« F1 2010 イタリアGP | トップページ | HR100超え »

2010年9月15日 (水)

D90後継機発表

 ウワサ通り今日発表されましたね、“D90後継機”。名前は、ニコンD7000ですか<メーカーページ>。
 スペックは、ニコンのデジタル一眼レフカメラとしては久々の大幅アップをしてきましたな。CMOSセンサーが1620万画素(やっぱα55と同じタイプ?)、AFセンサーは新型「マルチCAM 4800DX」でAFポイントが39点に増加、測光センサーも新型で2016分割、完全プラボディだったのが上面と背面がマグネシウムボディになり、ファインダーが視野率100%/倍率0.94倍とD300系と同等になり、シャッターも1/8000まで、6コマ/秒の連写可能、UHS-I対応のSDXCダブルスロット装備、フルHD/24fpsの動画撮影可能……いやはや、これは凄い。D90後継というより、「D400」と名乗ってもいいくらいのスペックじゃないですかw。これだけの性能で、ヨドバシだとボディのみ138000円の10%還元なんですな……うーむ。これで、画質もしっかりしていれば「文句なし」のカメラだと思います。ニコンDXフォーマットの“決定版”でしょうな、こりゃ。
 正直、ここまでスペックアップしてくるのは予想外でしたけど、最近になってD90を買ったことは逆に「間違ってなかった」って思いましたね。スペック差はたしかにデカいけど、ここまでの性能はサブ機に必要ないし、充電池を共用できるってのもD90までってことになりましたし。何より値段の差が大きい。ボディだけでも5万円は違いますから……この値段差なら、十分納得できますわ(ありがとうニコン、D90を安く買わせてくれてw)。
 ただ、私がもしD90でなくD300Sを今年7月のタイミングで買ってたら、泣いてたでしょうなぁ。値段ほぼ変わらずで、カメラとしての機能が同等/電子装備はD7000が上ってなってしまっては“DXフラッグシップ”であるD300Sは、立場がないですよ(「重いだけ」とか言われかねない)。重さが最大のネックだからD300Sを買うのはやめたけど、やめといてよかったです。つーか、ニコンは“D300後継機(D400?)”って、どうするつもりなんでしょうね?D2系列みたいな縦位置グリップ付きプロ仕様ボディにでもして差をつけるんでしょうか?

 こういう“正常進化”な中級機が出てきてくれたことには、ホッとしてます。ここのところデジタルカメラ業界は不景気で、コンパクトと一眼レフの中間であるミラーレスが流行りになってた上に、ソニーがα55/α33の変則ミラー機、キヤノンがEOS60D<メーカーページ>という退化したかのよーなよーわからん二桁機と、“変化球”を投げてきてましたからね……「一眼レフの世界も、もうダメか」とか思ってたりもしたんですけど、救われましたよ。「息絶えたか?」と思われたフォーサーズも新型一眼レフ「E-5」が昨日発表されましたしね<メーカーページ>。今となっては古い形なのかもしれませんけど、やっぱカメラは一眼レフですよ!
 デジタル一眼レフはまだまだ進化できると思うので、「これは素晴らしい」って素直に思える上位カメラがどんどん発売されることを期待しています。

|

« F1 2010 イタリアGP | トップページ | HR100超え »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F1 2010 イタリアGP | トップページ | HR100超え »