすると、無性に苛立って、他のプレーヤーに暴言吐いたりするのかもしれないですな(そんな人も見ましたねぇ。求人区行くと、「これが“プロハン”(※プロハンター:「モンハンは遊びじゃない!」って人のこと)か」って人、ときどき見かけます。剛種とかだとそういう人の割合が跳ね上がるんだろうなぁ、と思うので剛種は行きたくない)。まぁ、システム的に腹が立つことも多々あるゲームなんで気持ちがわからんわけでもないんですけど、「ゲームに振り回される人間」にだけはなりたくないんで、そうはならんよう気をつけてプレイしていきたいと思ってます。

| | コメント (0)

2010年9月20日 (月)

5th確保

 9月は新型iPodが発表される月、ってことで期待してたんですが……今年は私的には期待はずれでした。そして15日には、iPodに対抗するウォークマンの新型も発表されたんですが、こちらはもっと期待はずれでしたね。ホント、ガッカリですわ。
 まず、iPod。touch、nano、shuffleの3機種を一新したわけですが……shuffleこそ「改良」って感じだったものの、期待のtouchはiPhone4大幅劣化仕様になってしまい、nanoに至っては液晶画面のみの超小型正方形スタイルになっちゃって「アイデンティティーまで捨てたか!?」って感じですなぁ(ま、3rd“デブnano”の正統後継者と言えなくもないが……)。実物見て、唖然としましたよ。小さすぎるし、shuffleと差別化できてないでしょ、あれは。いやはや、iPhone4が発売されて以降、私はずっと新型touch発売を待ち望んできたんですけど、発表を見た途端予約買いする気力も失せてしまい……多少の劣化はやむを得ないと思ってましたが、ああも露骨に劣化されてしまうと何万も払って買う気にはならんですよ。「実機を見て、気に入れば買うか」とも考えてましたが、結局実物見て「touchは来年モデルまで待つ」って決めました。
 続いて、ウォークマン。今年も上位のA、売れ筋のS、エントリーモデルのEに新型が発表されましたけど……何のことはない、昨年型のマイナーチェンジでしかないですな。上位機Aは音質面で変化なしとか、Sはデジタルノイズキャンセリング搭載しただけとか、手抜きもいいとこですねぇ。目玉は「おまかせチャンネル」機能ってねぇ……私も使ってるNW-S73xシリーズに搭載して、その後勝手に削っちゃった機能じゃないか(スグレモノではありますけどね)。そろそろ最上位Xシリーズを更新するのかと思ったのにそれもなく、このザマで「打倒iPod」なんて笑うしかないですな。音質も機能も着実に進化してきたからウォークマンも応援してたのに、これじゃダメでしょ。iPodがつまづいてる(ように思える)今年は最大のチャンスなのに、情けないぞソニー。
 不景気で開発予算が取れなかったとか事情はいろいろあるのかもしれませんけど、今年の新型はどちらも買う気が起こりませんわ。
 初代nano、初代S・NW-S706F、“最強”NW-X1060みたいな革新的モデルが出たら不景気だろうが何だろうがさっさと買う私のよーな人間もいるわけですし、アップル/ソニーさんは手を抜かず、しっかりした新型を開発してもらいたいと思いますよ。

 つーわけで、新品が絶滅寸前になった5th nanoを買いましたよ。私の好きな“縦長nanoスタイル”が今後なくなってしまったら買っとかなかったことを後悔しそうなので、確保してみました。色は無難なシルバー。いかにも金属って感じの無機質な銀色が気に入ったんで。

5thnano
 まだちょこっと聴いてみただけですけど、どーも気に入らなかった4th nanoの音よりはイイ感じに思えます(私がiPod用として使っているオーディオテクニカ ATH-CK90PROで聴く限りでは、4thよりも低域に寄った感じ。重厚というか、音に安定感があるので好印象)。今後、私の外持ち出し用iPodは、この5th nanoになる予定っす。

 ちなみに、以前の私の「オーディオビジュアル」の記事はこちらから。

| | コメント (0)

2010年9月19日 (日)

