« 大討伐&ギャラリー大会参戦 | トップページ | 時間かカネか »

2010年8月25日 (水)

ミラーの動かない一眼レフ

 昨日、ソニーが新型デジタル一眼レフカメラを発表したんですね。α55にα33ですか<公式ニュースリリース>。
 最初見たとき「なんかヘンなデザインだなぁ」と思ったんですけど、ファインダーのデザインに私は違和感を覚えたんですな。これのファインダーはEVF(電子式ビューファインダー)のようです。
 「EVFなこいつのどこが“α”(一眼レフ)なんだ?」というと、フツーのレフレックスミラーの代わりに位相差AFセンサーのための透過光ミラーがついてるそうで、これが“レフ”なんですな。で、この透過光ミラーはパタパタ動かない=連写の障害要素が1つなくなったってことで、α55だと最大10コマ/秒の連写が可能だそうで。「オートフォーカスが追従する高速連写では世界最速」とか。
 うーん……どうなんですかねぇ?ファインダーのミノルタが作ったαの名を継ぐものが、光学ファインダーを捨てたか。いよいよ本格的にEVFの時代到来、でしょうか。
 私はあんま賛成できませんけどね。EVFにするなら、正直一眼レフスタイルのカメラにする意味ないと思うんですよ。ミラーレスにしちゃえばいいんです。ソニー製品でいうなら、「NEX」のスタイルの方がずっと合理的だと思います。ま、あれはαレンズが事実上使えないけど、こうまでしてαレンズに拘る理由も今はないよーな気もするし。私が買うとしたら、今回のαより「NEX」を買いますな……って、海外ではほとんど同じスペックで光学ファインダー装備のα580とα560って機種が発売されるよーで。「こっちも国内で発売しろよ」と言いたいですわ。

 このカメラで、私は注目しているところはセンサーです。α55には新開発の1620万画素CMOSセンサーを搭載してるのですが……ウワサのニコンD90後継機に、これ(もしくはこのセンサーベースのもの)が載るのではないかと。
 でも、1620万か……どんなもんなんですかねぇ?キヤノンの1510万画素センサーもあれこれ言われたし、微細化してもしっかり写るセンサーに仕上がってればいいですね。

 そのキヤノンは、APS-Hサイズで1億2000万画素のCMOSセンサーの開発に成功したと発表したそうですな<公式ニュースリリース>。そのセンサーから生成される画像たるや、なんと13280x9184ピクセル!ここまできたら、笑うしかないですな。RAWを現像処理するのも大変だし、どうやって画像全体を評価したらいいのやら……でも、APS-Hサイズでわざわざ試作したってことは、5年後10年後とかにはEOS-1系統にこんな化け物みたいなセンサーが載ってるのかもなぁ。
 5年後10年後のデジカメって、どうなってるんでしょうね。楽しみです(ちなみに、10年前は初代IXY DIGITALが発売された年。主流は300万~400万画素でした)。

|

« 大討伐&ギャラリー大会参戦 | トップページ | 時間かカネか »

カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大討伐&ギャラリー大会参戦 | トップページ | 時間かカネか »