« 「虐待される子供は可哀想」と言うのなら | トップページ | HR51到達、なれど »

2010年8月 2日 (月)

F1 2010 ハンガリーGP

 F1第12戦・ハンガリーGP決勝が昨日行われました。先週のドイツGPからの連戦でして、ホッケンハイムで久々のワンツーフィニッシュを決めたフェラーリが、ハンガロリンクでも速いのかが見所でした。
 予選。好調な小林可夢偉(ザウバー)がまさかのQ1敗退(その上、信号無視とかで5グリッド降格処分となり、23番手スタートとなってしまうオマケ付き)、そしてミハエルさん(メルセデスGP)とバトン(マクラーレン)がQ2で敗退してしまったわけですが……そんなことは軽くふっ飛ばすスーパーラップが、Q3で出ました。出したのはベッテル(レッドブル)、1分18秒773……コースレコード塗り替え、それも初の18秒台だそうで。いやはや、やはり“現役最速”ですかね、ベッテルは。あの中低速で差が出にくいハンガロリンクで、3番手アロンソ(フェラーリ)を1秒、同じマシンの2番手ウェバー(レッドブル)をも0.4秒引き離したわけですからねぇ。もの凄いっす。
 で、決勝。ドイツではスタートで失敗したベッテルでしたが、今回は問題なく飛び出すことに成功。また、路面がキレイな奇数列スタートでアロンソがウェバーをかわし2位に浮上したものの、ベッテルが予選の勢いそのままにどんどん差を広げていったんですが……「そろそろタイヤ交換」という15周目にセーフティーカーが入ったことで、すべてが狂いました。上位陣は続々ピットに入ったんですけど、ウェバーだけが入らないことを選択。そしてウェバーがトップでベッテルが続くという形になったんですが、セーフティーカー解除のときなぜかウェバーだけが大きく先行してて、ベッテルが随分後ろに位置して再スタート。「あれ?」とか思ってたんですが、結局それは違反行為だったよーで(隊列で前のクルマと10車身以上離れてはいけないらしい)、後にドライブスルーペナルティとなってしまいました。これによりベッテルは3位アロンソと順位が入れ替わってしまい、そのまま抜けずじまいとなってしまいました。一方のウェバーは、どんどん後続を引き離しセーフティーリードを築いてからタイヤ交換したため、ずっとトップを快走。優勝となりました。2位にアロンソが入り、3位ベッテル、4位はマッサでした。フェラーリは本当に良くなったようですが……うーむ、レッドブルはまたまたトラブルっすかねぇ。表彰台でのベッテルの不満そのものの態度が気がかりですわ。おそらく、ウェバーがタイヤ交換していないことを考えての行動だったでしょうからねぇ。新たなチーム内での確執を生まなければよいのですが。5位はなんとペトロフ(ルノー。いつものクビサはピットで衝突事故を起こし、その後リタイア)。可夢偉クンは、スタートでジャンプアップに成功した後、堅実に走りきって9位入賞。7位に入ったデ・ラ・ロサと共にザウバーは今季初のダブル入賞となりました。よかったですな。特にデ・ラ・ロサは、今季初ポイントですしね~。また、イギリスGP以来なぜか連続出場中の山本左近(ヒスパニア)は19位完走でした。なんかヒスパニアはトヨタと提携したとか報道されてますけど……来季は大化けしたりするのかなぁ?

 次のベルギーGPは月末なので、F1はちょっとした“夏休み”となります。ドライバーズランキングトップだったハミルトン(マクラーレン)がリタイア・ノーポイントだったため、この“夏休み”は今季4勝のウェバーがトップで迎えることになりました。また、コンストラクターズランキングも、レッドブルがトップに返り咲きましたよ。
 うむむむ……レッドブルを応援している人間としては嬉しいんすけど、ベッテルがなぁ。最速であることは間違いないのに、ランキング上はチームメイトのウェバーが上ってのは若きベッテルにとって一番腹立たしい状況でしょうねぇ(たぶん)。そんなイライラもチャンピオンになるための試練と考えて、「最後に笑えればそれでいい」と割り切って後半戦を戦っていくことでしょうな。私は信じてますよ、彼が今年のチャンピオンになることを。

|

« 「虐待される子供は可哀想」と言うのなら | トップページ | HR51到達、なれど »

モータースポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「虐待される子供は可哀想」と言うのなら | トップページ | HR51到達、なれど »