「けいおん!!」最終回

 「けいおん!!」、関西では今日が最終回でした。
 前作「けいおん!」は1回見て何が良いのかさっぱりわからず見てなかったんですけど、今作は第1話から結局通しで見ちゃいました(「ロミジュリ!」だけ録画し忘れで見逃したけど)。軽音部の話にも関わらず、今作では音楽活動ネタがほとんどなかったので入り込みやすかったってのが大きかったかもしれません。
 内容的には、とにかく高校生活を垂れ流してるだけって感じでしたが……まぁ、「けいおん」ってのはそこがいいんでしょうな。話に山場もなければ大層な意味もないから、ボケーッと見てさえいればいいわけで、見る側としてもラクでしたし。最終回と言っても、あずにゃんが1人大泣きしちゃうくらいなもので、主役4人はいつものペースのままさらっと終わってしまいましたし、ま、「けいおん」らしい良い終わり方だったんじゃないですかね。
 ただ……「けいおん」って、リアルじゃなくてファンタジーですよね。どんな話かと訊かれたら「何気ない日常を描いている」と答えるしかないんだけど、実際の高校生があんな日常なはずないわけで。あの世界にはほとんど「大人」が存在しておらず、親さえいないし、「男」もほとんど出てこない(出てきても、「異性」としての存在ではない)。私は男でそもそも女じゃないから断言はできないけど、あんな非感情的でのんびりマイペースに女子高生ライフを送れるとはとても信じられないわけで(特に、女子中学生が大麻なんて世の中ではねぇ)……どー考えても、夢の世界ですな。一見現実的に見えるけど現実とはあまりにもかけ離れた「夢の世界」であるが故に、「けいおん」は熱狂的な人気になったんでしょうかね。今作は見通したんだけど、やはりハマリこむことはなく、むしろかーなり冷めた目で見てしまってるのは、そのへんに原因があるのかもしれませんな(私は「二次元に逃避」ってのを、しない人なんで。“逃避先”としては理想的世界なんでしょうけど……私の場合は「ありえねー」ってなっちゃうと、どーやってもダメなんすよね)。
 で、来週は番外編ですか。どんな話になるのかわからないけど、ま、来週もボケーッと見たいと思います。

| | コメント (0)

2010年9月15日 (水)

HR100超え

 Xbox360用ソフト「モンスターハンター フロンティア オンライン」、暑さバテ防止のため休養したりしながらも続けています。
 この1週間、狩人祭の入魂祭があったものでクエストを尋常でない数こなした結果、HRPもたくさん入ってしまい、HRは101に上がって名前も水色になってしまいました。いやぁ、水色ネームになっときながら何なんですが、正直あんまり上げたくなかったんです、HRは。アクションゲームに自信のない私のよーな人間がこのゲームで突然才能が開花するはずもなく……ヘタなんすよ、やっぱり。クエスト中、未だに簡単に死んだりしてますから。避けきれなかった攻撃のダメージ回復が間に合わないところへトドメさされて「力尽きました」ってのが多いですね。上手な人どころかフツーのハンターさん達からしても「こんなのも避けられないのか」「さっさと回復せずに何やってんだ」ってところだと思います(そういう空気が、画面内からひしひしと伝わってくるときもあるんすよ。そういう時は辛いですねぇ。画面の前で平謝りです)。なので、そんな状況がとにかく少なくなるように、いろんなモンスターと戦って経験を積んで、武具などの準備もHR100になるまでに可能な限りやっておきたくて、HR70あたりからHRP稼ぎは敢えて控えてたんですが……なってしまいました、三桁HRに。まぁ、武具強化のために要求される素材がHR100以上必要なのも多くなってきましたし、そろそろ上げざるを得ないところではあったんですけどね。
 うーむ、最近は広場に緑でも青でもない色の名前の人が当たり前にいるようになってきたから、私みたいのが水色になっても問題ないかなぁ。もちろん「剛種」とかにフラフラ行って迷惑かけるようなことは準備が完了するまでしませんけど、あくまでヘタレハンターですから、ヘンな期待はしないでくださいねw

 で、先週、ついにXbox360版にも課金装備が一斉に実装されたんですが……結局、買ってみることにしました(「何事も経験してみないと」とか、テキトーな理由をつけて納得してみたっすw)。課金装備には貰えるものが確定のプレミアムキット/何が貰えるか運次第のブースターパック/何かしら防具が貰えるターボパックがあるのですが、私はプレミアムキットとブースターパックに手を出してみました。
 まず、プレミアムキットは「メレティキット」を選んでみました。選んだ一番の理由は弓。龍属性のシリウス=ドラグーンと雷属性のシリウス=テンペスト、どちらも性能がえげつないんで、弓使いとしては是非とも欲しくなりこれにしてみました。防具・メレティシリーズもガンナー装備のスキルが弓使いにはいい感じだし。太刀も使い慣れてるから使い途があるだろうし、マイトレポイントもありがたい。1つ買ってみるならこれかな、と
 あと、クジ引きなブースターパックは、1(無印)と5のそれぞれ4パックを選択。これは、前に配布されたお試し分でメグジス(無属性太刀)とファルトⅠ(龍属性ランス)が出たので、それを最終強化することが目的でしたが……そのために必要な1-7と5-3が、1つずつあったので助かりましたよ。が、「当たったらいいな」と考えていた防具に使える8は、8つ引いても影も形もありませんでしたねw。このブースターパック、本気でお目当ての武具を引き当てようと思ったら、どれくらい引けばいいのやら……ああ、恐ろしい。というわけで、防具狙いは諦めました。何かしらの事情変更のない限り、もうブースターパックや同じくクジなターボバックは買わないつもりです。

 HR100を超えたことでやれること(=やらなきゃいかんこと)がまたどかっと増えたんで、しばらくハンターライフを続けていこうと思います。他にやることも特にないし(事実上積んである「戦国BASARA3」は、やっときたいけど……まぁいいかw)、月末には「シーズン9.0」も始まりますし。
 ただ、来月には久々に発売されるF1ゲーム「F1 2010」、さらには11月発売予定(今度こそ本当に発売される……だろうw)の「グランツーリスモ5」と、“レースゲー野郎”としては買わざるをえないソフトがきますからねぇ。そん時モンハンFをどーするかは、考えとかないといかんですな。

| | コメント (0)

D90後継機発表

 ウワサ通り今日発表されましたね、“D90後継機”。名前は、ニコンD7000ですか<メーカーページ>。
 スペックは、ニコンのデジタル一眼レフカメラとしては久々の大幅アップをしてきましたな。CMOSセンサーが1620万画素(やっぱα55と同じタイプ?)、AFセンサーは新型「マルチCAM 4800DX」でAFポイントが39点に増加、測光センサーも新型で2016分割、完全プラボディだったのが上面と背面がマグネシウムボディになり、ファインダーが視野率100%/倍率0.94倍とD300系と同等になり、シャッターも1/8000まで、6コマ/秒の連写可能、UHS-I対応のSDXCダブルスロット装備、フルHD/24fpsの動画撮影可能……いやはや、これは凄い。D90後継というより、「D400」と名乗ってもいいくらいのスペックじゃないですかw。これだけの性能で、ヨドバシだとボディのみ138000円の10%還元なんですな……うーむ。これで、画質もしっかりしていれば「文句なし」のカメラだと思います。ニコンDXフォーマットの“決定版”でしょうな、こりゃ。
 正直、ここまでスペックアップしてくるのは予想外でしたけど、最近になってD90を買ったことは逆に「間違ってなかった」って思いましたね。スペック差はたしかにデカいけど、ここまでの性能はサブ機に必要ないし、充電池を共用できるってのもD90までってことになりましたし。何より値段の差が大きい。ボディだけでも5万円は違いますから……この値段差なら、十分納得できますわ(ありがとうニコン、D90を安く買わせてくれてw)。
 ただ、私がもしD90でなくD300Sを今年7月のタイミングで買ってたら、泣いてたでしょうなぁ。値段ほぼ変わらずで、カメラとしての機能が同等/電子装備はD7000が上ってなってしまっては“DXフラッグシップ”であるD300Sは、立場がないですよ(「重いだけ」とか言われかねない)。重さが最大のネックだからD300Sを買うのはやめたけど、やめといてよかったです。つーか、ニコンは“D300後継機(D400?)”って、どうするつもりなんでしょうね?D2系列みたいな縦位置グリップ付きプロ仕様ボディにでもして差をつけるんでしょうか?

 こういう“正常進化”な中級機が出てきてくれたことには、ホッとしてます。ここのところデジタルカメラ業界は不景気で、コンパクトと一眼レフの中間であるミラーレスが流行りになってた上に、ソニーがα55/α33の変則ミラー機、キヤノンがEOS60D<メーカーページ>という退化したかのよーなよーわからん二桁機と、“変化球”を投げてきてましたからね……「一眼レフの世界も、もうダメか」とか思ってたりもしたんですけど、救われましたよ。「息絶えたか?」と思われたフォーサーズも新型一眼レフ「E-5」が昨日発表されましたしね<メーカーページ>。今となっては古い形なのかもしれませんけど、やっぱカメラは一眼レフですよ!
 デジタル一眼レフはまだまだ進化できると思うので、「これは素晴らしい」って素直に思える上位カメラがどんどん発売されることを期待しています。

| | コメント (0)

F1 2010 イタリアGP

 F1第14戦・イタリアGP決勝が日曜日に行われました。
 今回、結果は簡単に。PPがアロンソ(フェラーリ)で、優勝もアロンソでした。

 今回は聖地モンツァだけあって、フェラーリ頑張りましたね。直線の多い最高速サーキットってことで「マクラーレン有利」と言われてましたけど、アロンソが予選で最速タイムを叩き出し、決勝は2番手スタートのバトン(マクラーレン)に先行を許すもピット作業の早さなどを駆使して逆転に成功するなど、「チーム全体での勝利」って感じでしたな。マッサも3位表彰台だったし、ほんとよくやったと思います。
 一方、“本命”マクラーレンはスタート直後にハミルトンがマッサと接触してリタイアしてしまったし、バトンはアロンソに抜かれちゃうしでイマイチでしたね。バトンは他車では考えられないほどリアウイングを立てて“Fダクト”を最大限活かすセッティングをしてたし、「このセッティングでこのスピードなら、圧倒的に有利だなぁ」と思ってたんですけどねぇ……やっぱ「速さ」に欠けると思えますな、彼は。
 また、レッドブルは予想通りの苦戦だったけど、ソフトタイヤのままファイナルラップまで走り通すという奇策でベッテルが4位入賞、ウェバーは6位ながらハミルトンのリタイアでチャンピオンシップ首位を奪還するなど、まずまずの結果ですな。なーんか検査強化の影響か、雲行きの怪しいレッドブル・RB6ですが……トップと24ポイント差でベッテルにもなおチャンピオンを獲る可能性が残ったのは良かったですよ。
 あと、こちらも苦戦が予想されたザウバーの小林可夢偉は、なんとか予選で13番手につけたものの、ギアボックストラブルでピットスタートの挙げ句、即リタイアに終わってしまいました。これは残念だったなぁ。超高速サーキットで可夢偉クンがどんな走りをするのか、じっくり見てみたかったですわ。そして、ザウバーは、残りの5戦をデ・ラ・ロサに代えてハイドフェルドを起用すると正式に発表したみたいですね。ハイドフェルドはメルセデスGPのサードドライバーとしてMP4-25の開発に関わってたし、その後は来季から使用されるピレリタイヤの開発にも携わってたわけで、ザウバーチームに技術面で貢献するのは間違いないですなぁ。来季の残留が決まった可夢偉クンには、これ以上ないくらいの“追い風”ですよね。良かったと思います。彼には「奇跡のポイント獲得」ってだけでなく、今年のクビサみたいな上位を引っかき回す大活躍をしてほしいです。それだけのウデも精神力もあると思いますし。

 長かったヨーロッパラウンドも終わり、次のシンガポールを経て、いよいよ鈴鹿に今年のF1が来るんですな。チャンピオンシップの行方も楽しみですけど、どうなるんでしょうね、今年の日本GPは。完全ドライでのガチ勝負になるといいなぁ。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »